ポケモン剣盾

ギャラドス育成論(剣盾)ダイマックスで全抜きを狙え!対策、技構成

ポケモン剣盾

第一世代からの古参、ギャラドス。

4世代以降安定した強さを見せているギャラドスですがポケモン剣盾(ソードシールド)では、ダイマックスとの相性も抜群でこれまで不遇技であったとびはねるが使い勝手が良くなっています。

今回はそんなギャラドスの育成論や対策を紹介したいと思います。

ギャラドスのデータ

タイプ:みず・ひこう

種族値:H95 A125 B79 C60 D100 S81

特性:いかく、じしんかじょう(隠れ)

ギャラドスの育成論

じしんかじょう(ダイマックス)型

性格:ようき

特性:じしんかじょう

持ち物:ラムのみ、ソクノのみ、じゃくてんほけん

努力値:A252 S252

技構成:採用技 とびはねる、パワーウィップ、たきのぼり、じしんorストーンエッジ

今作から追加されたダイマックスとじしんかじょうを合わせた型です。

特性じしんかじょうは相手を倒すたびにAが一段階上がります。

ギャラドスにおけるダイマックスですが、飛行ダイマックスであるダイジェットはSを上げられます。

これによりダイジェットで殴りながらSを上げながら、相手を倒し、じしんかじょうによりAを上げることが可能で非常に抜き性能が高い型となっています。

ダイジェットの元になるとびはねるですが、七世代までは1ターン溜め時間が必要となるため、採用されることは稀でした。

一方で今作では相手のダイマックスを1ターン無駄に消費させることが出来るため、かなり有用な技となっています。

他の採用技に関してですが、タイプ一致のたきのぼりはもちろん採用です。

そして今作から新たに習得したパワーウィップにより、これまで有効だが少なかった同タイプのみずタイプに有効打を得ました。

特にみずタイプでも弱点がくさだけのウォッシュロトムなども対面から倒すことも可能です。

最後の4枠目はじしんかストーンエッジとしていますが、ここは物理技であれば使用者の好みで選んでもらっても良いと思います。

一応自信を採用した場合、ギルガルドに対して強くなり、ストーンエッジは飛行タイプに対して有効打を得られます。

ゴツメ型

性格:わんぱく

特性:いかく

持ち物:ゴツゴツメット

努力値:H244 B252 残り自由

技構成:採用技たきのぼり、こおりのキバorじしんorストーンエッジ、ちょうはつ、でんじは

弱点2つ、半減5つ、無効1つという優秀な耐性と、Aを下げれるいかくを生かして、物理受けとして活躍させる型です。

持ち物は相手のHPを少しでも削るためゴツゴツメットを採用します。

技は主力技のたきのぼりに、相手の行動を妨害できるちょうはつとでんじは決まりです。

残りは役割遂行対象によって選びましょう。

ギャラドス対策

純粋に電気技が4倍なのでサブウェポンでも十分に対策できるので、パーティに1匹はでんき技を覚えさせておくと良いです。

コメント