遊戯王デッキ考察

遊戯王「深海海皇水精鱗」デッキの展開・回し方・デッキレシピ

今回は遊戯王の深海モンスターを採用した「深海海皇水精鱗」を作成したのでその展開や回し方やデッキレシピを紹介します。

 

デッキコンセプト

 

デッキのコンセプトはわざわざタイトルに深海と付いてある通り深海モンスターを活用します。

普段から海皇水精鱗で採用されている深海のディーヴァ以外にも「ETERNITY CODE」で登場した他の深海モンスターも採用しています。(厳密には「深海」はカテゴリではないのは内緒で)

 

今回はその深海モンスターの中でも深海姫プリマドーナを最大限活用することに重きを置いています。

深海姫プリマドーナの1の効果は相手の除外されているカードを相手の手札に戻す代わりにデッキからレベル4以下の水属性モンスターをサーチもしくはリクルートできます。

 

効果を発動するには相手のカードが除外されている必要があるので、深海のセントリーや深海のミンストレルで相手の手札を除外しながら、深海姫プリマドーナをシンクロ召喚を狙います。

 

あくまで今回は深海モンスターと深海姫プリマドーナに重きを置いているので、通常の海皇水精鱗よりは展開失敗時のリスクが大きく、展開力が低下しているのは予めご了承ください。

 

デッキレシピ

 

メイン

モンスター
深海のセントリー 1
深海のディーヴァ 2
深海のアーチザン 1
深海のミンストレル 1
海皇の竜騎隊 3
海皇の重装兵 1
海皇の狙撃兵 1
海皇子 ネプトアビス 2
水精鱗-メガロアビス 1
水精鱗-ディニクアビス 3
水精鱗-アビスディーネ 1
暗黒の海竜兵 1
星杯を戴く巫女 1
彩宝龍 1
レクンガ 1
ホワイトローズ・ドラゴン 1
レッドローズ・ドラゴン 1
ジェット・シンクロン 1
灰流うらら 2
増殖するG 3
エフェクト・ヴェーラー 2

魔法
ワン・フォー・ワン 2
星遺物を継ぐもの 1
深海のアリア 3
抹殺の指名者 2
墓穴の指名者 2
アビスケイル-ミヅチ 1
冥王結界波 1


無限泡影 1

EX
リンク・スパイダー 1
I:Pマスカレーナ 1
鎖龍蛇-スカルデット 1
双双穹の騎士アストラム 1
召命の神弓-アポロウーサ 1
プロキシー・ドラゴン 1
幻獣機アウローラドン 1
水晶機巧-ハリファイバー 1
ヴァレルエンド・ドラゴン 1
たつのこ 1
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン 1
ヴァレルロード・S・ドラゴン 1
PSYフレームロード・Z 1
深海姫プリマドーナ 1
星杯の神子イヴ 1

 

主な採用カードの紹介

 

深海のセントリー

 

水属性モンスターの効果を発動する際に手札から捨てられた場合、エンドフェイズまで相手に手札を1枚除外させるハンデス効果を持ちます。

今回の軸であるプリマドーナの1の効果を満たすためのキーカードその1です。

セントリーの効果を満たす方法としては水精鱗-メガロアビスや水精鱗-ディニクアビスの効果発動時に捨てるのが一番簡単です。

レベル3であるため深海のアリアで簡単にサーチも可能です。

 

深海のミンストレル

 

プリマドーナの1の効果を満たすためのキーカードその2です。

セントリーと違い、自身の効果で能動的に相手のカードエンドフェイズまでハンデスが出来ます。

ハンデスの効果の内容としては手札の自身と水属性モンスター1体を捨てることでエンドフェイズまで相手の手札をこちらが選んで除外します。

 

ハンデスのコストとしては重いですが一緒に捨てるカードを海皇の竜騎隊にすればアド損を少なくできます。

基本的にこのデッキでは一緒に海皇の竜騎隊を落とし、海皇の竜隊の効果でデッキからディーヴァをサーチし、そこから更に展開を広げていきます。

 

深海のアーチザン

 

