パワプロ2018栄冠ナイン攻略 選手の育成方針&試合に勝つコツ

パワプロ2018栄冠ナイン攻略 選手の育成方針&試合に勝つコツ

栄冠ナインといえば、初心者にとっては選手の育成方針が中々決めづらいです。また試合にも勝てないことも多いと思います。
そこでここでは選手の育成方針についてと今作における試合で勝つコツについて紹介したいと思います。

育成方針

野手

走力

攻守共に重要な能力です。守備の場合は、走力が高いと守備範囲が広がります。遊撃手、二塁手、外野手は守備範囲がどれだけ広いかが失点を減らす鍵となるので、盗塁など足を絡めた攻撃も走力が高いとできます。

捕球、守備力

今回は補給がGだとストレスが貯まるほどエラーするので、どのポジションでも捕球はEは欲しいところです。
守備力が低い場合は、守備の動作が遅れがちになるので遊撃手や二塁手など守備が重要視されるポジションは守備力を高めておく必要があります。

野手における育成方針

ポジション共通の育成方針はありますが、先にポジション別の育成方針を説明します。

捕手

捕逸の可能性を低くするためにも捕球はDは欲しいです。守備でのミスを減らすためにも守備力もDまで上げたいところ。
肩力は甲子園にもなるといくら上げようが盗塁されやすいのでD止まりで良いでしょう。
基本的に打撃重視のポジョションなので最低限の守備能力を確保したら走力やミートを上げていきましょう。

一塁手

打撃重視のポジション。ただ捕球する機会が多いポジションなので捕球と守備力共にEは確保しておきたいです。
それ以外は肩力がEあればいざというとき安心なので後は打撃能力を上げていきましょう。

二塁手、遊撃手

守備の要となるポジション。捕球と守備力は最低でもDは必要です。肩力は遊撃手の場合はDは欲しいです。二塁手はE程度で良いかもしれない。
走力も守備範囲を増やす意味でB以上あれば失点も大幅に減ります。

三塁手

基本は一塁手と同じ。違う点は肩力がDあればゴロの際、アウトにしやすくなります。

外野手

守備範囲が広いので走力はBは欲しいところです。捕球と守備力はD以上あればとりあえずは大丈夫。
肩力は高いことに越したことはないが、高くてもランサーを刺すという恩恵をあまりうけないのでEあれば十分です。

以下は野手ポジション共通の育成方針です。

1.弾道は2に上げること

弾道が低いとホームランなど高い打球を打ちづらいので、少なくとも弾道は2に上げましょう。
新入生は弾道が1ばかりなのでまずは弾道を2に上げると良いです。

2.捕球、守備力は最低でもEまで上げる

捕球と守備力をEまで上げると少なくともエラーなどの守備でのミスは減ります。
それほど守備能力が重視されない一塁手や三塁手でもEまで上げることをおすすめします。
ただ捕球に関してはD以上に上げようがエラーはすることは多いので、守備機会が少ないポジションはE辺りで十分です。

3.走力はB以上に上げると攻守が楽となる

走力の項目でも触れましたが、走力が高ければ高いほど攻守での展開が楽となります。
走力がB以上あると盗塁が決まりやすくなったり、ランナーが本塁に生還しやすくなります。
スクイズをした場合、走力が高いと三塁ランサーがホームに帰還しやすくなるほかに、スクイズを決めた打者が一塁に間に合ってセーフになる可能性が増えるなど、とにかく上げといて損はない能力です。

 

投手

投手の育成方針

何故か敵チームの打線は貧打になることはないので、失点を減らす意味でも投手は重要です。
エースには少なくとも球速145キロ、コントロールC、スタミナCは求めたいところです。
特にコントロールに関しては低すぎると四球を出しやすくなるのでCは欲しいところです。
変化球に関しては体感ですが球種が3種類以上あると失点の量が減ります。
なのでエースには3種類は少なくとも球種を持たせましょう。
ただ変化量1の球種は打たれやすいので最低でも3まで上げるようにしましょう。
また序盤は3種類の球種を投手に持たされると変化量を上げきれない可能性があるので、その場合は2種類あれば十分です。

試合に勝つコツ

今作は自操作時に打者に指示をしているとヒットをあまり打ってくれません。自操作と自動操作どちらが点を取りやすいかといえば、圧倒的に自動操作です。
そのため戦力がある程度整っている場合は意図的に自動操作の時間を増やすと点を取ってくれやすくなります。
野手における自操作の条件としては、試合前に注目した選手の打席とチャンスなどの特定の場面です。
このうち注目選手以外での自操作の条件はまばらでチャンスであっても自操作にならないことも良くあります。もちろんその逆もあり、自分からコントロールすることは不可能です。
注目選手の場合は、スタメンから降ろせばその分の自操作を減らすことができます。
ただレギュラーの選手を注目した場合、戦力的意味でスタメンが降ろしづらくなります。そこで注目選手の候補がスタメンから選ばれる仕様を逆利用します。
方法としては、あらかじめレギュラーの選手をベンチに設定しておき、本来ベンチの選手をスタメンに設定しておきます。
こうすることでレギュラーの選手を注目選手に任命することを避けられます。後は試合前のスタメン設定でベンチにいる本来レギュラーの選手をスタメンに設定するだけです。
この攻略法は自操作ではあまりヒットを打たないバランスにより、有効なものです。自動操作の機会を増やしても点を取らない可能性はもちろんあり、注目選手によるメリットが得られなくなるなどデメリットもあります。
なのでこの攻略方法を使う際はその点を考慮して使うようにしてください。

アップデートにより自操作でもある程度ヒットを打ってくれるようになったので、そこまで自動操作にこだわらなくても良いかもしれません。ただ自操作でチームが点を取ってくれない方は自動操作に試してみるもの良いかもしれません。

自操作中の試合指示

打撃時ですが基本的には引っ張りか流し打ちで信頼度が高い方を選ぶと体感的にはヒットを打ってくれやすいです。また走力A以上のランナーが一塁にいるときは相手キャッチャーの肩力が低ければ盗塁を仕掛けていくのも良いでしょう。チーム内に内気がいるならば「○○の魔物」を発動し、相手のエラーに期待して大量得点を取っていくてもあります。

守備時に関しては人それぞれのやり方はありますが、自分は基本的には低めや外角などを使い分けています。緩い球を持っている投手の場合は緩急も使わせると効果的です。追い込んだらクサイところを使うのも良いですがボールになり易いので注意しましょう。また1ヒットでランナーが返らない場面でゲッツーを狙える場合はゲッツシフトを敷いてよりアウトカウントを稼ぐように心がけましょう。

パワプロ2018栄冠ナイン卒業生進路先効果一覧&おすすめ卒業生

パワプロ2018栄冠ナインで狙いたい転生OBを高確率で出す方法【古田ループ、森ループ】