ポケモン雑学ネタ

ポケモン歴代最強チャンピオンランキング!強いのは誰だ!

ダンデ

ポケモンシリーズの殆どの作品において最後の敵として塞がるチャンピオン。

今回はそんな個人的な判断で歴代チャンピオンをランキング化し最強を決めてみました。

 

判断基準はそのチャンピオンが最初に登場した作品のみを対象としています。なのでグリーンならば、赤緑版のみで評価しているのでリメイク版のファイアレッド・リーフグリーンは評価要素として考慮していません。

 

また評価要素はチャンピオンとの初戦時のパーティとなっています。一部作品では再戦時に強化パーティと戦える作品がありますが、評価外となっています。

 

また作品によってチャンピオンのポケモンレベルが違うので今回はあえてレベルは評価ポイントに入れていません。(そうしないとクリア後が初対戦のアデクが一位になってしまうため)

歴代最強チャンピオンランキング

10位 グリーン

作品赤・緑

初代ライバルにして初代チャンピオン。

使用ポケモンは中々強そうなのだがどういうわけか技構成が弱い。

具体的にはナッシーは技を3つしか覚えておらず、ウインディに至ってはタイプ一致技がひのこしかない。

何故このような仕様になったのかは分からないが、あまりにお粗末な技構成のため、最下位とした。

使用ポケモン

主人公ヒトカゲ選択

ピジョット

フーディン

ウィンディ

サイドン

ナッシー

カメックス

ゼニガメ選択

ピジョット

フーディン

サイドン

ギャラドス

ウインディ

フシギバナ

フシギダネ選択

ピジョット

フーディン

サイドン

ナッシー

ギャラドス

リザードン

9位 ワタル

作品金・銀

前作からチャンピオンに昇格したワタル。

相変わらずのはかいこうせん好きであり、全ポケモンがはかいこうせんを覚えている。

更には切り札的存在であるカイリューを3体も連れているなど歴代チャンピオンでもかなり異質なパーティ構成。(金銀の時点でドラゴンタイプ最終進化系は2体のためこのような構成になったと思われる)

 

はかいこうせんは確かに脅威だが、1ターン隙が空くのでその間に回復したり、攻撃したりできるため、それほど強くはない。

 

特に6体中4体が氷4倍と対処もしやすいため歴代チャンピオンの中でも倒しやすい部類。

使用ポケモン

ギャラドス

リザードン

プテラ

カイリュー

カイリィー

カイリュー

8位 ミクリ

作品エメラルド

エメラルドでまさかのチャンピオンに昇格した元ジムリーダー。

ジムリーダー時代よりもパーティは強いのだが、チャンピオンとしては珍しく全てのポケモンのタイプを統一しているため返って対処がしやすい。

 

4体は電気タイプで対処が可能であるため、電気タイプがいるとあっけなく勝負が付いてしまう。

ただ技構成は当時としては中々練られており、対策していないと苦戦を強いられることもあるだろう。

使用ポケモン

ホエルオー

ドククラゲ

ルンパッパ

ナマズン

ギャラドス

ミロカロス

7位 ダイゴ

作品ルビー・サファイア

「けっきょく ぼくが いちばん つよくて すごいんだよね」でお馴染みのダイゴ。

何故かエメラルドではチャンピオンではなくなっている。

 

チャンピオン時代の構成は鋼が中心のタイプ。といっても鋼タイプは3体だけである。

パーティ的な強さでは何故かボスコドラがかみなりやソーラービームを覚えるなど、付け入る隙は大きい。

 

ただミクリと比べるとそこまでタイプの弱点がパーティ内で一致していないので、ミクリよりは手ごわい。

ただしバシャーモを選んでいると、弱点を突きやすくて戦いやすい。

使用ポケモン

エアームド

ボスコドラ

ネンドール

ユレイドル

アーマルド

メタグロス

6位 アデク

作品ブラック・ホワイト

チャンピオンにも関わらずラスボスではなかったりと立ち位置が特殊なアデク。

使用ポケモンは新ポケモンしかクリアまで登場しなかったブラック・ホワイトの関係上、全てイッシュ地方のポケモンで固められている。

 

クリア後にしか戦えないためか、それなりに技構成は強い。全体的にバイバニラ以外は攻め中心の技構成で、反動技を持っているポケモンもいるが、大抵が威力が高めのタイプ一致技を持っていたりと侮れない。

 

特にウルガモスはちょうのまいを積んでくるため、場合によっては蹂躙されることも。

使用ポケモン

アギルダー

バッフロン

ローブシン

シュバルゴ

ウォーグル

ウルガモス

5位 シン

作品Let’s Go! ピカチュウ・イーブイ

種族値的には一見大人しめだが、各ポケモンの技範囲は中々広く、またリメイク元のグリーンと同じでタイプの偏りもないので歴代チャンピオンの中でもかなりの強者。

 

