EDFIR(アイアンレイン)評価&レビューネットの反応も

EDFIR EDFIR

遂に発売されたEDFIR(アイアンレイン)

今回は地球防衛軍のスピンオフということもあり色々と独自の要素が加わっています。

まだ発売して間もないですが序盤を軽くプレイしてみたので軽くレビューをしてみたいと思います。

EDFIR序盤レビュー

まず最初に触った印象がやはり敵を殲滅するのは楽しいということです。

地球防衛軍といえば大量の敵に囲まれながらも銃といった武器で蹴散らすのが個人的には楽しいのですが

EDFIRにもそういった敵を倒す醍醐味はもちろんあります。

ただ今作は決して楽に進められるかといえばそうではありません。

本シリーズである地球防衛軍と比べるとまだ序盤ながらもEDFIRは敵に歯ごたえのある作りとなっています。。

ネタバレになるので詳しくは控えますが序盤のミッションで敵の新型を前に序盤ながら何度か倒されました。

難易度はハードとかではなくノーマルです。

しばらくプレイしていないこともあり腕が鈍っている可能性もありましたが

それを抜きにしても難易度は少し高い目かなと印象を受けました。

もちろんイージでプレイすれば難易度は簡単ですが結構手強い敵との戦闘が楽しめると思います。

また現在はトルーパーのみですが敵の飛び道具などはエナジームーブという回避をしなければ滅茶苦茶被弾します(笑)

正直序盤の倒された理由がこのエネジームーブを上手く使いこなせなかった点です。

本編でも回避行動はあるのですがエナジームーブを使うにはゲージを消耗する必要があり、

無暗に連発するとゲージが切れてしばらく使えなくなるのでゲージに気を使いながら回避する必要があります。

トルーパーで戦う場合武器の扱いよりもまずこのエナジームーブを使いこなすのがカギとなりそうです。

一方で昔から巨大蟻や蜘蛛が敵として出てきていますがグラフィックが向上したことで

今作ではよりリアルとなっており、虫嫌いの人にはかなりきついかもしれません。

ただあくまでゲームなのでゴキブリが嫌いという方でもプレイしている内に慣れてくると思います。(自分はゴキブリが大の苦手ですが大丈夫でした)

開発が違うこともありストーリーに力が入っておりかなりの登場人物が登場し、共に戦場で戦います。

戦闘中に話してくれるので1人でプレイしていても寂しくはなかったですね。

まだクリアはしていないのできちんとした評価は出せませんが、気になる点はいくつかありますが現状では普通に遊べる作品だと思います。

ただ開発が違うのでいつも地球防衛軍を期待すると少し戸惑われるかもしれません。

 

タイトルとURLをコピーしました