パワプロ2018アップデート1.10栄冠ナイン感想攻略パワプロ2019

パワプロ2019栄冠ナイン パワプロ2018

パワプロ2018はアップデート1.10により、2019度版に更新されました。

公式のアップデート概要には栄冠ナインについて触れられていなかったのですが

どうやら修正が入ったようなので、2019年度版プレイし、主な変更点や感想についてまとめていました。

1.10変更点・感想

パワプロ2018ver1.10の2019年度版(パワプロ2019)で主に変わった点ですが、それは自操作時に味方の打撃です。

以前までのバージョンははっきり言って、自操作時、味方打者陣はアウトを量産するのがデフォルトでした。

なので自動操作に任せていた方が得点期待率は高かったです。

ですが1.10に変わり、2019ではある程度自操作時でも味方ヒットを打つようになっています。

もちろん公式からの発表がないので気のせいという可能性はありますが

味方が連打する場面が多く見られたので、個人的には修正が行われたものだと実感しています。

これからパワプロ2018の栄冠ナインをプレイする方はまずアップデートをされて、パワプロ2019で遊ばれることをおすすめします。

またどれぐらいの頻度でヒットを打つかという疑問ですが、パワプロ2017みたいな打高バランスには流石になっていません。

パワプロ2018が超打低だとすると、2019の打撃バランスは中の下から中の中といった感じです。

一言でいえば適度にヒットを打ってくれるようになっています。

ただしこれは自分と実力が同じ程度かそれ以下の場合に限られます。

格上の投手に対しては凡打の山を築くことが多かったです。

もっとも現実でも格上の相手には完封されることも珍しくないので、適切なバランスかと思います。

打撃の詳細内容ですが、打撃指示に関しては「流し打ち」が基本的に一番期待できる指示だと感じました。

次に期待できたのが「引っ張り」ですが、これは2ストライクまで追い込まれると三振する確率が多かったので追い込まれたら別の指示に変えた方が良いかもしれません。

「転がせ」に関しては本当に転がすだけで、あまりヒットを打つ確率は低い印象でした。

ミート多用と強振多用に関しては、ミート多用でもホームランを打つ場面を何度か見かけました。基本的にはミート多用がヒットを打つ確率が高いです。

強振は当たらないことも多いですが、ホームランを打つこともあり、決して使えないことはありません。

ただ2ストライクまで追い込まれたら強振多用は使わないことをおすすめします。

全体的にはヒットを打つことが分かってきましたが、パワプロ2018で猛威を振るっていた「魔物」は弱体化したのでしょうか?

結論から言うと、弱体化するどころか強化されている感じがします。

これは魔物の性能が上がったのではなく、味方のバントが以前よりも感覚的に成功していると感じ取れるからです。

少なくともスクイズや送りバントは1を選ばない限りは殆どフライになることがありませんでした。

なので走力をCに上げ魔物発動後セーフティーバントを連発する魔物バントは依然として有効です。

次に敵に関してですが、相変わらず理不尽に打ちまくるときも多々見られ、ゲームを辞めたくなる場面もありました。

この要素に関してはパワプロ2018からあまり変わっていないと思います。

ただ味方が打つ分気持ち的には楽になれるので、以前みたいに敵の理不尽さに頭を悩まされる機会も少なくなるはずです。

パワプロ2019栄冠ナイン攻略法

ここからちょっとして自分なりのパワプロ2019の攻略法を書いていきたいと思います。

いくら打てるようになったとはいえ、信頼度が高くても能力値が低いとヒット期待値は相変わらず低いので打撃戦をしたい方はある程度打撃能力を上げておく必要があります。

ただしパワプロ2017みたいにホームランを量産できる訳ではないので、打撃以外にも守備や投手にもしっかりと力をいれましょう。

手っ取り早く勝ちたい人は魔物バントが有効なので内気を揃え、走力を高めるいいでしょう。もっともワンパターン戦法になりゲームの寿命が縮まる可能性があるので注意が必要です。

パワプロ2018から栄冠ナインをやり込んでいた人の中にはパワポイントがかなり溜まっているはずなので、初めからショップで土や本を買い貯めることで序盤の苦労がかなり和らげられます

タイトルとURLをコピーしました