遊戯王カード考察

深海の都マガラニカ考察 シーラカンスがかなり出しやすくなりました!【遊戯王】

ライズ・オブ・ザ・デュエリストで「深海の都マガラニカ」の収録が決まりました。

深海と名がついていますが海竜族サポートではなく、水属性をサポートするカードとなっています。

 

これがあの超古深海王シーラカンスの強化に繋がっているように感じたので今回は深海の都マガラニカとシーラカンスを絡めた考察をしたいと思います。

深海の都マガラニカの効果

フィールド魔法
このカード名はルール上「海」として扱う。
(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから水属性モンスター1体を選んでデッキの一番上に置く事ができる。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの水属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのレベルをターン終了時まで1つまたは2つ上げる。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに、自分が水属性Sモンスターの特殊召喚に成功した場合に発動できる。相手の手札を確認し、その中からカード1枚を選んでエンドフェイズまで表側表示で除外する。

シーラカンスを呼ぶ手段が増えました!

 

深海の都マガラニカは発動時の効果処理としてデッキから水属性モンスターを1体デッキ上に置くことができます。

この一文を見たとき「海竜族モンスターの間違いじゃない?」と一瞬思いました。

いくら何でも範囲が広すぎますからね(笑)

 

デッキトップに置きたいモンスターは多くいますがその中でもおすすめしたいのが出せばゲームエンド級の盤面を構築することが可能な超古深海王シーラカンスです。

 

超古深海王シーラカンス
効果モンスター
星7/水属性/魚族/攻2800/守2200
(1):1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。
デッキからレベル4以下の魚族モンスターを可能な限り特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃宣言できず、効果は無効化される。
(2):フィールドのこのカードを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカード以外の自分フィールドの魚族モンスター1体をリリースして発動できる。
その効果を無効にし破壊する。

 

これまでサーチする手段が限られていましたが深海の都マガラニカによって間接的ですがサーチ手段を手に入れました。

深海の都マガラニカでシーラカンスをデッキトップに置いた後に成金ゴブリンなどでドローすればシーラカンスを手札に引き込むことができます。

ただし手札に持ってきても出す手段がないと無意味です。

その場合、モンスターゲートを使えば無駄がありません。

 

モンスターゲート
通常魔法
(1):自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
通常召喚可能なモンスターが出るまで自分のデッキの上からカードをめくり、
そのモンスターを特殊召喚する。
残りのめくったカードは全て墓地へ送る。

 

深海の都マガラニカでシーラカンスをデッキトップに持ってきた後、適当なモンスターをリリースしモンスターゲートを発動。後はデッキトップ上のシーラカンスをめくり特殊召喚するだけです。

とはいえ深海の都マガラニカはまだ制限カードとはいえテラ・フォーミングでサーチ可能ですがモンスターゲートはサーチが非常に困難なのでこのコンボは少し使いづらいです。

そこでおすすめしたいのが鎖龍蛇-スカルデット

 

鎖龍蛇-スカルデット
リンク・効果モンスター
リンク4/地属性/ドラゴン族/攻2800
【リンクマーカー:上/左下/下/右下】
カード名が異なるモンスター2体以上
(1):このカードは、このカードのリンク素材としたモンスターの数によって以下の効果を得る。
●2体以上:このカードのリンク先にモンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動する。
そのモンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
●3体以上:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札からモンスター1体を特殊召喚する。
●4体:このカードがリンク召喚に成功した時に発動できる。
自分はデッキから4枚ドローし、その後手札を3枚選んで好きな順番でデッキの下に戻す。

 

水精鱗海皇など展開力のある水属性デッキならば呼ぶことは決して難しくない方法です。

スカルデットを絡めたシーラカンスの出し方ですが、まずフィールドにカード名の違うモンスターを4体並べます。

 

そして深海の都マガラニカを発動し、デッキトップにシーラカンスを持ってきてからスカルデットをリンク召喚。

 

4体素材にしたのでスカルデットのリンク召喚時効果でデッキから4枚ドローし、引いたシーラカンス以外のカードを3枚デッキの下に戻します。

 

そして3体以上を素材にした際の効果で手札からシーラカンスを特殊召喚します。

これだとモンスターゲート使用時よりかは大分シーラカンスを出しやすくなったと思います。

レベル上昇効果はシンクロ召喚でかなり有効

シーラカンスでは魚族のチューナーも、もちろんリクルートできるので2のレベル上昇効果はかなり有効です。他にもエクシーズにも応用できます

もちろんシーラカンスを使わない普通の水属性デッキでも十分に活用できます。

3の効果は実質上深海姫プリマドーナ強化

3の効果ですが実質深海姫プリマドーナの1の効果条件を満たすためといえます。

 

遊戯王「深海姫プリマドーナ」相性の良いカードや展開考察
2020年1月1日発売の遊戯王OCGパック「ETERNITY CODE」で登場する深海モンスターの1体深海姫プリマドーナ。 1の効果は条件こそありますが、デッキからレベル4以下の水属性モンスターをリクルートorサーチできる強力な効果で...

 

この3の効果によって深海姫プリマドーナを出すまでの途中にあえて相手のカードを除外させる必要がなくなりました。

深海のディーヴァ1枚から深海姫プリマドーナは簡単に出せるので、深海デッキにとっては有難い強化です。

とりあえず以前作った深海水精鱗海皇デッキを深海の都マガラニカを採用した上で11期仕様に作り直さなければ。

コメント

  1. 匿名 より:

    デットリーフで直接シーラカンス落とせるようになったのも追い風