オープン戦3位はほとんどがBクラス?オープン戦順位のジンクスについて解説

オープン戦3位はほとんどがBクラス?オープン戦順位のジンクスについて解説

オープン戦といえば各球団の選手達がペナントレースに向け調整する期間です。
ただ調整の場といえオープン戦の順位はペナントレースの順位とある程度関係性を持っています。
今回はオープン戦の順位がペナントレースにもたらす影響について解説していきます。

 

最下位はBクラス?

オープン戦にあるジンクスとして『最下位はペナントレースではBクラス』というものがあります。
これは単なるジンクスには済ませるものではなく、実際にオープン戦最下位になってペナントレースでAクラス入りを果たしたチームは少ないのが現状です。

オープン戦最下位のシーズン順位
2018 阪神 シーズン6位
2017 巨人 シーズン4位
2016 中日 シーズン6位 オリックス シーズン6位
2015 広島 シーズン4位
2014 ヤクルト シーズン6位
2013 中日 シーズン4位
2012 阪神 シーズン5位
2011 横浜 シーズン6位
2010  横浜 シーズン6位
2009 阪神 シーズン4位

ここ10年間でAクラス入りを果たしたチームはありません。直近でAクラスしたのは2008年の巨人で。このときの巨人は最大13ゲーム差を跳ね除けてリーグ優勝を果たしたメークレジェンドの年です。
こうして見てみるとAクラス入りすら難しいが現状のようです。

オープン戦1位でもペナントは安泰ではない

逆にオープン戦で1位に輝いたチームはどうでしょうか。ここ10年間でオープン戦1位のチームはリーグ優勝数は4回です。

オープン戦1位のシーズン順位
2018 巨人 シーズン3位
2017 ロッテ シーズン6位
2016 阪神 シーズン4位
2015 ソフトバンク シーズン1位
2014 ソフトバンク シーズン1位
2013 巨人 シーズン1位
2012 ヤクルト シーズン3位
2011 阪神 シーズン4位
2010 日本ハム シーズン4位
2009 ソフトバンク シーズン3位

こうしてみるとやはりオープン戦の順位はペナントレースに反映されてるともいえます。
ただ1位だからといってその年のペナントレースが安泰なわけではありません。2017年のロッテは1位でしたがペナントレースはまさかの最下位でした。
他にも1位ながらペナントレースはBクラスに陥るチームがいくつかありました。

オープン戦3位はAクラス入りは難しい?

オープン戦のジンクスで他に面白いものとして3位の呪いというものがあります。実はオープン戦で3位になったチームは優勝どころかAクラス入りすらできない現状があります。

オープン戦3位のシーズン順位
2018 楽天 シーズン6位
2017 オリックス シーズン4位
2016 ソフトバンク シーズン2位
2015 横浜 シーズン6位
2014 巨人 シーズン1位(クライマックスシリーズで敗退)
2013 ソフトバンク シーズン4位
2012 横浜 シーズン6位
2011 日本ハム シーズン2位
2010 楽天 シーズン6位
2009 広島 シーズン5位

ここ10年で6度Bクラス入りを果たしてしまう自体になっています。またリーグ優勝できても日本一になれないなど他にも弊害があり、オープン戦における3の数字はまさに呪いといえます。
ペナントレースでいえばAクラス入りできる順位なので有難い数字なのですが本当にこの3位の呪いは謎ですね。

 

まとめ

オープン戦はあくまでも調整の場ですがこうした観点から見てるといつもよりも違ったオープン戦が見れます。
ただあくまでこれらはジンクスでありあまり宛にしないほうがいいでしょう。野球は何が起きるかが分からないのが醍醐味です。