スヌーピー作者の生涯と心に響く名言 スヌーピーはタイトル名ではない!

NO IMAGE

皆さんはスヌーピーの作者をご存知ですか?スヌーピーの作者であるチャールズ・M・シュルツさんは優れた漫画家で長く愛された作品を残してきました。

そんなスヌーピーの作者であるるチャールズ・M・シュルツさんの生涯とチャールズさんが作品内で書いた名言を紹介したいと思います。因みに豆知識ですがスヌーピーは漫画のタイトルではなく、正しいタイトルは『ピーナッツといいます。これは私も最近まで知りませんでした。

スヌーピー作者の生涯

スヌーピーの作者であるチャールズさんは1922年11月26日アメリカ合衆国・メネソタ州で生まれました。
実家はお父様が理髪師で、そのお父様が新聞の漫画が好きであったがことが、チャールズさんのその後に影響しました。

幼少期から絵が得意であったチャールズさんでしたが頭も良く、小学生の頃には飛び級をしていたほどです。
その後は高校まで卒業し、雑誌に漫画を投稿するなど漫画家を志しますが上手くはいかず、第二次世界大戦を経験します。

戦争後も漫画を描き続け、1947年には新聞に漫画作品『リル・フォークス』の掲載が決まります。そして順調にことが進みあのスヌーピーが登場する漫画『ピーナッツ』の連載が1950年に始まります。

その後は漫画を描きながらも『ピーナッツ』がテレビアニメ化をしその脚本を手掛けたりするなど漫画家として充実な生活を送り、2000年の2月12日にあの世へと旅たたれました。

スヌーピーの名言集

チャールズさんは偉大な漫画を残しただけではなくその作中内で多くの人々の教訓になるような名言も残されていました。
今回はその中から個人的に心に響いた3つを紹介したいと思います。

「先のことを 考えてもしょうがないわ。 いますぐできる目標を立てることが 大事なのよ。」

しっかりとした人生設計は確かに大切ですが、何事も先ばかりを考えすぎると、前が見えなくって逆に道を間違えたりしますし。いますぐできることを考えることは大切だと思い知らされますね。

「ゲームに勝たなくったって幸せな選手がいるんだ」

何かと実力主義な現代ですが、勝ち負けばかりに囚われていては駄目だと気づかされる一言です。

「もしこの人生に本気で何かを求めるなら、 断固そうしなきゃ!」

チャールズさんもそうですがその分野で成功するには成功の是非を問う前にそれ相応の努力が必要だと分かる一言です。まさに急げば回れですね。