パワプロ2018(2019)アップデート1.11内容レアード追加!

パワプロ2018 パワプロ2018

パワプロ2018(2019)のアップデートver1.11が6月13日に実装されることが決まりました。

多くの人が望んでいたロッテのレアード選手の追加や名将甲子園に新たなシナリオが加わります。(シナリオ追加は6月20日以降)

今回はそのアップデート1.11の内容を見ていきたいと思います。

アップデート1.11内容と感想

共通
2019年3月29日までに入団が発表された選手を追加、選手データを更新
サクセススペシャルで登場するサクセスキャラを追加

今回のアップデートの目玉の部分の1つである選手の追加。

アップデート1.10実装から望まれていたロッテ・レアード選手を遂に使用できます。

これまでレアード選手がいなかったため、サクセスで作成した人も多くいると思います。

他には同じくロッテ・ブランドン選手も追加されています。

詳しい詳細はこちらの公式サイトから参照下さい。

名将甲子園
帝王実業高校を搭載(配信は6/20(木)メンテナンス以降)
新たなイベント施策を搭載(配信は6/13(木)メンテナンス以降)
イベント早送り機能を強化
イベント早送りを高速化
イベント早送りをオフにするまで継続されるように改善
イベントログを簡易化(詳細はバックログで確認可能)
シナリオ、スタジアムの試合に高速化機能を追加
伝授、ガチャ、ミッションなどの演出およびスキップ調整(高速化)
練習選択時にキャラのレベル表示、ミッション進行可能かを示すアイコン表示を追加
シナリオの試合でキャラミッションが進行しないことがある不具合を修正

名将甲子園に6月20日からですがあの帝王実業高校のシナリオがプレイ可能となります。

明かされた内容としては、山口と蛇島と友沢が登場することが判明しています。

蛇島といえば友沢の投手人生を奪った張本人ですが今回のシナリオにおける二人の関係性が気になります。

また今回の帝王実業はどうも古豪という設定になっており、帝王実業復活を目指すことになります。

シナリオ追加以外で見るとイベントの早送り機能がやっと追加されます。

何故最初からサクセスで搭載されている早送り機能がないのか疑問に感じていましたが

これでシナリオをプレイする時間が大幅に短縮されそうで、周回プレイも捗ります。

チャンピオンシップ
守備時に通信切断されることがある不具合を修正
フリー対戦のオプション設定で「落下点」を変更できるように対応

その他
不具合修正

試合調整内容
スライダー、Hスライダー、シュート、Hシュートの変化量が投球コースにより減少するように調整
スライダー、シュート、シンカーの着弾点の回転速度を調整
投球開始後に一塁手、三塁手が前進する操作をR1ボタンでも可能となるように調整(PS4のみ)

試合部分にも調整が入っているようですが変化量減少でこれら変化球が対戦でどのような変化を見せるかが気になりますね。

タイトルとURLをコピーしました