ポケモン剣盾

ポケモン剣盾アップデートでバランス調整は?ポケモン追加は?

ポケモン剣盾

リストラ問題で大きく揺れたポケモン剣盾。

リストラ数が思った以上に多く、各地で様々な反応が見られました。

やはり相棒であったポケモンを使えないことでショックを受ける人も少なくなく、アップデートでポケモンが追加されるのでは?と期待する声もあります。

一方で発売し少し時間が経過したポケモン剣盾ですが、対戦環境は徐々に固まりつつある印象があります。

ただ一度環境が固まると中々、環境ポケモンは変わらないので、バランス調整してほしい意見もあります。

そこで今回はアップデートでバランス調整やポケモンの追加がされるのかを考察したいと思います。

バランス調整は?

ポケモンにおけるバランス調整で浮かぶが、種族値の変更や、技の威力や効果の変更でしょう。

種族値の変更は近年新しい世代(6世代から7世代など)の最初のソフトで既存ポケモンの種族値が変更された例はあります。

 

ただアップデートで種族値が変更された例は未だありません。

一方で技に関してですがこちら世代を跨った、技が調整されることがあります。

具体例としては4世代のダイヤモンド・パールで命中率が60から70に上がった「さいみんじゅつ」が同じく4世代で次作品のプラチナで以前の60に戻された例があります。

 

更に5世代のブラック・ホワイトでは、発売時はレーティングバトルにおいて禁止指定を受けていなかったダークホールが発売から時間が経過してから禁止される例がありました。(ダークホールはドーブルがスケッチで覚え使われていた)

 

ただダークホールのようにバトルバランスを考えて、技が禁止された例は他に殆どありません。

他にも特性などがありますが、こちらも今までアップデートで調整をあった記憶はありません。

 

ポケモンにおけるバランス調整は、新しい世代になった際に変更されるのが基本です。

そのため8世代においても、アップデートでバランス調整がされるのはほぼ無いと言えます。

あるにしても技の調整がある程度だと思われます。

 

仮に種族値の変更がアップデートで行われた場合、努力値調整を再度やり直す必要があり、少なからずプレイヤー側にもデメリットがあります。

 

これは技の調整にも同じことがいえ、耐久調整などに大きく影響してきます。

なのでプレイヤーの労力を考えると個人的には難しい問題といえます。

ポケモン追加は?

※2020年1月10日追記 まさかの有料DLCで過去作のポケモンの一部が追加されることになりました。多くの準伝説も登場するようで環境に影響を与えそうです。良い意味で予想を裏切ってくれて驚かされましたね。

またアップデートで新たにガラルのヤドンを手に入れることが可能となりました。

ピカブイ発売時点で809匹のいた既存ポケモンですが、ポケモン剣盾ではその半数の既存ポケモンが登場しませんでした。

そのため以前からのファンからはアップデートでの追加を期待されていますが、公式側はどう考えているのでしょうか?

以前とあるインタビューで今作のプロデューサーである増田さんがガラル図鑑で登場しないポケモンがアップデートで追加されるのか?という感じの質問をされたことがあります。

その際、増田さんは「アップデートについては未定」と答えています。

なのでアップデートについて可能性は0ではないです。

しかし個人的にはその可能性は限りなく低いと考えています。

まずサン・ムーン以降のポケモンの発売間隔をご覧ください。

タイトル名 発売年数
ポケットモンスター サン・ムーン 2016年11月18日
ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン 2017年11月17日
ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ 2018年11月16日
ポケットモンスター ソード・シールド  2019年11月15日

見てみると1年間隔で新作が発売されていることが分かります。

恐らく1年後に出るはずの8世代の新ソフトで使えるポケモンの追加があるのではないかと思います。

ポケットモンスター シールド -Switch
任天堂 (2019-11-15)
売り上げランキング: 7

1年という期間は思った以上に短く、アップデートで既存ポケモンが追加されることはないと思います。

まとめ

今回個人的見解を述べましたが、いずれにせよこれからのポケモンの新情報を見守っていきたいと思います。