MTG灯争大戦カードレビュー&評価白編

灯争大戦 MTG

ここではMTG灯争大戦のカードレビューと評価をしています。

今回は白編ですがプレインズウォーカーに関してはこちらのページで評価をしているのでこちらを閲覧してください。

MTG灯争大戦カードレビュー&評価プレインズウォーカー編

レビュー対象ですが白の再録とバニラを除いたカードです。

ギデオンの勝利

攻撃orブロックしたクリーチャー限定の白の布告除去。

普通に使うだけだと、相手に選択肢がある上に1体しか除去できないが

ギデオンが自分の場に居れば生け贄が2体に増える。

なので相手が一斉に生物を戦闘に参加させた際に使っていきたい。

狼煙上げ

5マナでプレンズオウォーカー2枚サーチできるのだが

5マナでサーチだけは流石に重過ぎる。

対象が1体だけでもいいので戦場に出せていたらそれなりに使えそうだったのだが。

戦乱のラヴニカ

多色のパーマネント限定の全体除去。

多色パーマネントが比較的多い今の環境では使い道はありそうだが

多色が居ないとただのお荷物になるためそこまで使い勝手は良くないかも。

立ち上がる民衆

自身のクリーチャーが倒れる度に+1/+1カウンターを置けるのだが、育てようとすると

多くのクリーチャーが倒される必要があるので、構築で使われることは少なそう。

テヨの光盾

3マナ1/3で戦場に出た際+1/+1カウンターをクリーチャー一体に一個置ける。

主な戦場は恐らくリミテッドだろう。

放浪者の一撃

増殖があるとはいえ、流石に単体除去にしては重過ぎる。

いつものコモン除去の性能といったところ。

一騎打ち

中々面白そうな変則的な除去カードで除去性能は各プレイヤーは生物かPWを1つ選び、残り全てを生け贄に捧げる。

相手に残すカードを選ばすとはいえ大半の除去耐性を貫通するため、多く並べるデッキには有利になる。

更に次の自分のターン終了時までプレイヤーは生物やPWを唱えることが出来なくなる。

一見デメリットにも見えるが次の相手のターンも同じく唱えることが出来ないので上手く活用できればこちらのペースに持っていくことも可能かもしれない。

タイトルとURLをコピーしました