ピーピング効果と特殊召喚時に墓地のレベル4以下の海竜族を蘇生できる効果を持っています。

このデッキで使うのは蘇生時効果のみです。主に深海のディーヴァからリクルートして蘇生を狙います。

またレベル1であるためプリマドーナとシンクロすることでレベル8ヴァレルロード・S・ドラゴンを呼ぶことが可能です。

 

深海姫プリマドーナ

 

このデッキの主役ともいえる存在。

1の効果であるサーチorリクルート効果はレベル4以下の水属性モンスターと範囲が広いですが、今回は墓地の水属性と引き換えにトークンを生み出せるレクンガを採用。

またレベル7チューナーであるため、レクンガをリクルートした後は適当なレベル1とシンクロしてヴァレルロード・S・ドラゴンを呼ぶか、ハリファイバーを呼ぶのが主な動きです。

 

レクンガ

 

このデッキの影の主役。

墓地の水属性モンスター2枚を除外して、トークンを1体生成してくれる。

ターン1制限はないので墓地のリソースが尽きない限りいくらでもトークンを生成可能。

ただし除外は再利用しづらいので、ハイリスク・ハイリターンの効果でもあるので注意。

 

回し方・展開考察

 

デッキの主な動かし方

 

このデッキは冒頭で上げている通り、プリマドーナの効果を使うことに重きを置いています。

基本の動きは同一ターン内に相手の手札を除外し、プリマドーナを召喚しレクンガトークンを生成し展開していきます。

基本的に先行の場合はアポロウーサやヴァレルロード・S・ドラゴンや魔法を無効にする装備カードミヅチを装備した水精鱗モンスターなどで場を制圧します。

 

後攻の場合は手札誘発で凌ぐか、誘発を回避しつつ展開していきます。場合によってはこちらのターンが回ってきた後に冥王結界波で相手モンスターの効果を無効化した後に相手モンスターを処理していきます。

 

プリマドーナを出さない展開もありますが、どの展開においても召喚権を切って深海のディーヴァのリクルート効果は展開する上では必要不可欠です。

 

そのためディーヴァにヴェーラーなどの手札誘発を当てられて動きを止められると展開が止まりやすいのが弱点です。

対抗策としてうららやヴェーラーを回避するために、抹殺の指名者や墓穴の指名者を4枚採用しています。

 

レクンガで大量展開!

 

このデッキの肝であるレクガンのトークン生成からの大量展開

墓地にリソースが必要ですが、リンクモンスターとの相性は抜群です。

基本的に墓地に水属性モンスターが8体あれば、レクンガと合わせてリンク5まで繋げることが出来ます。

 

プリマドーナの効果でリクルートするのが基本的な出し方ですが、手札に来た際も召喚権が余っている状態で墓地に水属性モンスター溜まっていればそこから、展開することも一応可能です。

 

また元から手札にある状態で召喚権を切っている場合でもスカルデットを採用しているので展開力のあるこのデッキならば無理やりスカルデットを召喚し、手札からレクンガを特殊召喚することが可能です。

 

レクンガなしの動きについて

 

このデッキは展開力がある海皇水精鱗をベースに作られているので、レクンガなしでもある程度展開可能です。ただしEXデッキをプリマドーナを軸に構成しているので、上記で少し触れている通り、通常の海皇水精鱗よりかは展開力は落ちています。

 

