ポケモン剣盾

アーマーガア育成論・対策 ポケモン剣盾 努力値調整や技構成

ポケモン剣盾

今回はひこう・はがねという優秀な耐性を持っているアーマーガアの努力値調整や技構成といった育成論や大佐策を紹介します。

アーマーガアのデータ

タイプ:ひこう/はがね

種族値:H98 A87 B105 C53 D85 S67

特性:プレッシャー、きんちょうかん、ミラーアーマー(隠れ)

アーマーガアの育成論

物理受け型

性格 わんぱく
特性 ミラーアーマー
持ち物 ゴツゴツメット
努力値 H252 B252

技構成 採用技

技構成 採用候補

はねやすめ

残り3枠は自由枠

 

てっぺき 

ちょうはつ

アイアンヘッド 

ボディプレス

ドリルくちばし 

とんぼがえり

 

ひこう・はがねタイプであるアーマーガアは多くのタイプに対して耐性を持っており、高めのBと組み合わせて物理受けとして活躍でき、環境に多いミミッキュ、バンギラスなどに強く出られます。

特性は相手から能力ダウン効果を無効に出来るミラーアーマーを選びます。

これにより不用意に相手に防御の値を下げられる心配が無くなるため、安定して相手を受けることが出来ます。

技構成ですが回復ソースであるはねやすみは採用します。残りはミミッキュを対策するならばアイアンヘッドを、ボディプレスはかくとうタイの技で自らの防御の値でダメージを与えます。その性質上防御を大幅に上げられるてっぺきとの相性が良いです。

相手の補助技を警戒するならば、ちょうはつを選ぶとよいです。他には相手を見てから交代できるとんぼがえり、安定した一致技ドリルくちばしがあります。

物理アタッカー(ビルド積み)型

性格 わんぱく
特性 ミラーアーマー
持ち物 たべのこし
努力値 H252 B252

技構成 採用技

ブレイブバード 

ビルドアップ

はねやすめ

アイアンヘッドorボディプレス

こちらは持ち前の耐性と硬さで相手の攻撃を耐えているうちにビルドアップで能力アップをし、殴りかかる型です。

はねやすみで体力も回復出来るため、しぶとく戦えるのが特徴ですが、更にダイマックスをすることにより、飛行技がダイジェットに変わり、その効果でSを上げることが出来、

ビルドアップを複数回積めていれば、止められるポケモンは中々いなくなります。

なのでビルド型を採用される場合はダイマックスを主軸に運用されるとかなり良いです。

アーマーガア対策

アーマーガアの主な弱点にほのおやでんきタイプがあります。

アーマーガアはとくぼうは決して高くはないので、優秀な特殊技が揃っているほのおやでんきタイプで対策することをおすすめします。

コメント