遊戯王

遊戯王ドラグーンへの対策カードや倒し方

現在の環境の顔になりつつある融合モンスター「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」(以下ドラグーン)

 

強力な耐性に、素材にした通常モンスター分だけ相手のフィールドモンスターを破壊できるバーンまで付いた破壊効果に、1ターン1度あらゆるカードを無効化可能と、あらゆる強力な効果を内蔵しています。

 

これだけでも厄介ですが「捕食植物・プランツヴェルテ・アナコンダ」や「ドロドロゴン」などの存在によって出張することが可能であり、あらゆるデッキから見掛ける可能性が高いです。

また強力な効果の割には蘇生制限がなく、ドラグーン自体も蘇生手段が豊富なことがあり、正に侮れなカードです。

 

今回はそんなドラグーンを突破しやすい対策カードや倒し方について私なりにまとめてみました。

超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズのステータス・効果

超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ
融合・効果モンスター
星8/闇属性/魔法使い族/攻3000/守2500
「ブラック・マジシャン」+「真紅眼の黒竜」またはドラゴン族の効果モンスター
(1):このカードは効果の対象にならず、効果では破壊されない。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、
その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
この効果は1ターン中に、このカードの融合素材とした通常モンスターの数まで使用できる。
(3):1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、手札を1枚捨てて発動できる。
その発動を無効にして破壊し、このカードの攻撃力を1000アップする。

ドラグーン対策カード・倒し方

超融合 おすすめ度3

速攻魔法
このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
自分・相手フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

超融合は効果発動時に他のあらゆる効果は発動できないため、ドラグーンの無効効果をすり抜けることができ、対象を取らず破壊しないまま、融合素材に出来るため、あっさりとドラグーンを突破することが可能です。

 

融合先モンスターとしてはドラグーンと同じ闇属性であり、闇属性×2体で融合できる「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」がいいでしょう。

 

こちら側の素材である闇属性も現在ならばリンクモンスターで簡単に調達できるはずです。

難点としては超融合の手札消費が決して無視できないことと、融合先モンスターを仕込むことによってEXデッキ枠を1つ消耗することです。

 

現代遊戯王においてEX枠がカツカツというデッキは多く、EX枠を消耗する欠点は大きいです。

また超融合は2020年1月のリミットレギュレーションで準制限と、対策カードとしてはフルに積めないこともあり、おすすめ度は3としました。

浮幽さくら おすすめ度3

チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、
このカードを手札から捨てて発動できる。
自分のEXデッキのカード1枚を選んでお互いに確認する。
その後、相手のEXデッキを確認し、
選んだカードの同名カードがある場合、その相手の同名カードを全て除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

ドラグーンは蘇生手段が豊富なため、フィールドから墓地に送られても簡単に蘇生される可能性が高いです。

なのでドラグーンを除外したいところですが、「浮幽さくら」であればドラグーンが出される前限定ですが、相手のEXデッキから直接除外できます。

 

今回紹介している対策カードの中では決まった際のメリットとしてはもっとも大きいです。

ただし既に出されているドラグーンには無策であることと、こちらもドラグーンを採用していることが対策条件となります。

 

特に場に出ているドラグーンには無意味なため、これ1枚で完全に対策し切れない点が痛いです。

時戒神カミオン おすすめ度3

効果モンスター
星10/地属性/天使族/攻0/守0
このカードはデッキから特殊召喚できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):このカードは戦闘・効果では破壊されず、
このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
(3):このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に発動する。
相手フィールドのカード1枚を選んで持ち主のデッキに戻し、
相手に500ダメージを与える。
この効果の発動に対してカードの効果は発動できない。
(4):自分スタンバイフェイズに発動する。
このカードを持ち主のデッキに戻す。

召喚権を使うことが多いですが、カミオンの3の効果でこのカードが戦闘したバトルフェイズ終了時に、「選んで」相手のカード1枚をデッキに戻すことが出来ます。

 

「選んで」であるため、対象を取らないためドラグーンの「対象にはならない」を突破でき、さらにこの効果に対して相手は効果を発動されないのでドラグーンに無効化される心配がありません。

またドラグーンを墓地送りではなく、EXデッキに戻すため安易な蘇生をさせないため、ドラグーンを再度召喚されるにしても手間が掛かるのもおすすめなポイントです。

 

先ほどもいいましたが召喚権を切ることが多いので、万能な対策カードではないですが、召喚権があまりがちなデッキやレベル10軸のデッキならば採用する価値はあると思います。

懐獣モンスター おすすめ度4

懐獣モンスターの多くは共通効果として、相手場のモンスターをリリースすることで相手の場に特殊召喚できます。

懐獣モンスターは耐性を持ったモンスターへの定番対策カードですが、もちろんドラグーンにも有効です。

 

殆どのデッキに組み込みやすくおすすめですが、ドラグーンをリリースしたターンに決着を付けないと次のターンに墓地のドラグーンを再利用される可能性があるので注意です。

冥王結界波 おすすめ度3

通常魔法
このカードの発動に対してモンスターの効果は発動できない。
(1):相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。

そのターンの相手へのダメージが0になる代わりに、そのターンの相手フィールドのモンスター効果を全て無効にするカードです。

発動時にモンスター効果はチェーンできないため、無効化される心配がないので安心して発動できます。

 

あくまでモンスター効果は無効化されるだけなので、別にドラグーンを処理できるカードを用意必要があります。

 

またそのターン相手へのダメージは0になるので、次のターン相手に巻き返されない盤面作りが必要です。