遊戯王使える魔法・罠を除去するおすすめのカード【サイクロンなど】

遊戯王使える魔法・罠を除去するおすすめのカード【サイクロンなど】

遊戯王では強力なフィールド魔法や永続カード更には何が伏せてあるかが分からないセットカードを除去できる使える魔法・罠カードについて紹介します。

魔法カード編

サイクロン

速攻魔法
フィールド上に存在する魔法・罠カードを1枚を選択して破壊する。

魔法罠の除去看板的存在であるカード。これを元に様々な亜種が作られるほど遊戯王の環境に影響を与えてきました。
現在は亜種カードの存在により採用率は下がってはいますが、特にデメリットもなく魔法罠カードを1枚破壊できるので除去カードに困ったらデッキに入れてみてもよいでしょう。
現在は数多くの再録や需要などの関係で3枚揃えるのに費用はあまり掛からないのでお財布に優しい意味でもおすすめです。

ツインツイスター

速攻魔法
手札を1枚捨て、フィールドの魔法・罠カードを2枚まで対象として発動できる。そのカードを破壊する。

手札コストが出来た代わりにカードを2枚まで除去できるようになったサイクロン。
手札にカードがないと発動できないのは弱点ですが、1枚で2枚まで破壊できるのはサイクロンより利便性は高いです。
因みに対象は「2枚まで」なのでフィールドに1枚しかなくても発動はできるので覚えておくとよいでしょう。

コズミックサイクロン

速攻魔法
1000LPを払い、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象とし発動できる。そのカードを除外する。

LPコスト以外はサイクロンの上位互換であるカード。「ミラーフォース・ランチャー」のようにセットされていたときに破壊された場合に効果が発動するカードが増えているので、このカードで除去するとその心配もなくなります。
また「ギャラクシー・サイクロン」のような墓地から発動するカードもあるので除外送りに出来るこのカードがもたらす恩恵は多いといえます。

ハーピィの羽根帚

通常魔法
相手フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。

数年前に突如制限復帰したサンダー・ボルトとならぶ遊戯王全体除去の代名詞ともいえるカード。
元禁止カードということもあり、その性能はお墨付きといえます。禁止カードの大嵐と違い自分の場は破壊せずに相手の場のカードのみを除去できるので自分の場を荒らすことはありません。
速攻魔法ではない分サイクロンなどにはスピード面では劣りますが、それでもどんなデッキに入る強カードといえます。また制限復帰当初は価格が高騰していましたが現在は再録により価格は落ち着いています。
デメリットは自分の場のカードは破壊できないので意図的に破壊したいカード(ペンデュラムなど)との相性は少し悪いといえます。

ナイトショット

通常魔法
相手フィールド上にセットされた魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。このカードの発動に対して相手は選択されたカードを発動できない。

速攻魔法ではない分サイクロンと比べて小回りが利きづらい分がありますが、破壊するカードに大してチェーンを許さないという強力な除去効果を持っています。
サイドデッキに忍ばせておき、相手のデッキにナイトショットが刺さりそうな場合はサイドから投入して対処するという対策が取れます。

ギャラクシーサイクロン

通常魔法

「ギャラクシー・サイクロン」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊するこの効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

様々な制約がありますが、脅威の1対2交換を実現できるカード。速攻魔法でないことや墓地以外とそれ以外からの発動では除去できる条件が違うなど使い勝手が悪い部分は否定できませんが、フィールド魔法や永続魔法・罠を多用するデッキには刺さる1枚といえます。

トラップカード編

砂塵の大嵐

通常罠

このカードを発動するターン、自分のバトルフェイズを行えない。
フィールドの魔法・罠カードを2枚まで対象とし発動できる。そのカードを破壊する。

砂塵の竜巻の上位互換的存在の1枚。発動時にバトルフェイズが行えないデメリットがありますが罠カードなため、発動場面はセット後の次のターンになることが多いと思うのであまりデメリットとしては弱い部分があります。
セットしたターンにサイクロンなどで破壊された場合は効果が使えませんが、発動さえ出来てしまえば、1対2の交換ができるので効果だけでいえば強力です。
しかし罠カードのため、自分行動を制限している魔法・罠カードを即時に破壊できない点はデメリットといえます。

醒めない悪夢

永続罠
「醒めない悪夢」の効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。
1000LPを払い、フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象としこの効果を発動できる。そのカードを破壊する。

このカードは今までのカードと違い、永続カードで条件を満たす限り何度でも発動できるカード。表側限定ですがLPがある限り何度でも除去できるため、相手からすれば真っ先に除去しなければならないカードとなります。
デメリットはライフコストが決して安くは無いことと、セット時から発動するときチェーンしてサイクロンされると永続罠の性質上効果を発動できずに破壊されるの気をつけましょう。