展開ルートの紹介

ここからは実際にプリマドーナを使用した展開ルートと使わない展開ルートを紹介したいと思います

※EXモンスターゾーンは原則として左側を使用

深海姫プリマドーナを活用したルート

ワン・フォー・ワン1枚+モンスターカード1枚からの展開

最終盤面
効果破壊耐性持ちのアストラム+リンク2装備のヴァレルロード・S・ドラゴン+ATK2400アポロウーサ

必要手札
ワン・フォー・ワン1枚+モンスターカード1枚

展開方法

モンスターカード1枚を捨て、ワン・フォー・ワンを発動

デッキからネプトアビスをリクルート

ネプトアビスの1の効果を発動し、デッキから海皇の竜騎隊を落とし、海皇の竜騎隊をサーチ。

墓地に落ちた海皇の竜騎隊の効果でデッキから深海のミンストレルをサーチ

海皇の竜騎隊と深海のミンストレルを捨てミンストレルの1の効果を発動

相手の手札を1枚除外

墓地に送られた海皇の竜騎隊の効果でデッキから深海のディーヴァをサーチ

深海のディーヴァを通常召喚

深海のディーヴァの召喚時の効果でデッキから深海のアーチザンをリクルート

深海のアーチザンの特殊召喚時効果で墓地から海皇の竜騎隊を蘇生

深海のディーヴァとネプトアビスをリンク素材にハリファイバーを

ハリファイバーのリンク召喚時効果でデッキからレッドローズ・ドラゴンをリクルート

レッドローズ・ドラゴンと海皇の竜騎隊をシンクロ素材に深海姫プリマドーナをハリファイバーの左斜め下にシンクロ召喚

レッドローズ・ドラゴンがS素材として墓地に送られた際の効果でデッキからホワイトローズ・ドラゴンをリクルート

プリマドーナの1の効果でデッキからレクンガをリクルート

レクンガの効果で墓地から水属性を2体除外しレクンガトークンを1体生成

ホワイトローズ・ドラゴンとレクンガトークンをリンク素材にI:Pマスカレーナをハリファイバーの右斜め下にリンク召喚

ハリファイバーとマスカレーナをリンク素材にアストラムをEXモンスターゾーンにリンク召喚

プリマドーナと深海のアーチザンをシンクロ素材にヴァレルロード・S・ドラゴンをアストラムの左斜め下にシンクロ召喚

ヴァレルロード・S・ドラゴンのシンクロ召喚時効果で墓地からマスカレーナを装備
※ハリファイバーを装備すると展開する上で必要なレクンガトークンを必要数生成出来なくなります。

レクンガの効果で合計3体のレクンガトークンを生成(水属性モンスター6体を除外)

レクンガトークン2体をリンク素材にアストラムの右斜め下にプロキシー・ドラゴンをリンク召喚

レクンガトークン1体をリンク素材にプロキシー・ドラゴンの右にリンク・スパイダーをリンク召喚

レクンガ、リンク・スパイダー、プロキシー・ドラゴンをリンク素材にアポロウーサをリンク召喚

 