また各バージョンによってサンダースかライチュウか変わってくるが、タイプ的にも役割的にも似ているため、両バージョンともそれほど相手の戦い方に違いはない。

使用ポケモン

ピジョット(メガ)

ガラガラ

ラフレシア

ギャロップ

ヤドラン

ピカチュウ版サンダース/イーブイ版ライチュウ

4位 カルネ

作品X・Y

シリーズでは珍しいあまりストーリーに絡んでこないチャンピオン(もっともジムリーダーも本作はあまり絡んでこないのだが)

XYから変更になった、がくしゅうそうちの仕様などにより、ゲーム本編ではそれほど苦戦はしないだろう。

 

ただフェアリースキンにより高火力のメガサーナイトを筆頭に反動技なしの特殊フルアタ仕様のヌメルゴンや剣の舞を持っているルチャブルなど侮れない戦力が揃っている。

使用ポケモン

ルチャブル

アマルルガ

ガチゴラス

パンプジン

ヌメルゴン

サーナイト(メガ)

3位 シロナ

作品ダイヤモンド・パール

他のシリーズにも何度もゲスト出演しているため、チャンピオンの中でも知名度が高いシロナ。

そんなシロナのパーティだが個人的に技構成はガブリアスが反動技ギガインパクトを持つなどの技構成自体はチグハグしている部分がある。

 

ただ全体的にタイプバランスが取れており、プレイヤー側は一匹だけでは攻めづらい。

弱点が草タイプだけのトリドトンや、環境でも活躍した600族ガブリアス、そして当時は弱点なしのミカルゲ。

 

このミカルゲが初見殺しであり、当時のミカルゲは出現方法が特殊で多くのプレイヤーがシロナと対戦するまで目にしたことがなかっただろう。

 

そのため多くのトレーナーがミカルゲのタイプが分からずに戸惑ったはずだ。(実際は弱点がないので高火力技で攻めるしかない)

使用ポケモン

ミカルゲ

ロズレイド

ルカリオ

トリドトン

ミロカロス

ガブリアス

2位 アイリス

作品ブラック2・ホワイト2

ブラック2・ホワイト2は難易度がアシストとノーマルとチャレンジがあるが難易度はノーマルで話を進めます。

 

ブラック・ホワイトではホワイト限定でジムリーダーだったが、ブラック2・ホワイト2ではまさかのチャンピオンに昇格。

 

当時のアニメではヒロインだったことも関係してこの抜擢には驚いた人もいるだろう。

そんな彼女だが歴代チャンピオンでもかなりの強敵に成長している。

 

いきなり初手サザンドラという驚きの始まりからバトルが始まる。弱点こそ偏っているが、使うパーティの合計種族値は高く、レベルが足りないと高い種族値の前にごり押されてしまう。

 

またポケモンの技構成もブラック・ホワイトまでのチャンピオンと比べると隙が少ない。

サザンドラは普通の特殊フルアタであり、ラプラスはうたう以外は対戦でもなみのり、れいとうビームなど普通の対戦に使われる技構成であり、オノノクスは当たり前のようにりゅうまいを持っており場合によって舞った後、ダブルチョップで攻め落としに来ることも。

 

更にこのオノノクス何故かノーマルモードの時点できあいのタスキを持っており、舞っている最中に一撃で落とそうとしても、タスキで耐え次のターンに反撃することもある。

 

因みに評価要素には入っていないが難易度が高いチャレンジモードの再戦時アイリスは当たり前というべきかシリーズでも最強のパーティ構成となっており、クリムガンがボーマンダとなっており、全員がアイテム持ちである。

使用ポケモン

サザンドラ

ボスコドラ

クリムガン

ラプラス

アーケオス

オノノクス

1位 ダンデ

作品ソード・シールド

ガラル地方最強のトレーナーであるダンデだがその強さは本物である。

パーティ構成も歴代でもかなりガチで剣盾トップメタである600族のドラパルトに、過去に活躍したギルガルドを投入している。

 

これら2匹の技構成はいずれも殆ど隙が無く、油断できない。

更に切り札であるキョダイマックスのリザードンもキョダイゴクエンを使うため、かなり強い。

もちろん他のポケモンの技構成もいずれも侮れな構成となっており、総合的に歴代トップクラスのチャンピオンといえる。

 

まさに剣盾の最後に相応しい相手と言える。

使用ポケモン

共通ポケモン

ギルガルド

ドラパルト

オノノクス

リザードン

残りの2匹は最初に選んだポケモンによって変動

メッソンを選択

ドサイドン

ゴリランダー

ヒバニーを選択

バリコオル

インテレオン

サルノリを選択

ガマゲロゲ

エースバーン

コメント