ポケモンレッツゴーにおけるイーブイの進化先

ポケモンレッツゴーにおけるイーブイの進化先

11月に発売されるポケモンレッツゴーですがここではタイトルにもなっているイーブイの進化先についてレッツゴーで登場するポケモンに絞って紹介します。

イーブィ版における最初の相棒のイーブイは進化できないことが判明していますが、野生のイーブイは進化できるはずなのでこれから紹介する3匹の進化系はゲットできるはずです。

注意点としてはまだレッツゴーのバトルなどのシステムについて詳しく判明していないのでポケモンの能力などについてサンムーンなどの本編を基準として記載しています。

ブースター

分類・ほのおポケモン
タイプ・ほのお
本編における特性 もらいび/こんじょう(隠れ特性)
本編における進化方法 ほのおのいしを使う

ほのおのいしで進化できるほのおタイプのポケモン。
ほのおをモチーフにしたその外見はとても可愛らしく、イーブイの進化系の中でもかなりの人気を誇ります。
最高温度が900℃以上になるらしいので、そのときに触ると手は間違いなく焦げますね。

そんなブースターですが本編のゲーム内での特徴としてはこうげきがとても高いポケモンです。ただしアタッカーとしては素早さが低く防御面も脆いので弱点タイプのポケモンとの戦闘を避けたほうが良いかもしれません。

カントーのジム戦との相性的には現時点ではレッツゴーでの野生のイーブィの入手タイミングは分かりませんが、草タイプを使うタマムシジムでは、ほのおで弱点を付けるので大活躍してくれるはずです。
ほのおタイプがもっとも活躍できる相手はがねタイプが今回は少ないのであまり活躍させずらいかもしれませんが、イーブィの中でも可愛らしいので、ほのおタイプに困ったら入れてみるも良いかもしれません。

シャワーズ

ぶんるい・あわはきポケモン
タイプ・水
本編における特性 ちょすい/うるおいボディ(隠れ特性)
本編における進化方法 みずのいしを使う

みずのいしで進化できるみずタイプのポケモン。尻尾が魚の尾のようになっており、顔の周りにはトサカが付いています。
ブースターが可愛いとすればシャワーズは個人的には美しいといったイメージです。

本編のゲーム内での特徴としてはぼうぎょやすばやさが低い代わりにHPが高くそれ以外にもとくこうととくぼうがそれなりに高く、守りを重視したポケモンとなっています。
そんなシャワーズですが今回紹介する3匹の中でシナリオで一番使いやすいポケモンといえます。理由としてはみずタイプであることが大きいです。

みずタイプの攻撃を半減できるタイプは少なく、またみずタイプの弱点も少ないことから安定した戦いを望めます。更にみずタイプは弱点である草タイプの弱点である氷タイプの技を覚えられることが多いです。

このシャワーズもれいとうビームやふびきを技マシンで覚えられるので草タイプにも対抗できます。まだ技マシンがレッツゴーであるかは分かりませんが、恐らくあるはずなので今回も安定した活躍をしてくれるはずです。
イーブイを野生で捕まえて進化先に悩んだらシャワーズを選ぶと良いです。

サンダース

分類・かみなりポケモン
タイプ・でんき
本編における特性 ちくでん/はやあし(隠れ特性)
本編における進化方法 かみなりのいしを使う

かみなりのいしで進化できるでんきタイプのポケモン。
全体的にでんきタイプということもあり体の大半が黄色で毛並みが尖がっています。イーブイの進化系の中ではかっこよく、全体的にメスが似合うイーブイの進化系の中ではオスが似合うかもしれません。

本編のゲーム内の能力としてはすばやさが高く次にとくこうが高いです。このすばやさの高さはカントーのポケモンの中では上位に来るほどで、サンダースを抜かせるポケモンは限られてきます。

ただ素早いだけではなく、とくこうも高く、でんきタイプの攻撃は半減されることは少ないので先に殴って敵を倒したいという方にはサンダースはおすすめです。
ただしでんきタイプの宿命として、でんきタイプ以外の技で強力な技をあまり覚えられないので、でんきを無効にしてくる地面タイプには苦戦を強いられるので他のタイプのポケモンに交代しましょう。