ディーヴァと深海のアリアからの展開

最終盤面 

最終盤面ATK2400のアポロウーサ+リンク2ヴァレルロード・S・ドラゴン+相手の魔法強制無効のミヅチ装備のメガロアビス

必要手札 

ディーヴァ、深海のアリア

展開方法

ディーヴァ通常召喚。召喚時効果でネプトアビスをリクルート

デッキから海皇の竜騎隊を送りネプトアビスの1を発動し、デッキから海皇の竜騎隊をサーチ。

墓地に落とされた海皇の竜騎隊の効果でメガロアビスをサーチ。

墓地の海皇の竜騎隊を除外し、深海のアリアを発動。デッキから深海のセントリーをサーチ

メガロアビスの1の効果で深海のセントリーと海皇の竜騎隊を手札から捨て、メガロアビスを特殊召喚。

墓地に落とされた海皇の竜騎隊の効果でデッキからレベル4海竜族の暗黒の海竜兵をサーチ

メガロアビスの1の効果の特殊召喚成功時でデッキからアビスケイル-ミヅチをサーチ。

墓地に落とされたセントリーの効果で相手は手札を1枚除外

ネプトアビスとディーヴァを素材にEXモンスターゾーンにたつのこをシンクロ召喚

たつのことたつのこの効果で手札の暗黒の海竜兵を素材にEXモンスターゾーンにプリマドーナをシンクロ召喚

プリマドーナの1の効果で除外されている相手のカードを手札に戻し、デッキからレクンガをリクルート

レクンガの効果で墓地の水属性モンスターを2枚除外し、レクガントークン1体を生成

プリマドーナとレクンガトークンを素材にEXモンスターゾーンにハリファイバーをリンク召喚

ハリファイバーのリンク召喚時効果でデッキからレッドローズ・ドラゴンをリクルート

レクンガの効果で墓地の水属性モンスターを2枚除外し、レクガントークン1体を生成

レクンガトークンとレッドローズ・ドラゴンで星杯の神子イヴをシンクロ召喚

レッドローズ・ドラゴンのシンクロ素材として墓地に送られた際に発動する効果でデッキからホワイトローズ・ドラゴンをリクルート

星杯の神子イヴのシンクロ召喚時効果でデッキから星遺物を継ぐものをサーチ

ハリファイバーと神子イヴとホワイトローズ・ドラゴンを素材にアポロウーサをEXモンスターゾーンにリンク召喚

墓地に送られた神子イヴの効果で星杯を戴く巫女をリクルート

星遺物を継ぐもので墓地からディーヴァを蘇生

ディーヴァとレクンガと星杯を戴く巫女を素材にアポロウーサの左斜め下にヴァレルロード・S・ドラゴンをシンクロ召喚

ヴァレルロード・S・ドラゴンの効果で墓地からハリファイバーを装備

手札のミヅチをメガロアビスに装備

 

プリマドーナを使わない展開

ディニクアビス、海皇の竜騎隊、適当なカード1枚からの展開

必要手札 

水精鱗-ディニクアビス、海皇の竜騎隊、適当なカード1枚

最終盤面 

最終盤面 最終盤面ATK2400のアポロウーサ+リンク2ヴァレルロード・S・ドラゴン+相手の魔法強制無効のミヅチ装備のメガロアビス

展開方法

海皇の竜騎隊を捨て水精鱗-ディニクアビスの効果を発動し、ディニクアビスを特殊召喚

ディニクアビスの効果でデッキからアビスディーネをサーチ

墓地に送られた海皇の竜騎隊の効果でデッキからディーヴァをサーチ

ディーヴァを通常召喚し、召喚時効果でデッキからネプトアビスをリクルート

デッキから海皇の竜騎隊を墓地に落とし、ネプトアビスの1の効果を発動。デッキから海皇の竜騎隊をサーチ

墓地に落とした海皇の竜騎隊の効果でデッキからメガロアビスをサーチ

アビスディーネと海皇の竜騎隊を墓地に送り、メガロアビスの効果を発動し、メガロアビスを特殊召喚

メガロアビスの効果でデッキからミヅチをサーチ

墓地に送られた海皇の竜騎隊の効果で彩宝龍をサーチ

手札に加わった彩宝龍の効果で手札から彩宝龍を特殊召喚

ネプトアビスと彩宝龍を素材にハリファイバーをEXモンスターゾーンにリンク召喚

ハリファイバーの効果でジェット・シンクロンをリクルート

ジェット・シンクロン、ハリファイバー、ディーヴァを素材にEXモンスターゾーンにリンク召喚

手札を1枚捨て墓地からジェットシンクロンを蘇生

ジェットシンクロンとディニクアビスを素材にヴァレルロード・S・ドラゴンをシンクロ召喚

ヴァレルロード・S・ドラゴンのシンクロ召喚時効果で墓地のハリファイバーを装備

手札のミヅチをメガロアビスに装備

 

デッキ改良案

 

このデッキは現状誘発枠などの汎用枠が10枚あります。

この汎用枠を減らせばドロー系カードなども入れやすくなりますが、それだと色々と妨害関連で苦しくなるので悩ましいところです。

 

現状デッキ枚数が43枚なので出来れば40枚まで減らしたいです。

またプリマドーナのリクルート先で今回は採用を見送りましたが、レベル4水属性、豪雨の結界像も有力な候補です。

 

豪雨の結界増は互いの水属性以外の特殊召喚を禁じる強力な制圧効果持ちです。

なので採用すれば強固な盤面作りが出来るのですが、こちらも水属性以外展開できなくなるので、展開が鈍りやすいです。水属性はリンク4に強力なリンクモンスターが殆どおらず、このデッキで呼びやすいレベル8シンクロモンスターの選択肢も少ないです。(3月になれば魔法・罠を無効に出来る魔救の奇跡-ドラガイトが出るのでこの問題は多少解消されます)

 

個人的には豪雨の結界像を出すが盤面作りの意味合いではベストと思っているので、今後は豪雨の結界像を採用した深海デッキを作っていきたいところです。

 

コメント