蜷川有紀過去に離婚し元旦那がいた?子どもは?画家になった理由や昔についても

蜷川有紀過去に離婚し元旦那がいた?子どもは?画家になった理由や昔についても

元東京知事で何かと有名であった猪瀬直樹さんがこの度、画家で女優の蜷川有紀さんと結婚されることが分かりました。

蜷川有紀さんといえば現在は画家として有名な方でかつては女優としても活躍していました。

そんな蜷川有紀さんの過去や元旦那や子ども、画家になった理由について調べてみました。

昔は女優として活躍していた

蜷川有紀は1978年に『サロメ』という劇で三千人の応募者の中から見事主役を掴んで女優デビューを果たします。

当時から美人として有名で輝くモノがあり、三千人の中から選ばれるのも納得しますね。

その後は1980年に『忍者武芸帖 百地三太夫』でヒロイン役で映画デビューをしたり、映画や舞台などで活躍していましたが2006年を期に女優業は休業状態です。

現在は後で説明する画家として活動されています。

元旦那や子どもについて

今回目立てたく猪瀬直樹さんと結婚された蜷川有紀さんですが過去に離婚歴があります。

元旦那である方は映画プロデューサーの方で映画プロデューサーとしては有名の方です。

離婚された理由は公には明かされていません。また2人の間に子どもがいたという情報もありませんでした。

現在は画家として活躍中

現在は女優業を休業して画家として活躍していますが画家になった理由としては元々女優をしていた頃から監督や脚本としても活躍しており、創作の世界でも実力を発揮されていました。

また親戚には画家である水野富美夫さんやは演出家の蜷川幸雄さん、写真家の蜷川実花など創作の舞台で活躍される方も多く、血筋的に創作家である画家になったのもかもしれませんね。

画家としての活動としては過去に何度も個展を開いたり、女優だけではなく画家としてもその実力を遺憾なく発揮されています。

まとめ

猪瀬直樹と蜷川有紀はともに熟年であり熟年結婚となりますが、お互いに幸せな人生を歩んで欲しいですね。