遊戯王

遊戯王ジャンク・スピーダーは禁止になる?相性の良いカードや出し方も考察

現在、2020年4月からの新マスタールール改訂注目を集めているカードジャンク・スピーダー。

その期待度からかなり高騰しています。ただその一方であまりの強力さから禁止を危惧する声もあります。

そこで今回は改訂後のジャンク・スピーダーとの相性の良いカードの紹介や禁止になるかを考えたいと思います。

ジャンク・スピーダーの出し方

「ジャンク・スピーダー」の出し方ですが、ジャンドならば「ジャンク・シンクロン」で適当なレベル2モンスターを蘇生して出すのが、もっとも簡単です。

その「ジャンク・シンクロン」のサーチとしては調律や増援、「ジャンク・コンバーター」があります。

 

特に「ジャンク・コンバーター」の場合、自身がレベル2であるため「ジャンク・シンクロン」で蘇生することで、そのままジャンク・スピーダーに繋げられます。

 

ただしその場合、「ジャンク・スピーダー」の効果でシンクロン・チューナーを出すと非チューナーは「ジャンク・スピーダー」だけとなるので、展開が鈍ってしまいます。

 

あらかじめ手札にモンスターが蘇生した際に、手札から特殊召喚できる「ジャンク・ウォリアー」を持っておくか、シンクロンモンスターの召喚権を増やせる「シンクロン・キャリアー」をあらかじめ出して置くなど、「ジャンク・スピーダー」を出す前に非チューナーは1体用意しておきたいです。

シンクロン・キャリアー

効果モンスター
星2/地属性/機械族/攻 0/守1000
「シンクロン・キャリアー」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズに「シンクロン」モンスター1体を召喚できる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在し、
このカード以外の「シンクロン」モンスターが
戦士族または機械族SモンスターのS素材として自分の墓地へ送られた場合に発動できる。
自分フィールドに「シンクロントークン」(機械族・地・星2・攻1000/守0)1体を特殊召喚する。

ドッペル・ウォリアー

効果モンスター
星2/闇属性/戦士族/攻 800/守 800
(1):自分の墓地からモンスターが特殊召喚された時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
自分フィールドに「ドッペル・トークン」(戦士族・闇・星1・攻/守400)2体を攻撃表示で特殊召喚する。

特に紹介した2体は簡単な条件でトークンを生成できるできるので、その後の展開がより楽になります。

相性の良いカード

ロード・シンクロン、クイックシンクロン

これら2体は「ロード・ウォリアー」のシンクロ素材を満たせるチューナーです。

「ロード・ウォリアー」は、シンクロ条件こそ厳しめですがレベル2以下の戦士族・機械族モンスターをリクルートする効果を持っており展開要因としては強力な1枚です。

 

「ロード・シンクロン」と「クイック・シンクロン」ですが、単体での優秀さはクイック・シンクロンですがレベル5のため、レベルの兼ね合いでロード・ウォリアーを出しづらい場面もあります。

なので場合によっては、ロード・シンクロンを素材にした方が良いでしょう。

 

ただしロード・シンクロンはレベル4ですがロード・ウォリアー以外のシンクロモンスターのチューナーとする場合はレベルが2下がるのでとなるので注意が必要です。

ジェット・シンクロン

もはやジャンドデッキでは欠かせないチューナーですが、手札1枚で蘇生できるため、展開を続けるためには欠かせない存在です。

 

ただし後でアクセル・シンクロンの効果でデッキから落とす場合は、無理にリクルートする必要もありません。

サイバース・シンクロン

チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/サイバース族/攻 100/守 100チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/サイバース族/攻 100/守 100
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、自分フィールドのレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルをターン終了時まで、その元々のレベル分だけ上げる。
(2):EXモンスターゾーンの自分のモンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

レベル4以下のモンスターのレベルをそのレベル分だけ上げるレベル変動効果を持ったシンクロンチューナーです。

 

ちょっと癖のある効果ですがレベル調整役としては優秀です。

ジャンク・スピーダーは禁止になるのか?

こちらの記事でも触れていますが、個人的にはいずれはジャンク・スピーダーは禁止になる可能性が高いと思います。

 

流石にこれ1枚で最大5枚リクルートは禁止カードのソウル・チャージに匹敵する効果です。

もちろん新環境で活躍しない可能性も少なからずありますが、高い確率でジャンク・スピーダーは大暴れすると思います。