遊戯王 遊戯王カード考察

遊戯王「深海」カードと相性の良いカードと考察11期での展開例も紹介

以前深海姫プリマドーナ単体で考察しましたが、今回は深海テーマ全体について相性の良いカードなどを少し考察してみたいと思います。

また11期における展開例を1つ考えたのでそれも同時に紹介したいと思います。

深海カード考察

深海のディーヴァ

このデッキの要となるカード。

リクルート先は大抵爆アドを稼げるネプトアビスになります。

ネプトアビスをサーチ後、ネプトアビスの効果でレベル2海皇をサーチすれば、たつのこを経由して、アクセル・シンクロンやボウテンコウのような展開要因が揃っているレベル5が揃っているので忘れずにいたいです。

 

他のリクルート先はある程度墓地が溜まっているならば、水属性モンスターを蘇生可能な深海のアーチザンも有力候補の1つです。

深海のセントリー

水属性モンスターの効果を発動されるために墓地に送られるだけで、相手の手札を1枚エンドフェイズできる効果を持った深海モンスター。

深海姫プリマドーナの1の効果を発動させるために、必要な相手の除外カードの条件を満たしやすいカード。

効果発動には水精鱗モンスターを上手く活用させましょう。

深海のアーチザン

レベル1モンスターで1の効果はそれほどないですが、特殊召喚時に墓地から自身以外のレベル4以下モンスターを蘇生させる効果を持っています。

 

蘇生モンスターは効果無効化されますが、展開を広げる上では有力なカードです。

また墓地にネプトアビスなどのレベル1モンスターがいる状態で、深海姫プリマドーナの効果でリクルートし、レベル1モンスターを蘇生することでプリマドーナと蘇生モンスターと自身を素材にトリシューラまで繋げることが出来ます。

深海のミンストレル

レベル3チューナーで手札からこのカードと水属性モンスターを捨てることで相手の手札を見てエンドフェイズまで除外できます。

 

手札消費が荒いですが、能動的に相手の手札を除外可能なのでプリマドーナの効果発動の補助が出来ます。

一方で特殊召喚時の効果は大したことがないため、採用するならば、1の効果とレベル3チューナーである点を上手く利用したいです。

深海姫プリマドーナ

レベル7チューナーであり、除外されている相手のカードを相手の手札に戻すことでデッキからレベル4以下の水属性モンスターをリクルートまたはサーチしてくれる。

現代遊戯王において自身を除外して発動する効果を持ったカードも多く、こちらが能動的に除外を狙わなくても効果を発動できる機会は多いです。

 

また2の効果も強力でこのカードを素材にしたシンクロモンスターに「相手のモンスター効果の対象に取られない」という強力な耐性を与えてくれます。

 

他に注目したいのは効果やチューナー以外にも素材条件を問わないレベル7水属性シンクロモンスターという点です。

 

というのも相性の良い水精鱗にはランク7で強力な制圧効果を持つ水精鱗-ガイオアビスがいます。ガイオアビスは素材にレベル7水属性モンスター×2を要求します。

プリマドーナはその素材となれます。

深海姫プリマドーナについてはこちらもどうぞ

深海のアリア

墓地の水属性モンスター1体を除外することでレベル4以下の海竜族をサーチできます。

念願の深海のディーヴァのサーチカードです。ディーヴァ以外には相手のカードを除外させるために深海のセントリーや深海のミンストレルをサーチすることが多そうです。

「深海」と相性の良いカード

海皇モンスター

同じく海竜族モンスターである海皇モンスターは自然的にサーチすることなると思います。

海皇モンスターのサーチと墓地送りを一度にに行える海皇子ネプトアビス及び水属性モンスターの効果で墓地に送られた際、海竜族モンスターをサーチできる海皇の竜騎隊は採用必須レベルともいえます。

 

 

他はレベル4以下の海竜族の召喚権を増やせる海皇の重装兵もたつのこと合わせてレベル5モンスターを呼べるため採用しておきたいです。

水精鱗モンスター

水精鱗モンスターですが、同じ海竜族で海皇の竜騎隊でサーチ可能なレベル7メガロアビスは1枚は採用しておきたいところ。

水属性モンスターを捨てて特殊召喚できるので、海皇の竜騎隊や深海のセントリーの効果を発動させることが可能です。

 

