MTGドミナリアに収録されているクリーチャーアーティファクト以外の除去カード・土地破壊カードの評価火力呪文も 

  • 2018.04.26
  • MTG
MTGドミナリアに収録されているクリーチャーアーティファクト以外の除去カード・土地破壊カードの評価火力呪文も 

今回はドミナリアに収録されているクリーチャーやエンチャントなどのパーマネント除去カード及び土地破壊カードを紹介していきたいと思います。
除去カードの範囲にはクリーチャー及びプレインズウォーカーにダメージを与えるカードや擬似除去も含んでいます。それと今回紹介するカードはクリーチャー、アーティファクト以外となります。

※追記 現在クリーチャー、アーティファクトを含めた完全版を作成中です。

祝福の光

5マナでクリーチャー1体かエンチャント1つを追放するインスタント。
重たいので基本的にはリミテッド用カード

スランの崩落

6マナの英雄譚のカードで戦場に出たとき土地を全て破壊し、その後ⅡとⅢの能力で各自自分のプレイヤーから墓地から2枚戦場に戻す白のお得意のリセットカード。
能力は強いが6マナは重いので採用できるデッキは限られてくる。

ギデオンの叱責

攻撃かブロックしているクリーチャー1体に4点ダメージを与える2マナインスタント。
軽いので白が入っているデッキなら採用する価値はあり。

神聖の発動

3マナインスタントでアーティファクト1つかエンチャント1つを破壊できるカード。
3マナ除去としては使いづらいが4点のライフを回復できるおまけ付き。

封じ込め

2マナのエンチャントながら瞬足であり、このカードが離れるまで相手のタップ状態のクリーチャー1体を対象としそれを追放できる白のお手軽除去カード。
瞬足と除去能力が噛み合ってるので環境で見かけることは多そう。

ウルザの殲滅破

5マナの伝説のソーサリーで伝説と土地以外のパーマネントを全て追放するリセットカード。
伝説故に唱えづらいのはもちろん、伝説持ちを除去できないのがネック。

ボーラスの手中

6マナの伝説のエンチャントオーラでエンチャントしているパーマネントのコントロールを得れるカード。
厄介な大型クリーチャーをコントロールすることで擬似的な除去に使える。ただ6マナは重たいので主戦場はリミテッドになるだろう。

喪心

クリーチャー破壊の色である黒のドミナリアでの軽量除去。
2マナインスタントで伝説以外のクリーチャーを除去できる。
伝説が多いドミナリアではその能力が噛み合っていない面がある。
ただ次のエキスパンション以降の環境で伝説のクリーチャーが減少すればどのクリーチャーでも万能軽量除去となる。
活躍できるかは環境次第だが黒を使うなら4枚集めておいても損はない。

最古再誕

5マナの英雄譚で戦場に出たとき、対戦相手にクリーチャーかプレインズウォーカーいずれか1体を選ばせ生贄に捧げる布告除去。
5マナ除去として見ると頼りないが、このカードは除去というよりもⅢの能力である、リアニメイトがメインである。
Ⅱの能力は1枚ハンデスのため、全体的に見れば強力な英雄譚のカードである。

臓腑抜き

シングルシンボルの4マナの単体での確定除去。喪心など軽量で使いやすい除去カードがあるため、構築での出番はあまりない。

菌類感染

1マナでクリーチャー1体に-1/-1の修正を与えるマイナス修正カード。
修正値は最低だが、1/1のトークンを1体生成するため、タフネス1が並びやすいアグロデッキ相手なら対抗手段の1つになり得る可能性はある。

ファイレクシア教典

4マナの英雄譚でⅠの能力でクリーチャー1体に+1/+1のカウンターを置き、アーティファクト能力を追加してくれる。
除去能力はユニークでⅡの能力でアーティファクト以外のクリーチャーを全て破壊するという強力なリセット能力である。
Ⅰでアーティファクト耐性を好きなクリーチャーに与えることができるのでⅡ能力と噛み合っているも評価できる。更にⅢの能力で相手の墓地のカードを全て追放するため、クリーチャーを再利用させないとため、全ての能力において噛み合っている。
時間差があるが個人的には扱い易いリセットカードとしておすすめできる。

意趣返し

4マナソーサリーでクリーチャー1体を追放するカード。4マナとしては弱いがその後に、コントロールしているプレインズウォーカー1体に忠誠カウンターを2個置ける。
そのためプレインズウォーカーを採用しているデッキなら1、2枚程度採用してもいいかもしれない。注意としては対象のクリーチャーがいなければ唱えることはできないので、その場合はプレインズウォーカーに忠誠カウンターを置くことはできない。使用時はそこだけ注意を。

不純な捧げ物

2マナでキッカーインスタント。キッカーコストはクリーチャー1体の生贄で、キッカーなしではクリーチャー1体に-2/-2の修正を与え、キッカー時は-5/-5の修正を与える強力な除去カードに変貌する。
トークンとの相性は抜群なのはもちろん、普通に使っても軽量級なら除去できるため、序盤に手札に来ても腐ることはない。

