ポケモン剣盾

ウオノラゴン育成論エラがみの火力が凄い!技構成や努力調整も紹介!ポケモン剣盾

ポケモン剣盾

今作の化石ポケモンウオノラゴン。エラがみの火力がかなり凄く現在環境でも活躍してます。
今回はそんなウオノラゴンの育成論や技構成、努力値調整について紹介します。

ウオノラゴンのデータ

タイプ:みず・ドラゴン

種族値:H90 A90 B100 C70 D80 S75

特性:ちょすい、がんじょうあご

ウオノラゴン育成論

物理アタッカースカーフ型

性格:ようき

特性:がんじょうあご

持ち物:こだわりスカーフ

努力値:A252S252

技構成:採用技 エラがみ、げきりんorドラゴンダイブ、残り自由枠 採用候補 こおりのキバ、けたぐり、じしん、サイコファング、かみくだく

ウオノラゴンは一見平坦な種族値をしていますが、特性がんじょうあごを適用したエラがみの破壊力を目を見張るものがあります。

 

特性がんじょうあごはキバを使った技の威力を上げる技で、ウオノラゴンの習得技でいえば主力技のエラがみや、こおりのキバ、かみくだく、サイコファングが対象です。

 

これにより物理アタッカーとしては一級品の攻撃力を持っていますが、更に専用技エラがみは先制した際に威力が2倍になる効果を持っています。

 

そのため、ポケモン剣盾で随一の攻撃力を持っています。

今回はエラがみで確実に先制を取るため素早さに努力値をMAXまで振り、性格は最速のようきを選択し、アイテムもこだわりスカーフを持たせています。

 

採用技ですがまず、エラがみはもちろん確定です、ドラゴンタイプのメインウェポンはげきりんがおすすめです。行動を縛られるのが痛いですが威力命中に安定しています。

 

ただし行動が縛られるのが避けたい場合は、命中率は下がりますがドラゴンダイブを選びましょう。

残りの技に関してはパーティとの兼ね合いで決めてもらって構いません。

 

タイプ的にナットレイにメインウェポンが全て半減されるので、けたぐりを入れるとはがねタイプにも対抗できます。

 

運用上注意すべき点ですが主力技エラがみを封じられるとかなり威力が下がります。

水技半減のポケモンはもちろん、特性ちょすい持ちなど水技が無効化してくる特性持ちには要注意です。(具体的にはラプラスやランターンです)

ウオノラゴン対策

対策としてはちょすい持ちなどのみず技を無効に出来るポケモンか、水技半減のポケモンを採用。

もしくはスカーフ込みでウオノラゴンを抜けて有利を取れるポケモンをパーティに入れることです。

コメント