2018横浜DeNA期待の若手紹介と開幕スタメンを予想!

2018横浜DeNA期待の若手紹介と開幕スタメンを予想!

昨シーズン日本シリーズに出場し、セ・リーグでもっともフレッシュなチーム・横浜DeNAベイスターズ。
ここでは2018年シーズンに期待できる若手選手の紹介していきます。

期待の若手

 

細川成也 外野手
昨シーズンは高卒新人ながら初打席初本塁打という強烈なデビューを果たした細川選手。
日本シリーズにも出場するなどDeNAの将来の四番として期待できる逸材です。
武器はスクワット230kgを記録する筋力から生み出される強力なパワーです。
二軍では10本塁打を記録しており将来を期待させます。確実性にはまだまだ欠けますが今シーズンは1軍キャンプに帯同しており、首脳陣からの期待度も大きいです。

佐野恵太 外野手
2016年ドラフト9位で指名された長打が売りの選手。昨シーズンはドラフト9位ながら開幕1軍入りしました。
1軍では結果こそ残せませんでしたが2軍では11本塁打をマークし、その長打力を見せ付けました。
オフシーズンに開催されたアジアウインターベースボールリーグでは打率.391、本塁打5という好成績を残し大会MVPに輝きました。
控えの層が薄いDeNAにとっては佐野選手の存在は貴重といえます。今シーズンは代打の切り札として活躍が見られることを期待しましょう。

東克樹 投手
今季DeNAのドラフト1位ルーキーです。最速152キロのストレートと制球力が武器の左腕であり、開幕ローテーション入りが期待できる逸材です。
横浜には石田選手、今永選手、濱口選手といった優れた先発左腕がいます。その中に東投手が加われば、横浜の先発陣は安泰といえます。
ルーキーですがその肩にはチームの飛躍の鍵が掛かっているといっても過言ではありません。

 

飯塚悟史 投手
昨シーズンプロ初勝利を上げた期待の右腕。昨シーズンは防御率4.29とまずまずの数字で、登板内容は期待の持てるものであり、今シーズンへの飛躍が期待できます。
DeNAの先発陣は左腕こそ豊富ですが実績のある右腕はウィーランド選手と井納選手のみです。そのため貴重な右腕として先発ローテーション入りも十二分にあり得る選手です。

 

熊原健人 投手
神主投法と呼ばれる独特のフォームが持ち味のプロ3年目の投手です。一軍でこそまだ結果は残せていませんが、最速152キロのストレートと落差のある変化球を混ぜたピッチングは相手からすれば驚異の一言です。
今シーズンから背番号を1から大魔神佐々木選手が着用していた22に変更し、今シーズンへの活躍が期待されています。

開幕スタメン

誰しもが気になる開幕スタメンを一足早く予想してみたいと思います。
以下が予想してみた開幕スタメンです。

1中 桑原
2二 大和
3一 ロペス
4左 筒香
5三 宮崎
6右 梶谷
7捕 戸柱
8投 ウィーランド
9遊 倉本

妥当にいけば打順に変動あれど、メンバー的にはこのメンツがスタメンに名を並べることでしょう。
まず二塁ですが2017シーズンは柴田選手がレギュラーでした。ただ阪神タイガースからFAで大和選手が今シーズンから加入します。
大和選手は守備の達人であり、打撃面でも昨シーズンは打率.280を残しており、柴田選手よりは有利な状況にいます。
オープン戦の結果次第ですが大和選手が余程不調に陥らない限りは大和選手が開幕スタメンだと思われます。
次は6番右の梶谷選手です。予想では開幕スタメンとしましたが春季キャンプは右肩の不安から2軍スタートです。怪我や故障ではないとのことですが少々不安が残ります。
またラミレス監督は細川選手を梶谷選手と競争させると発言しているので、オープン戦次第ではスタメンが入れ替わっていることもあり得ます。
昨シーズンのDeNA野球の特徴でもあった8番投手ですがラミレス監督が継続を宣言しているので開幕スタメンも8番投手でいくはずです。
開幕投手は悩みましたが昨シーズン安定感があったウィーランド選手にしました。ただ開幕投手だけはDeNAの場合激戦区であり、誰が開幕投手になってもおかしくはありません。

横浜の関連記事

横浜・飯塚悟史 彼女はいるの? 高校は日本文理

他の開幕スタメン予想

阪神タイガース2018開幕スタメンと先発ローテーションを予想

日本ハム、2018シーズン開幕スタメン、先発ローテーションを予想!