報復でわざと当てることも?死球の報復行為について解説

報復でわざと当てることも?死球の報復行為について解説

プロ野球やメジャーでは報復目的に投手が打者にわざとボールを当てて死球にすることがあります。
こうした故意に打者に当てた死球を故意死球と呼びますが、140キロ近いボールが体に当たるのはとても痛く、場合によっては故障にも繋がります。
それを分かっていても報復目的での故意死球はなくなりません。今回は報復でわざと死球を与える理由について解説したいと思います。

プロ野球の世界では報復としてわざと打者にボールを当てることがある

プロ野球やメジャーで報復目的に故意死球が行われるパターンには主に2つあります。

1つ目はチームメイトが故意ではない死球を当てられた場合、仕返しとして相手チームの打者に行うことがあります。

もちろん毎回死球を当たられる度に報復死球が行われるわけではありません。これはケースにもよりますがボールが当たると故障しやすい部分に当たった場合、報復死球が行われることがあります。
またこのタイプの報復死球は乱闘とも関係してます。死球を喰らったチームが報復に相手チームの打者に故意死球を行い乱闘になることも昔は珍しく無かったです。その乱闘で更に怪我人が増えることがありました。
また報復目的で当てようとしても打者に避けられる場合があります。この場合でも報復の意志ありと見なされ、打者が投手を睨み球場内が漠然とした空気に包まれることがあります。

2つ目は野球の不文律があります。この不文律は言い換えると暗黙の了解で、たとえ野球のルールブックに載っていなくても守らなければならない掟です。

例えば「大量得点差でリードしているチームは盗塁してはいけない」などがあります。不文律を破ると報復に故意死球が破ったチームや選手に行われます。
実際に元メジャーリーガーの新庄さんはメジャー時代不文律を破った為、故意死球を与えられたことがありました。
因みに不文律を破った選手に行われる故意死球は打者に怪我をさせないため、怪我の危険性が少ない背中や足などに当てられることが多いです。流石に報復とはいえ命の危険性がある頭にわざと当てることはありません。

まとめ

野球をやっていない人からすれば考えられない世界ですが、それだけ選手はプライドを持って野球をやっている証拠ともいえます。
こうした報復行為を含みながらも選手達は熱き戦いを繰り広げています。ただ個人的には危険性があるのでわざと当てる報復死球は止めてほしいところです。