ポケモン剣盾

ドラパルトの対策や相性の悪いポケモンは?二刀流に気をつけろ!ポケモン剣盾

ポケモン剣盾

ポケモン剣盾でその圧倒的なSに二刀流可能なステータスと優秀な技範囲で対戦環境で暴れているドラパルト。

今回はそんなドラパルトの対策や相性の悪いポケモンについて紹介しています。

ドラパルトの特徴

タイプ:ゴーストドラゴン

種族値:H88 A120 B75 C100 D75 S142

ドラパルトはゴースト・ドラゴンの新しい600族です。

Sがポケモン剣盾では断トツに速く、環境にいるポケモンに対して一方的に上から殴ることが可能です。

二刀流に適した種族値配分をしており、ドラゴンタイプ特有の技範囲も健在です。

とんぼがえりも習得しており、不利なポケモンに対してはタスキなどを潰しながら後続にバトンタッチできるなど器用さも持ち合わせています。

ドラパルトの対策

フェアリータイプで封じ込める

ドラゴンタイプに滅法強いフェアリータイプですが、それはドラパルトに対しても変わりません。

フェアリータイプの代名詞、ミミッキュはドラパルトのゴースト技をある程度は耐えれるので、ばけのかわを盾につるぎのまいを積んで倒すことが可能です。

そのためドラパルトはミミッキュと対面するととんぼがえりで逃げることが多いです。

あく・フェアリーである、オーロンゲは、特性いたずらごころのおかげで、とんぼがえりで逃げられる前に電磁波を放つことが出来ます。

他にもふいうちで弱点を突くことも可能です。ドラゴン無効だけではなく、ゴーストも半減なので正にドラパルトの天敵といったポケモンです。

耐久の高いポケモンで受ける

ドラパルトはAこそ高いですが物理技に使い勝手高火力技はなく、Cも特別高いわけではないです。

なので耐久の高いポケモンならばタイプ一致で弱点を突かれない限り、そう簡単に突破される可能性はありません。

その中でおすすめがバンギラスで、あくでゴースト技を半減しつつ、特性すなあらしでタスキ型を潰すせます。