日本ハム、2018シーズン開幕スタメン、先発ローテーションを予想!

日本ハム、2018シーズン開幕スタメン、先発ローテーションを予想!

チームの顔であった二刀流大谷選手が抜け、そして新たなスター候補清宮選手が入団した日本ハムファイターズ。
一昨年の日本一から一転投打に精彩を欠き昨季は5位に沈みました。大谷選手以外にも谷元選手のトレード、大野選手と増井選手がFAで流失しました。
ただ清宮選手などドラフトで期待のできる新人選手を獲得した他、新外国人選手は実績のある選手を中心に4人も入団するなど、新戦力には魅力的選手が集まっています。
そんな日本ハムの2018シーズンにおける戦力分析と開幕スタメン&先発ローテーションを予想していきます。

 

新選手分析

 

ドラフト入団選手

清宮幸太郎 内野手

日本ハムのドラフト新人選手で一番注目を集めているのはもちろんドラ1位清宮選手です。
高校通算111本塁打を放ったパワーは魅力的で、高校公式戦の打率は4割を超えておりミート力にも長けています。
高卒一年目の野手は中々活躍するのは難しいですが、清宮選手の場合は一年目からの活躍が期待されています。
ただ打撃面の心配は不要としても試合に出るにはポジション争いを制する必要があります。
高校時代のポジションは一塁手でしたが日本ハムの一塁手レギュラーには中田翔選手がいます。
昨年は大不振に陥りましたが実績もありスタメン起用は間違いないでしょう。
そのため清宮選手は三塁手に挑戦していますがそこには大砲レアード選手がいます。
一部報道ではレアード選手がDHに回ったり、中田翔選手が外野に回る可能性も示唆されています。
ただそうなると他の選手に与える影響も大きく、中々簡単な問題とはいえないでしょう。

西村天裕 投手

次にドラフト新人選手で注目したいのがドラ2位西村天裕選手です。即戦力ではありますがドラフト順位から分かるように期待度は高いです。
西村選手は最速154キロの右腕であり、昨年不調であった先発陣の潤滑剤として期待できる逸材です。
清宮選手に注目が多くいっていますが個人的にはこの西村選手の活躍に注視したいところです。

新外国人選手

今年の日本ハムには4人の外国人選手が入団しました。
元からレアード選手がいるので登録枠の問題で1人は2軍行きとなります。
では新外国人選手を見ていきましょう。

マイケル・トンキン 投手
トンキン選手はメジャーで141試合投げた実績のある選手で、長身から投げる速球が武器です。
2年総額2億3900万円の契約から見て取れるように期待度が高い選手で、既に抑えとしての起用が見込まれています。
恐らくは抑えとして開幕1軍を迎えることでしょう。

ニック・マルティネス 投手
マルティネス選手は栗山監督から先発の柱として期待されています。武器は制球力と多彩な変化球です。
メジャーからオファーを断り入団したこともあり、年俸も1年契約で2億円と高額でこの選手の高い評価が覗えます。。
昨季はメジャーで先発として23試合に登板したバリバリのメジャーリーガーです。27歳とまだ若く、先発として10勝は期待できるでしょう。

ブライアン・ロドリゲス 投手
メジャーリーグでの経験はありませんが昨季は3Aで8勝8敗、防御率4・90の成績でした。長身ではありますが、シンカーが武器のゴロPです。
日本ハムは先発陣が不安定なこともあり、先発としての活躍が見込まれます。

オズワルド・アルシア 外野手
アルシア選手は2014年にはメジャーリーグで20本塁打を放つなど通算44本塁打の長距離砲です。
メジャーでの打率は低い選手ですが3Aでは3割を打っている選手であり、レアード選手・大田選手などと並んで日本ハムの中軸を担ってくれることでしょう。

 

戦力分析

 

昨年5位に終わった日本ハム。チーム成績においても投打において課題を残す結果となっています。
まずは野手陣から振り返りたいと思います。昨年は巨人からトレードで移籍してきた太田選手がブレークし、怪我で途中離脱しましたが近藤選手は規定打席未到達ながら打率4割を記録しました。
しかし良い要素もある一方で悪い要素があります。まず守備の要であった捕手の大野選手がFAで中日に移籍しています。そのためかソフトバンクからFAした鶴岡選手が久しぶりに日本ハムに復帰し、巨人から戦力外になった実松選手を獲得しています。
そのためある程度は大野選手の穴は埋まるとは思いますが、それでも大野選手の流出は大きいです。
またチームの主軸であった中田選手も昨年はシーズン最後まで不振に苦しみました。チームで二桁を打てる選手は希少なため復活してほしいころです。
チーム打率自体もパ・リーグで5位だったため、今シーズンもこのままでは苦しい戦いを強いられそうです。
その中で注目したい選手が大卒3年目の横尾俊建選手。確実性にこそ欠けますが二塁手ながら7本塁打放ったパワーは魅力的です。
もし確実性が身に着けたならば、日本ハム打線にとって大きなプラス要素となります。

投手陣の方は昨年怪我で目立った活躍はできませんでしたが大谷選手の流失は痛いと思われます。昨年二桁勝利を達成したのは有原選手だけです。
ただ有原選手も防御率4.74を活躍できたとはいえません。他の先発陣である上沢選手、高梨選手、加藤選手はまずまずの成績を残していますがやはりチーム浮上には大谷選手のような絶対的エースは欠かせません。
そうなると日本一を達成したシーズンである2016年度に素晴らしい活躍を見せた有原選手と高梨選手が戻ってくれば安定した戦いが送れるでしょう。

 

開幕スタメン予想

 

打順 ポジション 名前
1番 西川
2番 松本
3番 DH 近藤
4番 中田翔
5番 太田
6番 レアード
7番 横尾
8番 中島
9番 清水

 

先発ローテーション予想

順番 名前
1番手 高梨
2番手 上沢
3番手 マルティネス
4番手 有原
5番手 加藤
6番手 西村