一足早くプロ野球全チームの開幕投手を予想してみた

一足早くプロ野球全チームの開幕投手を予想してみた

2018年に入り、キャンプやオープン戦が始まりそして気づけばペナントレースが開幕します。
今回は一足早く各チームの開幕投手を予想してみたいと思います。

開幕戦日程と開幕カード

開幕戦日程はセ・パ共に3月30日となっています。

開幕カード

セ・リーグ

巨人 – 阪神

DeNA – ヤクルト

広島 -中日

パ・リーグ

日本ハム-西武

ロッテ-楽天

ソフトバンク-オリックス

開幕投手予想セ・リーグ編

巨人-阪神

巨人
ほぼ確実 菅野

阪神
メッセンジャーor秋山

巨人に関しては怪我でもない限り絶対的エース菅野選手が開幕投手を務める思われます。
昨年はWBCの影響でマイコラス選手に代わりましたが今年はマイコラス選手も不在のため、菅野選手でほぼ間違いないでしょう。

一方で阪神は昨年まで3年連続で開幕投手を務めるメッセンジャー選手がいます。
ただ昨年12勝でブレイクした秋山選手もおり、オープン戦の結果次第で開幕投手が決まるでしょう。

DeNA – ヤクルト

DeNA
有力候補 ウィーランド 対抗馬 石田or今永

ヤクルト
有力候補 小川 対抗馬 ブキャナンor石川

DeNAは好投手が多く在籍していることもあり、開幕投手を予想するは難しいところです。
私自身としては昨季安定したピッチングを見せていたウィーランド選手と考えます。

ヤクルトは去年防御率2点代の小川選手が有力候補と見ていますが、報道を見ている限り石川選手やブキャナン選手も開幕投手候補に上げられています。
両チームの外国人選手が開幕投手候補であるため、もしかしたら外国人投手による開幕戦での投げ合いが見られるかもしれません。

開幕投手予想パ・リーグ編

日本ハム-西武

日ハム
有原or高梨  

西武
ほぼ確実 菊地

二刀流大谷選手が抜けた日ハムの開幕投手は昨年も開幕投手を務めた有原選手か高梨選手かと思われます。
2016年に共に大ブレークし、2017年シーズンは残念ながら2016年よりは成績を落としましたが実績だけでいえばこの2人に絞られてくるでしょう。

西武の方はチームの勝ち頭菊地選手でいくことは間違いないでしょう。既に辻監督も菊地投手に投げさせるような有無の発言をしています。

ロッテ-楽天

ロッテ
有力候補 涌井 対抗馬 石川 酒居 ニ木

楽天
有力候補 則本 対抗馬 美馬 岸

ロッテはメジャーリーグ挑戦を目指していた涌井選手が残留しました。涌井選手はロッテでここまで3年連続の開幕投手を務めており、今年も開幕投手有力候補です。
しかし復活を目指すかつての新人王石川選手や、去年安定した成績を残したニ木選手、ルーキーながら素晴らしいピッチングを残した酒居選手など他にも候補がいます。

楽天は去年はWBCの影響もあり美馬選手が開幕投手を務めました。その美馬選手は11勝という開幕投手に相応しい活躍を見せました。一方去年西武からFAで移籍してきた岸選手は勝ち星こそ恵まれませんでしたが防御率は2点代とこちらも素晴らしい成績を残しています。
一方でエースの則本選手は去年15勝を上げまさしくエースの名に相応しい数字を残しました。このことから今年はエースである則本選手が開幕投手を務めるものかと思われます。ただ場合によっては他の2人が務める可能性もあるでしょう。

ソフトバンク-オリックス

ソフトバンク
東浜or千賀orバンデンハーク

オリックス
有力候補 金子 対抗馬 ディクソン 西 山岡

12球団トップの先発陣を有するソフトバンクは基本的に誰が開幕投手に任命されてもおかしくはありません。今回はその中でも3人まで絞りました。
去年の最多勝東浜選手、2年連続2桁勝利の千賀選手、高い奪三振力が魅力のバンデンハークを開幕投手の有力候補として見ています。この3人はいずれも昨年2桁勝利をマークしてます。
いずれも開幕投手は務めたことはありませんが、昨年の成績から見て、この三人の誰かから選ばれるかと思われます。

オリックスはエース金子投手が今のところ開幕投手有力候補でしょう。ただ来日して以降、安定した投球を見せるディクソン選手や実績十分な西選手や去年8勝を上げた山岡選手がいます。
金子選手が開幕カードで投げた場合、日程の問題で少しの間登板がないため、場合によっては他の選手が開幕投手を務めることもあるでしょう。