遊戯王の壊れカード【モンスターカード編】

遊戯王の壊れカード【モンスターカード編】

今回はこれまでの遊戯王環境において強すぎるが故に禁止カードとまでなった壊れカードと呼ばれるほどの性能を持つモンスターカードをいくつか紹介します。
条件としては過去現在までに禁止カードとなった経験があるカードです。

ダーク・ダイブ・ボンバー

エラッタにより禁止解除済み※テキストはエラッタ前
シンクロ・効果モンスター 闇属性 機械族 星7 攻撃力2600 守備力1800
自分フィールド上のモンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターのレベル×200ポイントダメージを相手ライフに与える。

現在でこそエラッタされ1ターンに1度などの制約が付いたエラッタ前はフィールドのモンスターで攻撃後、メインフェイズ2に自分のモンスター全てをリリースし、そのバーンダメージで勝つパターンが珍しくなかった。
現在禁止カードであるキャノンソルジャーが例にあるようにターン制限がないバーンモンスターはいくらでも悪用のし甲斐がある。
特にこのモンスターの場合素材縛りのないシンクロモンスターであったため、チューナーが搭載されたデッキであればいつでも手軽に呼び出せるという他のバーンモンスターにはない利点もあった。、
その性能は当時のシンクロモンスターの中でも群を抜いており大暴れした後結果的に制限を経験せずに禁止カード行きとなった。

魔導サイエンティスト

禁止カード
効果モンスター 闇属性 魔法使い族 星1 攻撃力300 守備力300
1000ライフポイントを払う事で、融合デッキからレベル6以下の融合モンスター1体を特殊召喚する。
この融合モンスターは相手プレイヤーに直接攻撃する事はできず、ターン終了時に融合デッキに戻る。

簡易融合に似た効果を内蔵したモンスター。特殊召喚された融合モンスターは直接攻撃できず、エクストラデッキに戻るが、逆に言えばその前に呼び出したモンスターを利用すればいいだけである。
この効果を最大限利用したのが「カタパルト・タートル」との1ターンキルであり、「サイエンカタパ」と呼ばれたデッキである。
魔導サイエンティストとカタパルト・タートルを場に揃えるだけで成功する1キルコンボは成功率も高く。当時の環境は「エフェクト・ヴェーラー」のような手札誘発もないため、場に出されたらほぼ試合終了である。
現代の環境では当たり前だが禁止であるが、現在のカード・プールで考えるとライフ消費はあるがこのカードだけで単純にリンク4モンスターが呼び出されると考えるとその性能がいかに恐ろしいかが分かる。
当然ながらエラッタされない限り釈放はないだろうが、1ターンに1度と制約が付いたとしても、リンクモンスターや融合チューナーモンスターの存在を考えるとそれでも釈放は厳しそうな気がする。

八汰烏

禁止カード
効果モンスター・スピリット 風属性 悪魔族 星2 攻撃力200 守備力100
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた場合、次の相手ターンのドローフェイズをスキップする。

かつて混沌帝龍-終焉の使者-でフィールドのカードと手札を墓地送りにし、全ての手段を失った相手に止めを刺すのがこの八汰烏であった。
戦闘ダメージを与えたとき相手の次のドローフェイズをスキップするという、強力なロック効果を持っている。遊戯王においてカードの効果以外でカードを引けるのはこのドローフェイズのみであるため、相手の手札が0の状態で効果が発動してしまえば相手は実質上そのデュエルで詰んだことになる。
またこのカードをサーチする手段としてエラッタ前のクリッターや黒き森のウィッチがいた為、混沌帝龍-終焉の使者-効果発動前にこれらを召喚しておけば、混沌帝龍-終焉の使者-の効果でクリッターなども墓地送りとなり、手札に八汰烏を加えることが簡単にできた。

