パワプロ2018打撃のコツ練習法パワフェスで打撃が難しいと感じる方や打てないと思う人も是非

パワプロ2018打撃のコツ練習法パワフェスで打撃が難しいと感じる方や打てないと思う人も是非

皆さんパワプロ2018を楽しんでいますか。栄冠ナインばかりの人やパワフェスばかりの人もいると思います。
パワプロ2018は打撃が難しいほうでパワフェスをノーマルで初めて全く打てない経験をし、自分は下手と感じるかもしれませんが、そんなことはありません。
今回はパワプロ2018における打撃のコツと練習法について紹介したいと思います

パワプロ2018はそもそも打撃が難しい

パワプロ2018の打撃はロックオンなしだと難しいのは当たり前です。
強振で僅かに芯からボールがずれるとポテンフライになるのは日常茶飯事です。
なので初心者の方がヒットが打てないからといって才能がないと思い込まなくてもよいです。
コツさえ掴めればそれなりに打てるようになるので心配はご無用です。

練習モードで芯で捉えるようになろう

プロ野球選手が初めから野球が上手ではなかったように、パワプロ2018で打撃が上手くなるには練習が必要です。
練習?と聞くと気持ちがだれる方もいるでしょうが、何事も練習あるのみです。

それでは練習の仕方を紹介していきます。
まずでは練習モードの打撃練習を選択してください。打撃投手は誰でも良いので投げる球種をストレートのみに設定してください。これで準備完了です。もちろんロックオンはなしで。
この練習の狙いは強振で芯に当てれるようになる練習です。パワプロ2018では芯に当てないとヒット性の当たりになりづらくいです。

そのためまずは一番狙いやすいストレートを強振で芯に当てれるように練習をしましょう。
打撃練習では芯か真芯でボールを打った場合、左上に表示されます。今回は芯か真芯で当てるようになる練習なので、ヒットかどうかは気にしなくてもよいです。もちろん試合本番ではミート打ちでも構わないので今回の練習のみ強振に慣れてください。
それと芯性以外のヒットには価値はないと思って練習をしてください。ある程度ストレートを芯に当てれるようになったらこの段階は終了です。

変化球は徐々に慣れていこう

ストレートの次は変化球への対応です。変化球にも色々種類はありますがその中でも打ちづらいのが、カーブ系、シンカー系、フォーク系です。
そのためこれら変化球を打ち返せるようにこの段階では練習をします。
練習方法としては打撃投手をデフォルトのパワプロのままで、球種をカーブ、シンカー、フォークのいずれかから選びます。

打ち方としては同じく強振で芯に当てれるように頑張ってください。ただ変化球は芯に当てれるようになるには時間が掛かるのでこの段階ではヒット性の打球であれば問題ありません。
コツとしては今回は投げられる球種が分かっているので、投球カーソルが表示されたら球種が変化し終わるところにミートカーソルをあらかじめ持っておき、近づいてきた球に対応します。

変化球は何も考えなしに対応すると凡打の山か空振るってしまうことが多いので、あらかじめ予測しておくことが大切となります。

本番では球種を絞って狙い打つ

練習が終わったらいよいよ本番ですが、本番では相手が何を投げてくるかは分かりません。ただ相手の持ち球は確認することができます。
なので事前に狙い打つ球を絞って対応しましょう。おすすめなのが速球系と変化球系1種類に絞って対応することです。
こうすることにより三振を減らしたり打率を上げたりすることができます。

慣れてきたら引っ張りと流し打ちを意識しよう

ある程度打撃に慣れてきたらやってほしいことが内角は引っ張り(早めに打つ)外角は流し打ち(遅めに打つ)を意識して見てください。

引っ張りや流し打ちを適切な箇所で使い分けることでよりヒット性の打球を飛ばしやすくなるメリットがあります。
最初はタイミングは難しいかもしれませんので慣れてきてからで全然かまいません。この段階まで到達できればあなたもパワプロ中級者の仲間入りしたといえます。