横浜DeNA進藤拓也彼女はいるのか?親は?

横浜DeNA進藤拓也彼女はいるのか?親は?

 

昨年ドラフト8位で横浜DeNAベイスターズに入団し1軍登板も果たした進藤拓也選手。
進藤選手はかつてオーバースローでしたがサイドスローに変更した経緯を持ちます。
そんな進藤選手について今回は調べてみました。

プロフィール
本名 進藤拓也
生年月日 1992年7月16日
出身地 秋田県大仙市
所属 横浜DeNAベイスターズ
ポジション 投手
背番号 43
右投右打

 

進藤拓也選手のこれまで
進藤選手は高校時代は秋田の西仙北高校で野球をしていました。
この高校は高校野球では無名高でしたが、進藤選手は3年生のときその右腕でチームをベスト4へと導きます。
その後は遠く離れた横浜商大学へ進学しますが練習のしすぎで入部間もないことに怪我をしてしまい思うような活躍はできませんでした。
それでも最速150キロのストレートを投げていた為、プロから注目されていましたがJR東日本へと就職しそこで野球を続けます。
しかしそこで制球難に苦しむことになります。そんなときJR東日本監督の堀井哲也さんからサイドスロー転向を指示されます。
球速こそ下がりますが、威力はそのままで社会人野球でも活躍を見せます。そして2016年ドラフト8位で横浜DeNAに入団することになります。
プロ1年目は開幕1軍の座をゲットし、12試合に登板し防御率4.20の数字を残しています。
ちなみに勘違いされる方が多くいますが横浜などで活躍された元プロ野球選手の進藤達哉さんは進藤拓也選手の親ではありません。
苗字も一緒で同じチームに所属していた共通点を持っているため親だとよく誤解される方がいるみたいですね。

 

彼女はいるのか?
進藤選手に彼女がいるか調べてみましたが今のところいるという情報は掴めませんでした。
ただプロ入りが遅いのでもしかしたら彼女さんはいるかもしれませんね。

まとめ
プロ2年目となる今年は開幕1軍はもちろん勝利の方程式に入れるような活躍を期待したいところですね。
やはり優勝を目指すと為ると中継ぎの活躍は必要となってくるので。

関連記事

横浜・飯塚悟史 彼女はいるの? 高校は日本文理

2018横浜DeNA期待の若手紹介と開幕スタメンを予想!