パワプロ

パワプロ投球のコツは?二度押しは必要?CPUへの配球は?

パワプロ2018

皆さんはパワプロの投球で相手を中々上手く抑えられない経験はありませんか?

自分もそうなのですが、パワプロの投球は打撃に比べて簡単な分、自分の思い通りの投球がしづらいです。

 

そこで今回は少しでも抑えられる確率が上がるように、多くの方が対戦することになるCPU戦における投球の簡単なコツを綴っていきたいと思います。

抑える確率を上げたいなら二度押しを推奨!

今のパワプロで抑える確率を上げたいなら「二度押し」は必要といえます。

CPU相手なら「二度押し」でなくてもある程度誤魔化しは効きます。

ただそれだと、ナイスピッチが運任せになってしまいます。

 

特にナイスピッチの全力ストレートをある程度投げられるようになると、CPU戦はもちろん対人戦でも抑えられる確率が大幅上がるので、対人戦を視野に入れている人は是非頑張って「二度押し」をマスターしてみてください。

おすすめの配球は?

CPUに対する配球として個人的に抑えて置きたいポイントはいくつかあります。ここではそれは紹介したいと思います。

同じ球種は連続で投げない

長年パワプロをプレイしていて、常に感じることは同じ球種を投げ続けると、普段よりも打たれる確率が上がることです。

 

正確なデータがあるわけではないですが、現実と同じように同じ球種を投げ続けているとCPUに配球が読まれやすいので、注意しましょう。

同じコースに連続して投げない

これは球種と似ているのですが、あまり同じコースで勝負しているとやはり打たれる確率は上がります。

なので投げるコースは適度に散らばすようにしましょう。

ストライクゾーンギリギリで勝負する

現実でも真ん中に球がいくほど甘い球になり、結果的に痛打されることが多いです。

それはパワプロでも同じでCPUレベルが高いほど、甘い球を見逃してはくれません。

 

そのためボール球になっても良いので、できる限りストライクゾーンにギリギリで勝負すると、長打を打たれる可能性も低くなります。

おすすめ変化球は?逆におすすめできない変化球は?

CPU戦における話ですが、フォークボールなど鋭く落ちるボールは高レベルのCPUでも空振りすることも多いです。

 

オリジナル投手を作っている際に変化球に迷ったら、落ちる球を選んでも損はないレベルです。

またチェンジアップといった緩急を付ける変化球もCPU、対人問わず有効といえます。

 

逆にお勧めできないので、パワプロでは真横に曲がるだけのシュートやスライダーといった変化球はCPUに対してはあまり相性はよくありません。

コメント