遊戯王デッキ考察

遊戯王アダマシア(魔救) 展開や回し方、デッキ構築考察

今回はデッキビルドパック シークレット・スレイヤーズで登場するアダマシア(魔救)の展開(回し方)やデッキ構築について考察をしたいと思います。

アダマシア・カード考察

魔救の探索者

チューナー・効果モンスター
星2/地属性/岩石族/攻 100/守2100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「魔救の探索者」以外の岩石族モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。

岩石族が場にいればそれだけで特殊召喚できるチューナー。

アダマシアデッキはもちろん、これまでチューナーがいなかった岩石族デッキにも無理なく出張できます。
2の効果はアダマシアチューナー共通効果です。

めくれる枚数が5枚と多いため、岩石族で固めれば当たりやすいが確実に当てるためにはやはりアダマシア・ラピュタイトなどで事前にデットトップ操作をしておきたいです。

魔救の追求者

チューナー・効果モンスター
星2/地属性/岩石族/攻1200/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「魔救の追求者」以外の「アダマシア」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。

同じレベルの魔救の探索者よりかは特殊召喚条件が少し厳しめだが問題はないです。
こちらもかなり優秀なカードで、他のアダマシアカードと共に岩石族デッキに出張できます。

魔救の分析者

チューナー・効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1500/守 700
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。

アダマシア唯一のレベル4チューナー。

特殊召喚条件が相手依存のため、先行1ターン目では召喚権はこのカードに使う場面が多そうです。

魔救の奇石-ドラガイト

効果モンスター
星4/水属性/岩石族/攻 0/守2200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが「アダマシア」カードの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分のフィールド・墓地の水属性Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、このカードをデッキの一番上に戻す。

アダマシアの効果で特殊召喚された際、デッキから1枚ドローできます。

これだけでも使い勝手が良いですが、魔救の奇石-レオナイトなどでデッキトップに手札に引きたいカードを置いて起き、その後にアダマシアカードでこのカードを特殊召喚すればデッキトップに置いたカードを手札に持ってこれます。

魔救の奇石-ラプタイト

効果モンスター
星4/風属性/岩石族/攻 0/守2200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが「アダマシア」カードの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・墓地から岩石族モンスター1枚を選んでデッキの一番上に戻す。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分のフィールド・墓地の風属性Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、このカードをデッキの一番上に戻す。

アダマシアの効果で特殊召喚された際、手札もしくは墓地から岩石族モンスターをデッキトップに戻すことが出来ます。
デッキトップに戻した後、そのカードを魔救の奇跡-ラプタイトの効果などで特殊召喚することができます

魔救の奇石-レオナイト

効果モンスター
星4/炎属性/岩石族/攻 0/守2200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが「アダマシア」カードの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・墓地から「アダマシア」カード1枚を選んでデッキの一番上に戻す。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分のフィールド・墓地の炎属性Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、このカードをデッキの一番上に戻す。

魔救の奇石-ラプタイトとは違いアダマシアカードをデッキトップに戻すことができます。

アダマシアカードなのカードの種類は問わないので使い終わった魔救の息吹といった魔法・罠カードを戻せます。

特に魔救の息吹はターン制限がないので魔救の奇石-レオナイトで墓地からデッキトップに戻した後、魔救の奇跡-レオナイトの効果などで再度手札に加えれば再利用可能です。

アダマシアデッキで使い終わった魔救の息吹を魔救の奇石-レオナイトの効果でデッキトップに戻し、その後他のカードで手札に戻し、再度た魔救の息吹を使う一連の流れは展開する上で重要といえる強いです。

魔救の奇跡-ドラガイト

シンクロ・効果モンスター
星8/水属性/岩石族/攻3000/守2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中の岩石族モンスターの数まで相手フィールドのカードを選んで
持ち主の手札に戻す事ができる。
めくったカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。
(2):自分の墓地に水属性モンスターが存在し、
相手が魔法・罠カードの効果を発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

1の効果はデッキ上から5枚見て岩石族の数だけ相手フィールドのカードを選んで手札に戻す効果です。
「選んで」なので「対象」を取りません。なのでかなり強力なバウンス効果です。

