横浜DeNA1軍キャンプメンバー 注目ルーキーとキャンプ地を紹介

横浜DeNA1軍キャンプメンバー 注目ルーキーとキャンプ地を紹介

横浜DeNAベイスターズの1軍キャンプメンバーが発表されました。
今回は1軍キャンプメンバーと1軍キャンプに同行するルーキーの中から注目ルーキーを紹介します。

キャンプ地情報と1軍メンバー

横浜DeNAベイスターズの1軍キャンプ地は沖縄県宜野湾市真志喜にある宜野湾市立野球場です。
また2軍キャンプ地は沖縄県嘉手納町字屋良にある嘉手納野球場となっています

 

今回1軍メンバーに動向する選手は以下の通りです。

 

投手
東、石田、井納、三嶋、山崎康、今永、熊原、斎藤、浜口、飯塚、平田、三上
田中健、砂田、パットン、ウィーランド、武藤、エスコバー、笠井、バリオス

 

捕手
戸柱、高城、嶺井

 

内野手
宮本、ロペス、倉本、大和、柴田、佐野、宮崎、中川、ソト

 

外野手
桑原、神里、筒香、乙坂、楠本、細川

 

ルーキーで1軍キャンプに帯同するのは東投手、神里外野手、齋藤投手、宮本内野手、楠本外野手となっています。
いずれも高卒以外の選手で占められており、即戦力は1軍で高卒は2軍で時間を掛けて育てる横浜DeNAの方針が覗えます。

 

注目のルーキー

 

まず注目したいのはやはりこの人、東克樹投手です。2017年ドラフト1位で指名され、球界屈指の左腕を揃える横浜DeNAの新たな左腕として活躍が期待されています。
武器はなんといっても、最速152キロストレートです。大学4年間では防御率0.93という驚異の数字を叩き出しています。今シーズンの新人王の有力候補の1人でもあります。

次はドラフト2位で入団した神里和毅外野手。三拍子揃った選手であり、大学ではベストナインにも輝き、社会人野球では高打率を記録しており、将来の外野陣を担う一角として期待されています。

最後に注目したい人はドラフト7位指名の宮本秀明内野手。打撃面ではあまり目立たない選手ですが内野と外野の両方を守れる器用な選手です。内野安打を狙える脚力と強肩が武器です。
足と肩は既に1軍レベルなので打力さえ身につけば開幕1軍も夢ではない選手です。

 

2軍メンバー

 

2軍メンバーの方は以下の通りとなっています。
投手
阪口、加賀、須田、福地、※桜井、進藤、綾部、京山、寺田、平良、国吉、藤岡、野川、田村、中川、水野

 

捕手
山本、西森、網谷、亀井

 

内野手
白崎、石川、大河、狩野、山下、飛雄馬、G後藤、百瀬、田中浩、武白志

 

外野手
梶谷、荒波、青柳、白根、関根

 

気になる選手としては去年レギュラーであった梶谷外野手です。ラミレス監督によると送球する際に右肩に不安があるらしく、そのため2軍スタートとなっています。
梶谷外野手はチームにとって必要なのでゆっくりと右肩を治療して欲しいです。

関連記事

横浜・飯塚悟史 彼女はいるの? 高校は日本文理

2018横浜DeNA期待の若手紹介と開幕スタメンを予想!