源田その技は禁断の技?イナズマイレブンアレスの天秤10話感想

源田その技は禁断の技?イナズマイレブンアレスの天秤10話感想

源田の登場や雷門の新必殺技など見所満載だったイナズマイレブンアレスの天秤10話の感想についてさくっと語っていきます。

新必殺技のオンパレード そして影山の思惑とは?

9話では帝国に逆転された雷門でしたが、ここに来て超監督が動きましたね。
今までも奇策で数々の相手を打ち破ってきましたが、今回の作戦はボードゲームのサッカー盤の選手のように、雷門の選手達はそれぞれ自分の持ち場以外のエリアからは決して動かないというものでした。

案の定作戦の意図は知らせていなかったので選手達は困惑気味でしたが、前半で疲れ果てていた、雷門の選手にとって自分の持ち場以外のエリア以外動かないというのは、体力の消耗を抑えられるという効果があり、その結果雷門の動きにキレが戻り始めました。

その結果、ド素人キーパー湿川から一点を取り返すことに成功します。更には小僧丸からスパイクの不正を追及され、帝国選手達の動きに鈍りが見え始めます。
そして不動が自分の力で勝ちたいとスパイクを使わないと影山に宣言すると影山はすんなりとそれを認め帝国選手全員が普通のスパイクを履き替えました。
この場面を見たときは、影山にまだ何か裏があると疑ってしまいましたね。ただ影山も遂に本腰を入れ、GKを湿川から源田に交代します。

やっと源田が登場してほっとしました。因みに湿川は交代後影山に退部宣告をされ、フィールドから追い出されました。哀れですが妥当ですね。
その後、チームに連携力が増した帝国は雷門ゴールへと襲い掛かります。どうやら影山の狙いは影山という共通の敵を帝国部員に持たせることで連帯感を持たせる狙いがあったそうです。
スパイクや湿川の件もこのためでした。やはり影山は策士ですね。

雷門も負けじと小僧丸のファイアトルネードで源田からゴールを奪おうとしますが源田がまさかのフルパワーシールドではなく、新必殺技ハイビーストファングでシュートを止めます。
一瞬私としては、ビーストファングは禁断の技では?と突っ込んでしまいました。イナズマイレブン2では、皇帝ペンギン1号と並びビーストファングは使用するだけで使用者に負担を与える禁断の技として封印されていました。

源田はそのとき真帝国学園のメンバーとして登場した際にビーストファングを使用し、試合後病院送りとなっていました。
なので源田腕は大丈夫なのかと心配しましたがどうやら何の負担もなく使えるようです。どうやら皇帝ペンギン2号のように、ハイビーストファングは負担がないように改良したビーストファングのようです。

試合の展開としては源田の登場で追い詰められる雷門ですが、帝国が放った皇帝ペンギン2号をまさかの三人がかりの新必殺技グラビディケージで凌ぎます。
実は雷門この日のために円堂たちも使った懐かしの特訓場で練習を積み重ねていました。その結果がこの新必殺技です。

そして最後はこちらも明日人と小僧丸とのりかの合体新必殺技シュートで北極グマ2号で源田のハイビーストファングを破り、4対3で雷門が勝利しました。
北極グマ2号のモーションはどこかイナズマブレイクを似ていて懐かしい感じを受けましたね。

因みに帝国と練習試合をし敗北したチームは長所を挫かれた上でスランプになるとありましたが、スランプを乗り越えた後はどのチームを勝率が大幅に上がるという裏がありました。
どうやら影山が真の狙いは中学サッカー界の実力底上げがあったようですね。更には帝国学園も負けたものの成長しているなど、帝国が敗れることで影山の評価が下がるどころか、むしろ上がりましたね。日野社長は世界大会編をやると言っていますが、そこでまた影山が暗躍しそうな気がします。というか世界大会編やるなら、源田を代表に選んでほしいです。

多分選ばれるのは円堂と王帝月ノ宮のゴールキーパーな気がしますけど。(それにしても立向居はどうしているのでしょうか?学年的には2年ですが、エイリア学園の襲来関係無しにGKに転向しているのでもしかしたら選ばれるかもしれませんね。ムゲン・ザ・ハンドが無くてもゴッドハンドは自力で習得していますし、マジン・ザ・ハンドも一年もあれば自力で完成させられるはずなので)