2つ目は自分の墓地に水属性モンスターがいる場合相手の魔法・罠カードの効果発動を無効化できます。
妨害効果としては優秀でアダマシアであれば魔救の奇石-ドラガイトを活用して条件を満たすことになりそうです。

素材条件に縛りがないのでチューナーを採用している、デッキならば無理なく採用でき、水属性をメインに採用していなくても、たつのこやブリューナクといった水属性シンクロモンスターが墓地にいれば出すことできるので、これからのシンクロデッキで活用されそうな1枚です。

魔救の奇跡-ラプタイト

シンクロ・効果モンスター
星6/風属性/岩石族/攻2200/守2800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中から岩石族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚できる。
残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。
(2):相手ターンに、自分の墓地に風属性モンスターが存在する場合、
相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。

1の効果はデッキ上から5枚めくりそこから岩石族モンスターを1体特殊召喚する効果です。

デッキトップ操作をしていれば狙った岩石族モンスターが出せます。

2の効果は地味ですが相手の蘇生などを阻止することができます。

魔救の奇跡-レオナイト

シンクロ・効果モンスター
星6/炎属性/岩石族/攻2400/守2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中から「アダマシア」カード1枚を選んで手札に加える事ができる。
残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。
(2):相手ターンに、自分の墓地に炎属性モンスターが存在する場合、
自分の墓地の岩石族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

1の効果はデッキ上5枚を見てアダマシアカードを手札に加えることが出来ます。

加えるのはアダマシアカードなので魔救の息吹をサーチするこも可能です。

2の効果ですが相手のターンに岩石族モンスターを蘇生できます。

魔救の奇跡モンスターの1の効果狙いで蘇生した場合、タイミングは遅いですが効果を再利用できますし、墓地に魔救の奇跡-ドラガイトと水属性モンスターがいれば、魔救の奇跡-ドラガイトを蘇生して相手の行動に備えることも可能です。

相手のターンという都合上、相手のターンに動けるカードを蘇生したいところです。

魔救の息吹

通常魔法
(1):自分の墓地の岩石族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で「アダマシア」モンスターを特殊召喚した場合には、
さらにデッキからレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んでデッキの一番上に置く事ができる。

墓地の岩石族を蘇生するだけではなく、アダマシアモンスターを蘇生した場合、デッキからレベル4以下の岩石族モンスターをデッキトップに置くことが出来ます。

蘇生したモンスターは効果も無効にされず、場合によってはレベル4以下の岩石族を間接サーチ出来るのでかなり強いです。

更にアダマシアカードなので魔救の奇石-レオナイトなどの効果を上手く使えば、手札に回収可能です。

というか何故かターン1制限がないので回収できる手段がある限り使い回せます。

アダマシア・ラピュタイト

フィールド魔法
(1):自分フィールドの岩石族モンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「アダマシア」カードを5枚まで選び、
好きな順番でデッキの一番上に置く。

アダマシアのエンジン的存在。

アダマシアデッキにとってはこのカードがないと展開しづらいので、何としても手札に加えたい1枚。

アダマシアの展開をサポートするのはもちろん、シューティング・スター・ドラゴンとの相性も良好です。

魔救共振撃

カウンター罠
(1):自分フィールドに「アダマシア」Sモンスターが存在し、
モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

アダマシアカードであるため、手札に加えやすい妨害カード。

これと魔救の奇跡-ドラガイトが場にあれば。ある程度相手の動きに対応できるはずです。

魔救の救砕

通常罠
(1):自分フィールドの「アダマシア」モンスターを任意の数だけリリースし、
その数+1枚だけフィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

魔法・罠でも破壊可能なため、除去手段としては使いやすいです。

アダマシアと相性の良いカード

アダマシアと相性の良いカードを探している方はこちらをご覧ください。

 

遊戯王アダマシア(魔救)おすすめ相性の良いカード・テーマ(カテゴリ)
2020年3月7日で発売するデッキビルドパック シークレット・スレイヤーズで登場する新テーマ(カテゴリ)アダマシア(魔救)。 今回はおすすめのアダマシアと相性の良いカードやテーマを紹介します。 アダマシア(魔救)と相性の良いテーマ(...

