2018セ・リーグ順位予想と優勝予想今年優勝するのはどこか?

2018セ・リーグ順位予想と優勝予想今年優勝するのはどこか?

2017年シーズンは広島が圧倒的な戦力差で2連覇を達成しました。
そして2018年シーズンも時期がそろそろやってきますが一体今年はどこのチームがセ・リーグを制覇するのでしょうか。
王者広島は今年も去年と変わらぬ戦力を誇っています。一方でそれ以外のチームも虎視眈々と広島の背後を狙っています。
そんなセ・リーグの順位・優勝予想を各チームの戦力を分析しながらしてみたいと思います。

2018セ・リーグ順位予想

1位広島 野手・投手共に12球団でもトップクラスの戦力
2位阪神 ロサリオ選手加入で打撃面を強化。中継ぎも強力だが先発に不安要素有
3位横浜 野手のスタメンは強力。左を中心とした先発陣も安定している。ただ野手は代打の切り札がおらず、中継ぎも不安な点がある。
4位巨人 ゲレーロ選手を中心とする打線は驚異の一言。弱点は先発陣でマイコラス選手の穴を埋められるかが鍵
5位ヤクルト 野手は外野陣がセ・リーグ随一。ただ全体的には去年のままだと打線は貧弱気味。畠山選手と川端選手の復活がポイント。投手陣と他球団と比べると戦力的には厳しい。
6位中日 打線は堅実な戦いぶりを見せてくれそう。投手は中継ぎが安定しているが、先発は層が薄くエース級が欲しいところ

 

セ・リーグ戦力分析

やはり今年も1位は広島といえます。昨年はCSシリーズでまさかの敗退でしたがそれでも野手陣と投手陣の安定はセ・リーグトップクラスです。
昨年のベストメンバーが殆ど欠けておらず今年も安定した戦いぶりが見られそうです、投手陣は去年は開幕にはいなかった開幕からジョンソン選手が怪我をしない限りいるので脅威の一言です。
野手陣も控えの層が厚いため怪我人が出ても戦力ダウンがあまりないところが強みです。唯一の心配が鈴木誠也選手の怪我の回復具合です。ただ今のところは開幕に間に合いそうです。

2位から4位は予想に困りましたが2位は阪神、3位横浜、4位巨人としました。

2位の阪神ですがやはりロサリオ選手の加入は大きいでしょう。既に実戦でも好成績を残しており、仮にシーズン中は不調であったとしても20本塁打は軽く打ちそうな勢いです。
他の野手陣も去年ブレイクした中谷選手や糸井選手や福留選手が健在ということもあり、打撃面では充実しています。問題は遊撃手のレギュラーが誰になるかです。
守備の要でも遊撃手を固定できれば野手陣は更に強力となりますが固定できないと苦しい戦いになりそうです。
投手陣は中継ぎが充実しており、その層の厚さは12球団トップクラスです。その代わり先発は計算できるのがメッセンジャー選手と秋山選手のみです。
優勝を目指すには藤浪選手と岩貞選手の復活は欠かせず、5番手以降の選手も現れることが必要です。

3位にした横浜はロペス選手、筒香選手らを中心とした打線は強力といえます。守備の面から見ても大和選手が加わったことにより気が抜けない相手となっています。
しかし昨年は代打の切り札的存在がいませんでした。そのためチャンスを任せられる打てる控えの存在が現れて欲しいところ。
投手陣は左3本柱にウィーランド選手と安定しており、そこに即戦力左腕・東選手が加わるので相手からすれば厄介な相手でしょう。
一方、2017年シーズンは比例するように中継ぎが安定しませんでした。クローザーである山崎康晃選手を除けば、パットン選手とエスコバー選手以外好成績を残せていません。
そのためシーズンを戦い抜くには少なくとも後2枚中継ぎは必要となりそうです。

4位の巨人は実績のあるゲレーロ選手の加入により、坂本選手やマギー選手らとのクリーンナップは驚異といえます。一方で去年不調気味だった陽岱鋼選手や長野久義選手がどこまでの活躍を見せられるかが打線の鍵を握ってるともいえます。
投手陣はマイコラス選手が抜けたこともあり先発がやや不安です。FAで野上選手が加入しましたが正直マイコラス選手の穴埋めを1人でするのは厳しいでしょう。ただ山口俊選手が今年は開幕からいるため、横浜時代の活躍を見せれれば一気に浮上してきそうな気がします。
中継ぎはマシソン選手、カミネロ選手が強力です、他にも西村選手や田原選手など使える選手は多くそこに沢村選手が復活すれば怖いものなしといえます。

5位にしたヤクルトですが青木選手の復帰により外野陣は侮れないものになっています。それ以外にも二塁手の山田哲人選手や打てる捕手である中村恭平選手によって打撃力はある程度兼ね備えています。
ただ去年は打てるポジション格である一塁手と三塁手がいませんでした。もし畠山選手と川端選手の復活をすればそれこそ打撃面では広島すら喰いかねない勢いになります。ただ両方が復活しないと全体的には打撃不足の中シーズンを戦うことになります。
野手の台所事情は苦しいヤクルトですが投手の台所事情は更に切羽詰まっています。先発は小川選手とブキャナン選手と新加入のアルメンゴ選手以外計算できる先発はいません。そのため由規選手や山中選手など過去に実績のある選手が復活しなければ現時点ではAクラス入りは厳しいと見えます。
中継ぎ陣も数こそはいますが去年の上位球団と比較すると見劣りするのは否めません。特にルーキ選手の退団は痛く、他の中継ぎの負担が増えることが懸念されます。

6位にした中日ですが野手陣においては新加入のモーヤ選手とアルモンテ選手が退団したゲレーロ選手の穴を埋められるかが鍵となります。それ以外では各ポジションに実績のある選手がいるため、堅実した戦い振りが見られそうです。
ただ他球団と比べるとパワー不足な面はあります。投手陣は先発で昨年活躍した選手があまりおらず開幕からローテーションが組めるかが不安。2017年に先発で活躍した又吉選手が開幕から先発で調整するみたいなので期待したいところ。
一方で中継ぎは優秀な投手が多く、ドラフト1位の鈴木選手が活躍できれば7回以降は安定した継投ができそうな予感。しかし又吉選手の先発転向の煽りがどこまで及ぶかは未知数なところ。

全体の総評

セ・リーグ全体でいえば野手・投手共に突出している広島が今年も力の差を見せながら3連覇を達成すると思われる。一方で2位から4位のチームには力の差はあまりないです。
阪神は先発、横浜は野手の控えと中継ぎ、巨人は先発と弱点があり、この点を補えたチームが3チームの中では頭抜けた存在となりそう。
一方5位以降に予想したヤクルトと中日は広島はもちろん、他のチームとの差もあり現時点では厳しいシーズンが予想されます。ただヤクルトは仮に畠山選手と川端選手が復活すれば、2015年シーズンのような強力な打線で一気にセ・リーグを制覇してしまう可能性もあります。
中日は先発陣でエース級の存在が現れれば中継ぎ陣も安定している為エースを軸にAクラス争いも不可能ではないでしょう。

おすすめ記事

巨人復帰上原浩治のフォークについて解説成績予想も

オリックス山崎福也、彼女はいるのか?父親は元プロ野球選手

未来の大砲岡本和真(巨人)守備の評価や結婚について