遊戯王魔妖(まやかし)と相性の良いカード

遊戯王魔妖(まやかし)と相性の良いカード

デッキビルドパック ヒドゥン・サモナーズで登場する新テーマ「魔妖」(まやかし)。
このテーマはシンクロが軸となったテーマで、モンスターが全てアンデット族であることから墓地に関する効果を多く持っており当然ながら既存のアンデット族との相性も良いです。
今回は魔妖と相性の良いカードを紹介したいと思います。

ユニゾンビ

効果モンスターチューナー星3闇属性アンデット族攻撃力1300守備力0
このカード名の1.2の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
1:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
手札を1枚捨て、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。
2:フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送り、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。
この効果の発動後、ターン終了時までアンデット族以外の自分のモンスターは攻撃できない。

現在判明している魔妖のモンスターの中には墓地から蘇生するorさせるといった効果を持っている者が存在しています。
そのため能動的にデッキからモンスターを墓地に落とせるユニゾンビとの相性は抜群です。
また魔妖怪はシンクロモンスターもいるのでレベルを上げる効果も有効活用できます。

おろかな埋葬

通常魔法
デッキからモンスターを1体を墓地に送る。

相性の良い理由はほぼユニゾンビと一緒ですがこちらは召喚権を行使する可能性がありません。
ただし制限カードであることがネックです。

馬頭鬼

効果モンスター星4地属性アンデット族攻撃力1700守備力800
自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、自分の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。そのアンデット族モンスターを特殊召喚する。

墓地のアンデット族ならばなんでも蘇生できるので墓地に落ちた魔妖モンスターを蘇生することで展開をより続けられることもできます。
特に魔妖族はシンクロモンスター軸のテーマなのでシンクロし終え墓地に落ちたチューナーを蘇生しそこから更にシンクロ召喚を続けるという動きもできます。

妖刀-不知火

効果モンスターチューナー星2炎属性アンデット族攻撃力800守備力0
「妖刀-不知火」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードが墓地に存在する場合、チューナー以外の自分の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとこのカードを墓地から除外し、その2体のレベルの合計と同じレベルを持つアンデット族Sモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

墓地の自身と墓地のアンデット族を素材としてアンデット族シンクロモンスターを特殊召喚できるカード。
アンデット族でシンクロモンスター軸の魔妖とはある程度相性が良いと言えます。ただしこのカードを墓地に送ったターンは効果が使えないの注意を。

おすすめ記事

遊戯王プランキッズと相性の良いカード

遊戯王ネフティスと相性の良いカード

 

 

遊戯王OCG デュエルモンスターズ デッキビルドパック ヒドゥン・サモナーズ BOX
コナミデジタルエンタテインメント (2018-08-04)
売り上げランキング: 29