閃光のハサウェイはどちらの続編?逆襲のシャア映画と小説の違いは?

閃光のハサウェイはどちらの続編?逆襲のシャア映画と小説の違いは?

富野監督の小説「機動戦士ガンダム閃光のハサウェイ」が長い年月を得て映画化することが発表されています。

「閃光のハサウェイ」は一般的には「逆襲のシャア」の続編とされていますが、逆襲のシャアには登場人物などに差異がある

「逆襲シャア ベルトーチカ・チルドレン」という富野監督による小説版があります。

「閃光のハサウェイ」は「ベルトーチカ・チルドレン」の歴史を受け継いだ作品となっています。

なので映画「閃光のハサウェイ」も「ベルトーチカ・チルドレン」の続編としてストーリーが進行すると思われます。

ただ先にも言った通り、「ベルトーチカ・チルドレン」は設定が異なっている部分が大きいので映画版と小説版の違いや映画「閃光のハサウェイ」は結局どちらのストーリーと繋がっているのか解説します。

※映画「逆襲のシャア」の小説作品はいくつか存在するのですがここでおける小説版は「ベルトーチカ・チルドレン」のことを指すのであらかじめご了承ください。

ベルトーチカ・チルドレンの作成経緯

まず違いを解説する前に「ベルトーチカ・チルドレン」の概要について簡潔に紹介します。

元々映画「逆襲のシャア」シナリオの第1稿があったのですが「ガンダム映画委員会」というところで審査を受けた結果、

やり直しを要求されたらしくこの第1稿が映像化されることはありませんでした。

その没となった第1稿を基に作られた小説が「ベルトーチカ・チルドレン」となっています。

ストーリーは大体同じなのですが違う点がいくつも存在しているのが特徴です。

映画版と小説版の違い

まず最初に映画「逆襲のシャア」と小説版「ベルトーチカ・チルドレン」の主な違いを箇条書きで紹介します。

※1アムロとシャアの搭乗機に関してはストーリーに影響が与えないものなので今回はあえて触れません。

※2この項目のみ映画「逆襲のシャア」を映画版、「ベルトーチカ・チルドレン」を小説版として表記します。

・小説ではベルトーチカがアムロの恋人のまま

・小説にはチェーンは登場しない

・小説ではベルトーチカがアムロの子供に妊娠している

・クェスを撃墜した人間が違う

では順を追って解説していきたいと思います。

Zガンダムではアムロの恋人としてベルトーチカという人物が登場していました。UCガンダムでも登場していましたね。

ベルトーチカ・イルマ 

映画逆襲のシャアでは一切登場しません。逆に小説ではタイトルにもなっている通り、アムロの恋人として登場しています。

ベルトーチカが映画で登場しなかったのには訳があり、第1稿の審査の際「ガンダム映画委員会」から「アムロが結婚は駄目でしょう」と意見を付けられたらしく、登場を見送られました。

その代わりアムロの恋人として登場したのがチェーンということになります。ここが映画と小説の大きな違いと言えます。

チェーン・アギ

更に小説ではベルトーチカはアムロの子を妊娠しており、アムロの血が受け継がれていることになります。

次はクェスを撃墜した人間が違う点ですが、こちらが「閃光のハサウェイ」に大きく関わるポイントとなっています。

映画ではクェスを撃墜したのはチェーンであり、クェスが撃墜されていたところを見て錯乱したハサウェイは味方であるはずのチェーンを撃墜しています。

一方で小説ではチェーンは登場しません。小説ではクェスがアムロを撃墜するべくアムロと戦闘をしていた場に居合わせたハサウェイはアムロを助けるべくビームライフルを放ちます。

しかし運悪くビームはクェスの搭乗機のコックピットに直撃し、ハサウェイはクェスを自らの手で撃墜してしまいます

好きだった人物を自ら撃墜した経験はトラウマとなり10年以上経過した「閃光のハサウェイ」においてもトラウマとしてハサウェイを苦しめています。

これらが主な映画版と小説版の違いとなります。

映画「閃光のハサウェイ」の物語進行はどうなる?

映画「閃光のハサウェイ」は小説版「閃光のハサウェイ」をアニメ化と報じられていたので必然的に「ベルトーチカ・チルドレン」とストーリーがリンクするものと思われます。

ただ映像作品という観点から考えた際、映画「逆襲のシャア」とはストーリーが繋がらないということになります。

なので映画「逆襲のシャア」との整合性を取るのか取らないのかが、ガンダムファンからすると気になる点となります。

既に公式年表には「閃光のハサウェイ」での出来事「マフティー動乱」は記載されているので、ハサウェイが地球連邦軍に戦いを仕掛けるのは確定しています。

なので個人的には映画「閃光のハサウェイ」は後の作品とは繋がらないパラレルワールドの話として描かれるのかなと思っています。

その例としては劇場版Zガンダムの存在があります。この作品では原作と違いカミーユが精神崩壊をしておらず、

アクシズが地球圏から撤退しているのでアニメZZガンダムに繋がらない展開となっており、実質上パラレルワールド的作品となっています。

仮に映画「逆襲のシャア」と整合性と取る場合でもクェスはハサウェイが撃墜したものとして扱われると思います。その点を変えるとハサウェイのトラウマ部分が変わってしまうので。

まとめ

映画「閃光のハサウェイ」が他の作品とどのようにリンクするかは分かりませんが、

それにしてもベルトーチカの代わりに登場したチェーンの存在は単なるアムロの恋人の代役だけではなく、

閃光のハサウェイに繋がるかの分岐点的役割を担っていたと認識させられましたね。

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ〈上〉 (角川文庫―スニーカー文庫)
富野 由悠季
KADOKAWA (1989-02-13)
売り上げランキング: 9,096