遊戯王カード考察

遊戯王次元融合殺の考察・評価・使い方

ストラクチャーデッキ混沌の三幻魔で登場する新たなカード次元融合殺。

 

その性能は混沌幻魔アーミタイルにとっては非常にありがたいカードです。

 

今回はその次元融合殺について考察と評価をしたいと思います。

次元融合殺の考察・評価

次元融合殺
通常魔法
(1):自分の手札・フィールド・墓地から、
「幻魔」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、
その融合モンスター1体をEXデッキから召喚条件を無視して特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
自分フィールドに「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれかが存在する場合、
このカードの発動に対して相手は効果を発動できない。

 

これまで出すことが非常に困難であった混沌幻魔アーミタイルを以前よりかは格段に出しやすくしてくれる1枚。

 

手札・フィールドはもちろん墓地からも融合素材にできる対応している墓地から融合が次元融合殺のもっとも評価できる部分であり、以前から「混沌幻魔アーミタイル」デッキで活躍していたE・HEROプリズマーはもちろん、三幻魔を墓地に送れるカードを活用しやすくなった。

 

また手札とフィールドからも素材に出来るため、融合徴兵といった融合素材をサーチできるカードや自身をリリースして三幻魔をリクルート暗黒の召喚神との相性も良い。ただし暗黒の召喚神の効果を使ったターンは攻撃できないが痛い。

 

次元融合殺で呼び出した幻魔融合モンスターは戦闘ダメージが0となるため、相手のターンに無力な混沌幻魔アーミタイルが仮に守備表示であったとしても、貫通ダメージを受けることがないです。

更にこのカードの効果発動時に三幻魔が場にいれば、相手にチェーンされないという素晴らしい無効化効果を持っている。

 

一見出すこと自体が難しい三幻魔を出している暇はないように見えるが、墓地に送ったカードと同名の効果を得られるプリズマーであればその条件を難なく満たすことが出来ます。

更にこのカードは「融合」カードであるため、捕食植物ダーリング・コブラなど「融合」カードをサーチできるカードで簡単に手札に持ってくることが出来ます。

 

このように非の打ちどころのない次元融合殺ですが、弱点としては融合素材が墓地以外から素材にしても除外される点です。地味に痛いデメリットであり、万一召喚した混沌幻魔アーミタイルが除去された場合再度素材を集める必要があるため、リカバリーが厳しいです。

 

なので失楽園などで混沌幻魔アーミタイルに耐性をしっかりと付与したいです。

次元融合殺の使い方

使い方としてはやはり混沌幻魔アーミタイルを呼ぶことです。混沌幻魔アーミタイルの効果と次元融合殺の耐性付与+失楽園があれば戦闘・効果破壊耐性、対象に取られないという素晴らしい耐性を得られます。

 

もっとも過信は禁物なので出来れば出したターンに相手を仕留めることを心がけたいです。

一方で出せるモンスターは「幻魔」融合モンスターなので一応幻魔帝トリロジーグも出せます。ただ失楽園のサポート対象外ですし、トリロジーグ自体素材の重さに対して効果がそこまで強くはないので無理して出す必要はないでしょう。