スイッチ版パワプロとパワプロ2018(2019)の違いについて

スイッチ版パワプロとパワプロ2018(2019)の違いについて

スイッチでパワプロが発売されますが、既にPS4、PSVitaでも登場しているパワプロ2018もアップデートで最新データ搭載のパワプロ2019なることが発表されています。

そこでここではその両者の違いについて現時点から発表されている情報からまとめてみました。

サクセスが違う

両者の大きな違いはこの点ではないでしょうか。

両者ともに高校編サクセスですが、パワプロ2018は全く新規のシナリオだったにも関わらず

スイッチ版では現時点では判明している限り、恐らくパワプロ9のサクセスのリメイクになるのでは?と噂されています。

仮にパワプロ9のリメイクだとしたらストーリだけではなくサクセスシステムもパワプロ9に合わせるのではないかと個人的には予想しています。

なのでパワプロ2018のマップシステムはスイッチ版には受け継がれないと思われます。

そもそもマップシステムを組み込むとなると、ストーリー展開にも影響してくると思うのですがどうなるのでしょうか?

トレジャーモードによってパワフェスはスイッチ版には搭載されない?

パワプロ2018の目玉であったパワフェスですが、スイッチ版ではオリジナルチームを育てるトレジャーモードが搭載されています。

どちらも試合をしながら進めるモードなので恐らくはスイッチ版ではパワフェスは搭載される可能性は限りなく0だと思われます。

ただパワフェスモードが未搭載だとパワフェスキャラのパワターの有無が気になります。

あれは結構気に入っていたので出来れば、パワターだけは引き継いでほしいですね。

ペナントモードにアイテムがない?

ニンテドウーダイレクトの動画を見返して気づいたのですがペナントのメニュー画面からアイテム欄が無くなっています。

アイテム購入の方法が変わっただけなら別にいいのですが仮にアイテム要素が無くなっているとなると機材レベルや選手特性アイテムが無くなっていることになります。

幸い新戦力欄は確認できたのでかつてWiiで発売された「パワプロNEXT」での悲劇は避けられそうですが。(パワプロNEXTではペナント期間が1年しかなかった)

まとめ

いずれにせよスイッチ版パワプロは発売日すら決まっていないため、これから新情報が続々と明らかになってくると思われるので、また情報が出次第記事を更新したいと思います。