パワプロ2018攻略国際試合メンバー選考の日程やメンバー選び方のコツ

パワプロ2018攻略国際試合メンバー選考の日程やメンバー選び方のコツ

パワプロ2018のペナントの大きな追加点としては国際大会の追加があります。
しかしシーズン中早送りをしているとインターナショナルベースボールカップのメンバー選考のタイミングを逃すことがあります。
そこで今回は混載大会の選考日と国際大会でのメンバー選びのコツの攻略を紹介します。

国際大会の選考日

パワプロ2018ペナントの国際大会は2つの大会が存在してます。

1つ目はシーズン中である7月に行われるインターナショナルベースボールカップ
2つ目はオープンとペナントレースの間の3月に行われるワールドチャンピオンシップベースボール

それぞれのメンバー選考の日ですがインターナショナルベースボールカップは7/6、ワールドチャンピオンシップベースボールは3/6となっています。
3/6の方はオフシーズンということもあり、日程早送りができない関係上、見逃すことはないと思われます。
ただし7/6の方は日程早送りをしているとメンバー選考を飛ばしてしまう恐れがあります。
そのため日程早送りをしながらも7/6のメンバー選考をしたい方は7/4まで早送りし、7/5はスキップで試合を観戦し、早送りせずに7/6を迎えましょう。そうするとメンバー選考を自分でするかの選択肢が出るため、「はい」を選択すると自分で日本代表を選択できます。

国際大会のメンバーは自分で変えた方が勝ちやすい

国際大会のメンバーは自分が選考する前にあらかじめCPUが事前に選んでくれています。しかしCPUが選んだメンバーは正直有力選手が選考漏れしていることが多く、国際大会では負けることが多いです。
そのため国際大会で優勝したい方は時間は掛かりますが自分でメンバーを変更することをおすすめします。国際大会のアメリカやキューバーは能力が高く、点の取り合いになりやすいので、好投手と好打者を日本代表に加えてあげるようにしましょう。
特に投手はスタミナB以上の投手を5人は揃えると調子の良い順に先発を選ぶことが出来ます。また野手に関しては打ち合いになる関係上捕手以外は打撃能力優先のほうがよいかもしれません。