アダマシアデッキ構築・回し方・展開考察

アダマシアチューナーは多めに採用

アダマシアデッキの基本の動きとしてアダマシアチューナーの効果の2の効果を使い、そこから魔救の奇石モンスターなどの岩石非チューナーを展開し、そこからアドを稼いでいきます。

そのためアダマシアチューナーは基本的に全種類採用した方が良いです。
特に先行1ターン目でも自らの効果で特殊召喚しやすいレベル2アダマシアチューナーはフル投入するべきでしょう。

アダマシア・ラピィタイトで展開補助

アダマシア・ラピィタイトはデッキトップに最大5枚までアダマシアカードを持ってくることが出来ます。

これを使えば、アダマシアチューナーの2の効果で狙ったアダマシアチューナーを出せたり、魔救の奇跡-レオナイトで好きなカードをサーチすることが可能となります。

またデッキトップを把握しているのでデーモンの宣告といったデッキトップを当てるタイプのカードも使いやすいです。

魔救の息吹1枚でレベル6シンクロモンスターをシンクロ召喚

魔救の息吹はアダマシアモンスターを蘇生した場合、デッキトップにレベル4以下の岩石族を置くことが出来ます。

蘇生モンスターに魔救の奇石-ドラガイトを選べば一気にレベル6シンクロまで繋げることが出来ます。

展開例

条件

手札に魔救の息吹

墓地に魔救の奇石-ドラガイト

まだ1の効果を使っていないレベル2アダマシアチューナーがいること。

展開方法

魔救の息吹で魔救の奇石-ドラガイトを蘇生

更にデッキトップにレベル2アダマシアチューナーを置く。

魔救の奇石-ドラガイトの1の効果でカードを1枚引く。

手札に来たレベル2アダマシアチューナーを自身の効果で特殊召喚。

後はレベル2アダマシアチューナーと魔救の奇石-ドラガイトを素材にレベル6シンクロモンスターをシンクロ召喚

この際、特殊召喚したレベル2アダマシアチューナーの2の効果を発動可能であれば、更なる展開も可能です

怒気土器で実質召喚権を増加

怒気土器は手札の岩石族を捨てることで捨てたカードと同じ属性・レベルの岩石族モンスターをリクルートできます。同じく属性・レベルなので捨てたカードと同名のモンスターもリクルートできます。

例えば手札に怒気土器と適当なアダマシアチューナーがいて召喚権が1つしかない場合、先に怒気土器を召喚し、その後に怒気土器の効果を発動し、手札からアダマシアチューナーを捨て同名のモンスターをリクルートする動きが可能です。

実質上召喚権を増やすような動きが出来るので、アダマシアデッキならばまず採用したい1枚です。

クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンを狙いに行く

レベル8クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンはモンスター効果1度のみ無効に出来る効果を持っています。

アダマシアデッキの場合、レベル6アダマシアシンクロモンスターとレベル2アダマシアチューナーで簡単に呼ぶことが出来ます。

無理なく呼ぶことが出来るので採用することをおすすめします。

シンクロドラカイト+クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンor魔救共振撃で相手を迎撃

これは11期における個人的に考える展開の終着点の1つです。

アダマシアではどうしても展開に運が絡みやすいですが、11期あればハリファイバー抜きで手札消費2枚で魔救の奇跡-ドラガイトとクリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンを並べることが可能です。

 

これにより相手のターンにモンスター効果無効1回、魔法・罠どちら1回無効が可能です。

手札にクリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンが無くても手札に引き込みやすい魔救共振撃があれば、同じような盤面が可能です。

1枚では展開しづらく、また運要素が強いので注意が必要

アダマシアの弱点としては墓地や場に何もない状態だと、カード1枚で展開しづらい点があります。

また手札に魔救の奇石モンスターばかりだとまず動けないので、魔救の奇石はデッキ構築の段階で投入枚数の調整は念入りに行いましょう。

 

上の項目でも触れましたがテーマの性質上仕方のないことですが、展開が運任せになりやすいです。

運が良いときはとにかく万全な盤面を構築できますが、運が悪いとアダマシアチューナーの1の効果で岩石族モンスターが何も特殊召喚できないなど、展開が止まることあります。

 

そのためデッキのモンスターは手札誘発枠以外は極力岩石族モンスターで固めたいです。