EMモンキーボード

禁止カード
効果モンスター 地属性 獣族 星6 攻撃力1000 守備力2400 Pスケール:青1/赤1
「EMモンキーボード」の2のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
1:もう片方の自分のPゾーンに「EM」カードが存在しない場合、このカードのPスケールは4になる。
2:このカードを発動したターンの自分メインフェイズに発動できる。
デッキからレベル4以下の「EM」モンスター1体を手札に加える。
モンスター効果
1:このカードを手札から捨てて発動できる。
手札の「EM」モンスターまたは「オッドアイズ」モンスター1体を相手に見せる。
このターン、そのモンスター及び自分の手札の同名モンスターのレベルを1つ下げる。

インフレに次ぐインフレが巻き起こった遊戯王9期の中においても屈指の性能を誇ったカード。
その強さは登場167日で禁止行きになったことが示している。禁止となった原因は2の効果である。
効果はこのカードを発動したターンにレベル4以下のEMモンスターを加えるというものである。
特定のカードをサーチできるモンスターはいくらでもいるがこのモンスターの場合、ただPゾーンに配置するだけで効果を発動できる。大抵のサーチ効果を持ったモンスターは召喚時か特殊召喚時に効果が発動するのでこの効果の手軽さは群を抜いている。
更にこのカード自身がPモンスターであるため、PモンスターであるEMをサーチすることでペンデュラム召喚が可能となる。
そのためこれ一枚あればP召喚が可能になってしまうという優れた性能を持っている。またEMドクロバット・ジョーカーなどこのカードを簡単にサーチできるカードも存在したため、このカードが初手になくて事故ってしまう可能性は低い。
他のEMと出張すればあらゆるデッキでペンデュラム召喚を搭載することも可能であり、またEmとの混成による「EMEm」デッキは登場するや否や9期の環境でもトップクラスの性能でキーパーツが規制されるまでほぼ1強体制を築き上げてしまうほどであった。

処刑人-マキュラ

禁止カード
効果モンスター 闇属性 戦士族 星4 攻撃力1600 守備力1200
このカードが墓地へ送られたターン、このカードの持ち主は手札から罠カードを発動する事ができる。

手札から罠カードを発動できるというクロウが思わず突っ込んできそうなカード。
遊戯王の罠カードは1度セットする必要がありセットしたターンは当たり前だが発動できない。
そんなルールを根本から引っ繰り返したのがこのカード。無欲な欲張りや強欲な瓶といったドローカードを使い、エクゾディアを揃える使い方など強力な使用方法が現役中にもいくつもあった。
あらゆる悪用手段があるため、2005年に禁止行きとなってから長い間、制限に復帰したことは無い。

混沌帝龍 -終焉の使者-

エラッタにより禁止解除済み ※テキストはエラッタ前
効果モンスター 闇属性 ドラゴン族 星8 攻撃力3000 守備力2500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性と闇属性モンスターを1体ずつゲームから除外して特殊召喚する。
1000ライフポイントを払う事で、お互いの手札とフィールド上に存在する全てのカードを墓地に送る。
この効果で墓地に送ったカード1枚につき相手ライフに300ポイントダメージを与える。

カオス・ソルジャー -開闢の使者-と共に「カオス」デッキの一員として当時の遊戯王環境を席巻したモンスターカード。
八汰烏との凶悪コンボは八汰烏欄で触れているがそれ以外にも当時としてはお手軽に出せる3000打点モンスターであり、更にこのカード自身強さの秘訣である互いの手札・フィールド共に全てを墓地送りにするリセット効果は圧巻の一言で更に墓地に送った枚数分だけ相手にのみダメージを与えるバーン持ちであったため、相手に止めを刺す切り札としても申し分の無い性能であった。
その強さ上から早々に禁止カード行きとなりその後禁止となり誰しもが制限復帰はないものと考えていたが時代のインフレの波で相方であるカオス・ソルジャー -開闢の使者-は禁止解除となり、このカード自身もまさかのエラッタという形でまさかの禁止解除となったが、エラッタにより一定の弱体化は免れなかった。