MTG

MTGパイオニアで使える主な2色地形(土地)

mtgパイオニア

スタン落ちしたカードが使えるフォーマットとして新たに登場した「パイオニア」

似たような存在であるモダンよりも、よりカードプールが狭いです。

 

モダンとカードプール違う関係上、多色デッキにおいてもっとも大事といえる土地基盤事情も異なっています。

 

特にフェッチランドの禁止により、モダンとは同じような土地基盤を構成するのは難しいです。

そこで今回はMTGの新フォーマット・パイオニアで使える主な2色地形についてまとめてみました。

 

※カードプールはテーロス還魂記まで

※2色地形 収録セットの明記はパイオニア範囲でもっとも古いセット

各土地の例は基本は青白で統一。友好色がない場合のみ、青緑。

ペインランド

対抗色のみ 

収録セット 対抗色:基本セット2015

ヤヴィマヤの沿岸
(T):(◇)を加える。
(T):(青)か(緑)を加える。ヤヴィマヤの沿岸はあなたに1点のダメージを与える。

 

ベテランプレイヤーにはお馴染みの土地だが、意外なことにパイオニアの範囲では現状対抗色しか使えない。
色マナを出すごとに1点のダメージを喰らうので、遅めのデッキに不向きで、ウィニーなどの速めのデッキ向け。

ショックランド

友好色、対抗色共にあり 

収録セット 友好色、対抗色:ラヴニカへの回帰

神聖なる泉/Hallowed Fountain
平地・島
((T):(白)か(青)を加える。)
神聖なる泉が戦場に出るに際し、あなたは2点のライフを支払ってもよい。そうしないなら、これはタップ状態で戦場に出る。

 

モダンではフェッチランドと並び多くのデッキに採用されていた2色地形。
基本土地タイプを2つ持ち、パイオニアの他の2色土地と比べても使い勝手は段違いといえる。
相性の良いフェッチランドがないことは痛いが、それは他の基本土地タイプを持つ2色地形にもいえる問題なので、殆ど気にならないだろう。

チェックランド(M10ランド)

友好色、対抗色共にあり 

収録セット 友好色;イクサラン 対抗色:ドミナリア

氷河の城砦/Glacial Fortress

氷河の城砦は、あなたが平地か島をコントロールしていないかぎり、タップ状態で戦場に出る。
(T):(白)か(青)を加える。

 

場に対応する基本土地があれば、アンタップで戦場に出せる2色地形。
ショックランドなどの基本土地タイプを持ち特殊地形と相性が良く、比較的採用しやすい。
現状では再録回数も多いため、財布にも優しいのが嬉しいポイント。

ファストランド

対抗色のみ 

収録セット 対抗色:カラデシュ

植物の聖域/Botanical Sanctum

あなたがコントロールしている他の土地が3つ以上であるかぎり、植物の聖域はタップ状態で戦場に出る。
(T):(緑)か(青)を加える。

 

コントロールしている土地が2つまでならアンタップで出せる2色地形。
その性質上ゲームが長引きやすいコントロール向けのデッキとの相性は良くない。
また速めのデッキでも、タップ条件を満たしやすいので採用枚数は考慮したいところ。

占術ランド

友好色、対抗色共にあり  

収録セット 赤緑、青黒、緑青、白黒、赤白:テーロス 白青、黒赤、緑白:神々の軍勢 青赤、黒緑:ニクスへの旅 

啓蒙の神殿/Temple of Enlightenment

啓蒙の神殿はタップ状態で戦場に出る。
啓蒙の神殿が戦場に出たとき、占術1を行う。(あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。あなたはそのカードをあなたのライブラリーの一番下に置いてもよい。)
(T):(白)か(青)を加える

 

タップインで出てしまうが、その代わり占術1が行える土地。
コントロール向けのデッキとの相性が良い。

バトルランド

友好色のみ 

収録セット 友好色:戦乱のゼンディカー

大草原の川/Prairie Stream

((T):(白)か(青)を加える。)
あなたが2つ以上の基本土地をコントロールしていないかぎり、大草原の川はタップ状態で戦場に出る。

 

基本土地を2つ以上コントロールしていれば、アンタップで出せる。
基本土地タイプを持つショックランドなどの基本地形と相性は良いが、

 

逆にこの土地を採用するには通常よりも基本地形もしくは基本地形タイプを持つ多めに採用しないと、中盤においてもタップ状態で出ることが多くなりがち。

シャドウランド

友好色のみ

収録セット 友好色:イニストラードを覆う影

港町/Port Town

港町が戦場に出るに際し、あなたはあなたの手札から平地(Plains)カード1枚か島(Island)カード1枚を公開してもよい。そうしないなら、港町はタップ状態で戦場に出る。

(T):(白)か(青)を加える。

対応する基本土地カードを持っていれば、アンタップで出せる2色土地。

1ターン目からアンタップで出せる可能性を持つが、逆に手札に対応する基本土地カードを持っていけないデメリットを持つ。

サイクリングデュアルランド

友好色のみ 

収録セット 友好色:アモンケット

灌漑農地/Irrigated Farmland

平地・島
((T):(白)か(青)を加える。)
灌漑農地はタップ状態で戦場に出る。
サイクリング(2)((2),このカードを捨てる:カードを1枚引く。)

 

タップインランドだがドローにも変えられるメリット付き。
ゲームが長引き土地が余りがちなコントロール向けの土地といえ、また基本土地タイプを持っているので、チェックランドやシャドウランドとの相性も良い。