遊戯王 遊戯王カード考察

遊戯王黄金卿エルドリッチ相性の良いカード・効果考察

黄金卿エルドリッチ

デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズで収録される黄金卿エルドリッチが発表されました。

デッキビルドパックのカードにしてはどのデッキでも投入できる可能性を秘めた効果だったので驚きましたね。

なのでせっかくなので黄金卿エルドリッチの効果や相性の良いカードについて考察したいと思います。

黄金卿エルドリッチの効果・相性の良いカード考察

黄金卿エルドリッチ
効果モンスター
星10/光属性/アンデット族/攻2500/守2800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からこのカードと魔法・罠カード1枚を墓地へ送り、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地へ送る。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札に加える。
その後、手札からアンデット族モンスター1体を特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターは相手ターン終了時まで、
攻撃力・守備力が1000アップし、効果では破壊されない。

 

破壊しない除去効果

エルドリッチの1の効果ですが、コストして手札から自身と魔法・罠カードを墓地に1枚送ることで、種類を問わずフィールドのカード1枚を墓地に送ることが出来ます。

 

対象を取るので対象を取る効果に耐性を持っているカードには残念ながら除去が出来ませんが、一方で破壊せずに除去できるため、破壊耐性持ちにかなり強いカードです。

 

発動条件もこのカードと魔法・罠カードなので比較的緩い方です。メインから墓穴の指名者など魔法カードが入っていないほうが少ないので、コストに困ることは少ないです。

ただ2:1交換のため、アドバンステージ上ではこちらが損をするので除去するカードは念入りに選びたいです。

 

緩い条件で復活できる3500打点+耐性持ち

 

2の効果ですが自分フィールドの魔法・罠カードを墓地に送る代わりに手札から加えることができ、その後手札からアンデット族モンスターを特殊召喚できます。

もちろん自身もアンデット族なので特殊召喚可能です。

 

更にこの効果で特殊召喚したモンスターは相手のターン終了時まで攻撃力・守備力が1000アップし、効果破壊耐性が付与されるおまけつきです。

 

なのでエルドリッチを特殊召喚すれば、相手のターン終了時まで攻撃力3500破壊耐性付きという、お手軽アタッカーの完成です。

 

1の効果と違い、フィールドから魔法・罠を送る必要があるので、汎用性は薄まりますが、永続魔法・罠を多用するテーマであれば問題ないでしょう。

 

魔法・罠を多く採用するテーマならば単体で出張できる。ランク10デッキにも

 

黄金卿エルドリッチは効果から分かる通り別にアンデット族デッキのみで活躍できるわけではないです。

 

むしろ汎用性が高いのでウィッチクラフトや魔導書といった魔法・罠を多用するテーマとの相性もそれほど悪くはないです。

 

ウィッチクラフトの魔法カードのは条件を満たせば自分エンドフェイズに手札に加わるか、もしくはフィールドに置く効果なので黄金卿エルドリッチの効果を最大限活用できるデッキです。

 

他には永続魔法・罠をデッキの特性上多用するアドバンス真竜で採用すると1の効果コストだけではなく、2の効果のコストも確保しやすいです。

 

また特殊召喚が比較的容易なレベル10モンスターなので、ランク10デッキに出張するのも良さげです。