阪神タイガース2018開幕スタメンと先発ローテーションを予想

阪神タイガース2018開幕スタメンと先発ローテーションを予想

昨季2位で終わった阪神タイガース。大和選手がFAで流出しましたが、今季からメジャー、韓国で実績のある4番候補ロザリオ選手を獲得しました。
セ・リーグ屈指のリリーフ陣は健在であり、野手陣も実力十分な選手が育っている為、先発陣さえ安定すれば優勝できる地位にはいます。
そんな阪神の開幕スタメンと先発ローテーションを予想してみたいと思います。

新戦力分析

ドラフト入団選手

馬場皐輔 投手

阪神2017年度ドラフト1位馬場選手。右腕から投げられる最速155キロが武器の投手です。
また速球だけではなくカットボールやSFFなど変化球も豊富でまさしく即戦力に相応しい能力の持ち主です。
昨年、阪神はシーズンを通して活躍した先発投手が秋山選手とメッセンジャー投手のみと厳しい現状があります。
馬場選手には即戦力として1年目から先発としての活躍ができるといえます。

高橋遥人 投手

ドラフト2位で入団した高橋選手。大学でこそ5勝止まりでしたがストレートは最速151キロあり、回転力も持ち合わせています。
精神力と制球力が課題とありますが左投げということもあり、左腕が貴重な阪神にとっては能見選手の後継者的存在として活躍して欲しいところです。

島田海吏 外野手

50メートル5秒7の俊足に範囲の広い守備、大学通算打率は.329とバットコントロールにも長けており、俊足巧打の選手として阪神の将来を担える人材です。
阪神の外野には不動のレギュラーとして福留選手と糸井選手がおり、それ以外にも去年ブレイクした中谷選手など競うべき相手が多くいます。
ただ福留選手も糸井選手もベテランであり、体力的面からフル出場は難しく、そうしたときに起用される可能性はあります。
赤星二世にも為り得る選手なので一軍で活躍が見たい選手であります。

新外国人選手

呂彦青(ルー・ウェンチ) 投手

呂選手は台湾アマチュアNo.1投手と呼ばれる程の逸材です。投球スタイルとしては最速148キロのストレートと鋭く曲がるスライダーとチェンジアップを組み合わせています。
外国人選手といえば助っ人のイメージが近いですが、呂選手はまだ21歳と若くどちらかといえば、ドラフト入団選手に近い存在と言えます。
そのため球団としては即戦力よりは将来的に活躍する見込みを考えて獲得したを思われます。しかし貴重な左腕のため、一年目から普通に起用される可能性は高いでしょう。

ディエゴ・モレノ 投手

昨年まで3Aを中心にプレーしていた新たな外国人投手。最速153キロのストレートにチェンジアップやカーブ、縦に落ちるスライダーを扱う右腕。
奪三振率が高く、阪神で期待されるポジションは中継ぎです。ただ中継ぎの外国人投手にはマテオ選手とドリス選手がおり、外国人枠の問題から基本的には2人が怪我した際の代役になりそうです。

ウィリン・ロザリオ 一塁手

推定年俸3億4千万円で阪神が連れてきた大型大砲。2016年から2017年まで所属した韓国リーグでは2年連続で3割30本をマークしており、更にメジャーリーグでは2013年28ホーマーをマークするなど実績は折り紙つき。
四球はあまり選ばない選手であり、日本で活躍できるかまだ未知数の部分はあります。ただ他の新外国人野手と比べたら実績は段違いであり、阪神の新4番としてある程度の活躍は見せてくれることだと思います。

戦力分析

 

野手

昨季は他球団と比べると年間通して活躍する選手が多かった阪神。穴であった一塁もロサリオ選手を獲得したことで問題を解決しています。
そのため野手陣に関しては昨年とほぼ変わらない活躍を見せてくれるでしょう。
唯一の懸念材料が遊撃手です。レギュラーではありませんでしたが守備の名人大和選手は横浜へFA移籍をしてしまったため、その穴を探さなければなりません。
現状遊撃手のレギュラー候補としては糸原選手や北条選手、植田選手がいます。他の報道では西岡選手を遊撃手に復帰させる案もあります。誰が開幕スタメンになるかはまだまだ分からないところです。
個人的には2016年度の北条選手が戻ってくれば良いのですがその簡単には上手くいかないの現状でしょう。
また外野レギュラーである糸井選手と福留選手がベテランということもあり、将来的なことも含めて考えると彼ら2人を脅かすような存在が出てきて欲しいところです。

投手

昨季の阪神はドリス選手やマテオ選手両外国人投手の働きや高橋選手や岩崎選手の活躍などで中継ぎはセ・リーグトップクラスといっても過言ではありません。
その反面先発陣はメッセンジャー選手と秋山選手が共に二桁勝利を挙げましたが、入団以来安定した活躍を見せていた藤浪選手のまさかの不調。
左のエースとして期待されていた岩貞選手も一昨年のような活躍をすることはできませんでした。
阪神が優勝を狙うには藤浪選手と岩貞選手の復活は無くてはならないピースです。それだけに今季は2人に先発ローテーションとして頑張って欲しいところ。

 

開幕スタメン&先発ローテーション予想

開幕スタメン

打順 ポジション 名前
1番 糸井
2番 上本
3番 鳥谷
4番 ロザリオ
5番 福留
6番 中谷
7番 北条
8番 梅野
9番 投手

 

先発ローテーション

順番 名前
1番手 メッセンジャー
2番手 秋山
3番手 岩貞
4番手 藤浪
5番手 青柳
6番手 能見