ポケモン剣盾

ドラパルト育成論、二刀流が強い努力値振り、技候補や性格 ポケモン剣盾

ポケモン剣盾

ポケモン剣盾で初登場の600族であるドラパルド。

Sが高く二刀流が可能なステータスを持ち、強力なポケモンの一匹です。

今回はそんなドラパルトの育成論、努力値振りやおすすめの性格を紹介します。

ドラパルトのデータ

タイプ:ゴースト・ドラゴン

特性:クリアボディ・すりぬけ、のろわれボディ(隠れ)

種族値:H88 A120 B75 C100 D75 S142

ドラパルト育成論

二刀流ドラパルト

性格:むじゃくorせっかち

特性:クリアボディ

努力値:A・C調整S252

持ち物:いのちのたま

主な技構成候補:特殊技 りゅうせいぐん、りゅうのはどう、シャドーボール、ハイドロポンプ、なみのり、10万ボルト、かえんほうしゃ、だいもんじ

物理技:げきりん 、ドラゴンアロー、とんぼがえり、ゴーストダイブ

 

ドラパルトは素早さが高く、また二刀流が可能な種族値をしています。

攻撃、特攻のどちらかに寄せてもいいですが、個人的には二刀流での採用を強くお勧めです。とにかく二刀流が強い印象があります。

 

二刀流で採用した場合、特殊、物理両方の優秀な技が使えるからです。

特に技範囲が優秀なので、できる限り選択肢を狭めず技を選んでいきたいです。

まずメインウェポンですが、ドラゴン技に関しては、りゅうのはどうもしくはドラゴンアローがお勧めです。

 

努力値の振り方により、どちらを採用するかは変わってきますが、きあいのタスキを潰せながら殴れる2回攻撃のドラゴンアローは使い勝手の良い技となっています。

ゴースト技ですが、安定を取るならばシャドーボール、ダイマックスを意識するなら1ターン無駄に潰せられるゴーストダイブがいいでしょう。

 

サブウェポンに関してですがまず特殊から見ていきます。

かえんほうしゃなどの炎技は環境にいるナットレイなどの鋼タイプを意識しています。特に炎4倍のナットレイを意識するなら、採用する価値はあります。

 

なみのりなどの水技は通りが良く、ダイマックスで使えば天候を変えることも可能です。

電気技に関してはギャラドスを強く意識しています。ただ他よりは優先度は低めです。

 

物理技に関してはとんぼがえりが優秀であり、トップメタのミミッキュと対面した際、ばけのかわを潰しながら後続に繋げることが出来ます。

ドラパルト対策

対策はこちら

ドラパルトの対策や相性の悪いポケモンは?二刀流に気をつけろ!ポケモン剣盾