ヨーグモスの不義提案

5マナの伝説のソーサリーでリアニメイトと単体除去を1枚で行える。
5マナで伝説のソーサリーのため、唱えづらい点はあるが蘇生出来るのはクリーチャーかプレインズウォーカー1体で墓地はどのプレイヤーでも良い。
まずプレインズウォーカーを蘇生できるリアニメイトカードは少ないため、評価できるポイントとなる。除去能力は同じくクリーチャーかプレインズウォーカーを1体を破壊する。
プレインズウォーカーも対象なので除去できる幅は広い。活躍するかは不透明だが個人的には能力がユニークで好きな1枚

灼熱の介入

5マナのモードソーサリー。2つのモードは両方が除去関係で、1つはクリーチャー1体に5点ダメージ。
2つめはアーティファクト1つを破壊するもの。リミテッドでは5点を飛ばせるのは非常に便りとなる。

火による戦い

3マナのキッカーソーサリーで通常時はクリーチャーに5点ダメージ。
ただ不特定マナ5と赤マナ1つのキッカーで呪文の内容が大幅に変化し、クリーチャーとプレインズウォーカーとプレイヤーに10点のダメージを好きなように割り振って与える大火力呪文となる。
キッカーで使い方は大半が10点全てをプレイヤーへのバーンとして用いられるだろう。3マナ火力としてもまずまずの妥協点。

最初の噴火

3マナの英雄譚で戦場に出たときにまず飛行以外のクリーチャー全てに1点のダメージを当てる赤らしい能力。
Ⅱでマナ加速ができ、Ⅲの山を1つ捧げることで全てのクリーチャーに3点ダメージを飛ばすことができる。
3マナとしては少々と使いづらい感じの印象を受ける。Ⅲの能力でタフネス3以下のクリーチャーは全て消えるため、Ⅱの能力を用いて大型の能力を出しておきたい。

ゴブリンの連射

4マナのキッカーソーサリーで通常時はクリーチャー単体に4点ダメージ。
アーティファクト1つかゴブリン1体の生け贄によるキッカーがされていた場合は対象がプレイヤー1人かプレインズウォーカー1体に変わる。
キッカーしなければ火による戦いの下位互換となるため、採用するなら、キッカーができるデッキで使うことになる。ただ構築では採用されることはあまりないだろう。

でたらめな砲撃

6マナエンチャントで少々特殊なエンチャント破壊。
まず戦場に出たときに自分コントロール外でエンチャント以外のパーマネント4つを選びそこに、照準カウンターを1つ置く。
そして自分の終了ステップにパーマネント2つ以上に照準カウンターが置かれていたら、照準カウンターが置かれているパーマネントからランダムで1つを破壊する。
重たいのとランダム性があるため、構築どころかリミテッドでも採用は難しいのが正直な感想。

ヤヤの焼身猛火

2マナのX伝説のソーサリーでクリーチャー、プレンズウォーカー及びプレイヤーから3つまで対象とし、Xダメージを飛ばせる。
伝説のソサーリーという点が足を引っ張るが、あらゆる対象に火力を飛ばせる点では優秀で複数除去や止めに使えたりと痒いとろこまで手が届く。

放射稲妻

4マナインスタントでプレイヤー1体に3点クロックとそのプレイヤーのクリーチャー全てに1点ダメージを与える全体火力と本体火力を兼ね備えたカード。
トークン対策としては使える1枚。ただ4マナは重いか

地震断層

4マナソーサリーで土地を1つ破壊し、最大で2体のクリーチャーのブロックを封じてくれる。
4マナで土地破壊と考えると重いが相手のクリーチャー2体のブロックを封じるので敵に総攻撃を掛ける際には使えるかもしれない。

シヴの火

1マナのキッカーインスタントで通常時にクリーチャー1体に2点を与えるという使い勝手の良い火力。
4マナでキッカーすることでダメージ量が4点となるが、キッカーされることはほとんどないだろう。

魔術師の稲妻

不特定マナ2と赤マナ1の3マナインスタント火力でクリーチャーかプレインズウォーカーかプレイヤーかの1つ対象に3点のダメージを与える。
これだけなら平凡な火力呪文だがウィザードをコントロールしているとマナコストが軽減され赤マナ1つだけとなり、プレインズウォーカーにも打てる稲妻となる。
ウィザードデッキならば強力な火力として、活躍するのは間違いない1枚。

壊れた絆

2マナソーサリーのアーティファクトかエンチャントの単体除去カード。
追加効果で手札から土地カードを1枚戦場に出すことができるがインスタントではないのが痛い点。

空を射抜く

2マナインスタントで飛行クリーチャー1体限定で7点ダメージを与える。
ドミナリアではライラといった強力な飛行持ちが複数存在しているので、サイドボードに潜ませておくと役に立つ機会は多いはず。

土地

闘争の記念像

赤マナを生み出す特殊地形。
不特定マナ4と赤マナ1と自身をタップし生け贄に捧げることで土地を1つ破壊してくれる。
起動コストは重いが土地であるため無理なく採用できるので、使い勝手はとても良い。

MTGおすすめ記事

mtgドミナリア白の注目カード評価  ライラやベナリア史など