ラヴニカの献身気になったのカードのレビューと感想

ラヴニカの献身気になったのカードのレビューと感想

ラヴニカの献身のスポイラーが始まって数日が経ち、個人的に気になったカードが出てきたので、何枚かカードレビューと感想を書いていきたいと思います。

評価基準はスタンダードで統一したいところですが、下の環境に与える影響が大きいカードもあるのでその時は下の環境への影響も触れていきます。

グルールの呪文砕き

新たなメカニズム「暴動」を持っている赤緑の3マナ3/3のクリーチャー。

暴動の能力だが戦場に出る際に+1/+1カウンター一個か速攻持つかを選ぶことができる。

速攻を持てばいきなり殴れることができ、カウンターを選べば自身のサイズを大きくすることができる。

選択肢的にはどちらも強いが次の自分のターンまで除去される可能性を考えると、個人的には速攻を優先したい。

ただ+1/+1カウンターが置かれているクリーチャーを参照するクリーチャーも収録されそうなのでデッキによって、順応に行動していきたい。

暴動はここまでとしてグルールの呪文砕きの場合、速攻を選べば3マナ3/3のクリーチャーとなり、カウンター選択で3マナ4/4となる。

そのためどちらを選んでもコストパフォーマンスには優れている。更に他のキーワード能力でトランプルを持っているため、着実にライフを削れるところも偉い。

これだけでも十分だが自分のターンに限りこのカードとそして何故か自分にも呪禁を得ることが出来る。

これにより暴動で速攻を選べば相手に打ち消しがない限りは、安全に一回は3/3トランプルで殴りに行くことが出来る。

総じて色さえあっていれば、とりあえず突っ込むだけでも活躍してくれるだけのスペックの持ち主といえます。

徴税人

自分のターン限定で、対戦相手の呪文コストと起動型能力のコストを1増加させる妨害クリーチャー。

コストを増加させるカードとしてスレイベンの守護者、サリアがいるが違いとしてはこちらは自分のターン限定である。

その代わり、影響は相手のみで、クリーチャーもコスト増加の対象となるため、瞬足持ちのクリーチャーも影響を受ける点も注目したい。

何より打ち消しや除去呪文に影響を与える点は大きいといえます。やはり対戦相手のみが影響を受ける点は大きいです。

起動型能力にも影響を与えるため、フェッチランドの土地サーチをこちらのターンにこちらの様子を見た後に起動することを躊躇させることができます。

もちろん相手が自分のターンにフェッチを切れば問題はありませんが。

更に新メカニズム、死後を持っているため、このカードを除去しても飛行の1/1クリーチャーが出てくるので相手からしたら嫌らしいクリーチャーです。

スタンだと白中心のデッキにはすんなり採用できる思われます。下の環境だと自分のターン限定というところがネック。

現状相手の動きを妨害するだけなら、サリアで十分といえるので、伝説でない点と死後能力が採用されるかのポイントとなりそう。

アソリウスの造反者、ラヴィニア

対戦相手に各自がコントロールしている土地の数以上のマナ・コストを持つクリーチャー以外の呪文を唱えられなくする能力と

唱えられた呪文がマナコストを支払われていない場合打ち消すというこれまでにあまり見かけなかった能力を持ったカード。

第一印象ですがストームを許さない感が強すぎる。マナコストが唱えられていないと問答無用で打ち消されるので、ストーム使いの方はラヴニカの献身発売後このカードを意識しておくいいかも。

個人的にはスタンよりも下の環境に行くほど強さが増してくる一枚ですね。カードプールが広がるほどマナコストを支払わずに唱える手段が多いので。

マジック:ザ・ギャザリング ラヴニカの献身 ブースターパック 日本語版 36パック入りBOX
ウィザーズ・オブ・ザ・コースト(Wizards of the Coast)
売り上げランキング: 1,175