他にはレベル7で手札の水属性モンスターを捨てて特殊召喚できるディニクアビスも採用しておきましょう。

エクシーズモンスターにおいて強力な制圧モンスターのランク7ガイオアビスがいるので採用しておきたいところ。

彩宝龍

レベル5チューナー海竜族モンスターでデッキから手札に加わったときか、墓地から手札に加わったときに、特殊召喚可能です。

 

「深海」と特別シナジーはありませんが海皇の竜騎隊やサルベージなどで簡単に特殊召喚条件を満たすことが出来るので、シンクロ主体なら採用したいカードです。

たつのこ

レベル3のシンクロモンスターで、手札のモンスターをシンクロ素材とすることが可能です。

レベル4モンスターと合わせることで深海姫プリマドーナを呼ぶことが出来ます。

 

たつのこ自身も深海のディーヴァでネプトアビスをリクルートすればすぐに呼ぶことが出来ます。

レベル5シンクロモンスター

深海のディーヴァ1枚で立てることが可能です。

採用候補は、混ぜ物が必要ですがアドを取りやすいアクセル・シンクロンか源竜星-ボウテンコウが候補です。

 

この点はデッキ構築によって相談するとよいでしょう。

深海のディーヴァと深海のアリア各1枚における展開例(新マスタールール2020年4月改訂版)

深海のディーヴァと深海のアリア1枚ずつで、自身より攻撃力が低いフィールドのモンスター効果を無効に出来る水精鱗-ガイオアビスと餅カエルを立てることができます。

 

手札 深海のアリアと深海のディーヴァ

深海のディーヴァを通常召喚し、効果でデッキから海皇子ネプトアビスを特殊召喚。

 

ネプトアビスの効果でデッキから海皇の竜騎隊を墓地に送り、デッキから2枚目の海皇の竜騎隊をサーチ。

 

墓地に送られた海皇の竜騎隊の効果でデッキから水精鱗-メガロアビスをサーチ。

 

墓地の海皇の竜騎隊を除外して、深海のアリアを発動し、デッキから深海のセントリーをサーチ。

 

海皇の竜騎隊と深海のセントリーを手札から捨て、水精鱗-メガロアビスを特殊召喚。

 

墓地に捨てられた海皇の竜騎隊の効果でデッキからレベル4海竜族モンスターをサーチ。

 

同じく捨てられた深海のセントリーの効果で相手は手札を1枚除外。

 

またアビス魔法・罠カードを採用してるならば、水精鱗-メガロアビスの効果でそれら1枚をサーチ。

 

深海のディーヴァとネプトアビスを素材にたつのこをシンクロ召喚。

 

たつのこの効果でたつのこ及び手札のレベル4海竜族モンスターで深海姫プリマドーナをシンクロ召喚。

 

深海姫プリマドーナの1の効果を発動し、デッキからカッター・シャークを特殊召喚

 

カッター・シャークの効果でデッキからレベル4魚族モンスターを特殊召喚

 

カッタ・シャークとレベル4魚族モンスターをエクシーズ素材にバハムート・シャークをエクシース召喚

 

バハムート・シャークの効果で餅ガエルを特殊召喚

 

メガロアビスとプリマドーナをエクシーズ素材に水精鱗-ガイアアビスを特殊召喚

 

これによりモンスター・魔法・罠効果無効1度、自身より攻撃力が低いフィールドのモンスター効果を無効1回の盤面が出来上がります。

 

またメガロアビスのサーチ効果でアビスケイル-ミズチをサーチし、ガイアアビスに装備させておくと、1度のみ魔法カード効果を無効に出来るので先行1ターン目の盤面としてはかなり強固なものとなります。

 

現行のルールにおいてもプリマドーナの効果でデッキからレクンガを特殊召喚すれば、その時点で墓地に6枚の水属性モンスターがあるので、プリマドーナとレクンガのトークンとレクンガ自身だけでリンク5モンスターまで繋げることが出来ます。

コメント