遊戯王

遊戯王「黄金卿」「エルドリッチ」「エルドリクシル」と相性の良いカードやテーマ(カテゴリ)

黄金卿エルドリッチ

複数のカテゴリで構成されているため記事タイトルが少し厄介なことになっていますが、今回はデッキビルドパック シークレット・スレイヤーズに収録される「黄金卿」「エルドリッチ」「エルドリクシル」と相性の良いテーマやカードを紹介します。

 

また前置きとして今回のテーマはアンデット族のテーマとは大抵相性が良いですが、その中でも個人的に相性が良かったテーマ+相性の良いカードを紹介します。

相性の良いテーマ

ヴァンパイア

アンデット族で構成されるテーマ。

もちろんシナジーがあり、紅き血染めのエルドリクシル、黒き覚醒のエルドリクシルでデッキからヴァンパイアモンスターをリクルート可能です。

 

特に特殊召喚時にヴァンパイア魔法・罠カードをデッキからサーチできるヴァンパイアの眷属、ヴァンパイアモンスターをデッキからサーチ可能なヴァンパイアの使い魔は、リクルート対象としておすすめです。

 

また発動後モンスターとなる黄金卿永続罠カードはヴァンパイア・デザイアの蘇生効果使用時にフィールドに送るモンスターとしても使用すれば比較的容易に墓地に送ることが可能です。

主に相性の良いヴァンパイアカード

ヴァンパイアの使い魔

効果モンスター
星1/闇属性/アンデット族/攻 500/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、500LPを払って発動できる。
デッキから「ヴァンパイアの使い魔」以外の「ヴァンパイア」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する場合、手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、
「ヴァンパイア」カード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

ヴァンパイアの眷属

効果モンスター
星2/闇属性/アンデット族/攻1200/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、500LPを払って発動できる。
デッキから「ヴァンパイア」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する場合、手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、
「ヴァンパイア」カード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

ヴァンパイア・デザイア

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルと異なるレベルを持つ「ヴァンパイア」モンスター1体をデッキから墓地へ送る。
対象のモンスターのレベルは、ターン終了時まで墓地へ送ったモンスターと同じになる。
●自分の墓地の「ヴァンパイア」モンスター1体を対象として発動できる。
自分フィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送り、対象のモンスターを特殊召喚する。

魔妖

メインデッキに投入できる魔妖モンスターは共通効果として、「このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分は「魔妖」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない」という厳しい制約を持っています。

 

一方でメインデッキからの特殊召喚には何の制約もないため、安心して黄金卿エルドリッチを混ぜることができます。

 

特殊召喚時に効果を発揮するモンスターも多く、デッキからアンデット族モンスターをリクルートできる紅き血染めのエルドリクシル、黒き覚醒のエルドリクシと相性が良いのはもちろん、シンクロテーマであるため、モンスター扱いの黄金卿罠カードをシンクロ素材に変えることも可能です。

主に相性の良い魔妖カード

翼の魔妖-波旬 

効果モンスター
星1/風属性/アンデット族/攻 600/守 400
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「翼の魔妖-波旬」以外の「魔妖」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分は「魔妖」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

轍の魔妖-俥夫

効果モンスター
星3/地属性/アンデット族/攻1200/守 400
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
「轍の魔妖-俥夫」以外の自分の墓地の「魔妖」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分は「魔妖」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

相性の良いカード

牛頭鬼

効果モンスター
星4/地属性/アンデット族/攻1700/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送る。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地から「牛頭鬼」以外のアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。
手札からアンデット族モンスター1体を特殊召喚する。

 

デッキからアンデット族を墓地に送れるカードその1。

落とす対象はもちろん黄金卿エルドリッチです。

利点は自分のメインフェイズでの発動のため、堕ち武者と比べると発動できるタイミングが広いです。

2の効果もアンデット族デッキであれば腐る利点は少ないはず。

ユニゾンビ

チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻1300/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
手札を1枚捨て、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。
(2):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送り、対象のモンスターのレベルを1つ上げる。
この効果の発動後、ターン終了時までアンデット族以外の自分のモンスターは攻撃できない。

 

似たような効果を持つ牛頭鬼よりかはチューナーであるため、採用する利点は多いです。

堕ち武者

効果モンスター
星4/闇属性/アンデット族/攻1700/守 0
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送る。
(2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「堕ち武者」以外のレベル4以下のアンデット族モンスター1体を特殊召喚する。

 

上2体と比べると召喚時限定であるため、紅き血染めのエルドリクシル、黒き覚醒のエルドリクシルでリクルートしてもデッキから墓地に送れないため、採用順位は低めです。

グローアップ・ブルーム

チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/アンデット族/攻 0/守 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキからレベル5以上のアンデット族モンスター1体を手札に加える。
フィールドゾーンに「アンデットワールド」が存在する場合、
手札に加えず特殊召喚する事もできる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はアンデット族モンスターしか特殊召喚できない。

 

墓地に送られた際に、レベル5以上のアンデット族モンスターをサーチ可能で、アンデットワールドがあれば更に特殊召喚も可能。

もちろん黄金卿エルドリッチもサーチできます。

黄金卿エルドリッチ関連のカードで2020年2月11日現在フィールド魔法は発表されていないのでアンデットワールドも無理なく採用することができます。

 

おろかな副葬

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。

 

墓地で発動することが多いこのテーマとの相性はとても良く、真っ先に採用を考えても良いカード。

 

番外編 相性が良いかもしれないテーマ

真竜

永続魔法呪われしエルドランド、永続罠黄金卿カードがあるため、永続魔法・永続罠をリリースしてアドバンス召喚できる真竜とは一応シナジーは存在します。

 

エルドリクシルカードは墓地から除外することで黄金卿魔法・罠をセットすることができるので真竜のリリース先にも困ることも少ないです。

 

黄金卿エルドリッチ単体で考察した際は、アドバンス真竜との相性は良いとは書きました。ただテーマ全体として見た場合は黒き覚醒のエルドリクシル、白き宿命のエルドリクシルなどの発動後の特殊召喚制約があるため、真竜騎将Ⅲ世や真竜皇の復活といった特殊召喚する「真竜」カードと相性が悪いので、相性が良いかもしれないテーマとして紹介しました。

 

個人的には面白い組み合わせだと思うのでそのうち「黄金卿真竜」を作成したいと思います。

 

コメント