遊戯王

遊戯王マシンナーズおすすめ相性の良いカード・テーマ(カテゴリ)

ストラクチャーデッキRマシンナーズ・コマンドで新たなマシンナーズが登場します。
今回は新規のマシンナーズカードを中心にマシンナーズとおすすめの相性の良いカード・テーマ(カテゴリ)を考察&紹介します。

新規マシンナーズカード

マシンナーズ・カーネル

特殊召喚・効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手ターンに、自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。
その機械族モンスターと、その攻撃力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊する。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
「マシンナーズ・カーネル」以外の自分フィールドの表側表示の機械族・地属性モンスターが
戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

マシンナーズ・エアレイダー

効果モンスター
星8/地属性/機械族/攻1500/守2600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からこのカード以外の「マシンナーズ」モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):相手ターンに、自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとはカード名が異なり、
そのモンスターのレベル以下のレベルを持つ「マシンナーズ」モンスター1体を
デッキから特殊召喚し、対象のモンスターを破壊する。

マシンナーズ・ラディエーター

効果モンスター
星8/地属性/機械族/攻1700/守2400
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からこのカード以外の「マシンナーズ」モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとはカード名が異なり、
そのモンスターのレベル以下のレベルを持つ「マシンナーズ」モンスター1体を
自分の墓地から選んで特殊召喚し、対象のモンスターを破壊する。

マシンナーズと相性の良いテーマ

無限軌道

地属性・機械族で構成されたテーマであり、マシンナーズ・カーネルの特殊召喚条件である、地属性・機械族です。

そのため、マシンナーズ・カーネルとの相性は良いのはもちろん、自身と機械族モンスター1体を対象にそれぞれのレベルをその2体の合計分に変更する無限起動ロックアンカーなdがいるため、マシンナーズ・ラディエーター、マシンナーズ・エアレイダーのリクルートor蘇生効果の条件を満たしやすくなります。

主におすすめの無限軌道カード

無限起動ハーヴェスター

効果モンスター
星2/地属性/機械族/攻 0/守2100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「無限起動ハーヴェスター」以外の「無限起動」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカード以外の自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとこのカードは、ターン終了時までその2体の元々のレベルを合計したレベルになる。

無限起動ロックアンカー 

効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1800/守 500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札から「無限起動ロックアンカー」以外の機械族・地属性モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
(2):このカード以外の自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとこのカードは、ターン終了時までその2体の元々のレベルを合計したレベルになる。

列車

列車は地属性・機械族の構成されたランク4及びランク10を主軸とするエクシーズテーマです。

同じ地属性・機械族である無限軌道と比べると、地属性・機械族関連の効果が多く、マシンナーズ全体との相性は良好です。

無理なく混合させやすく、列車を採用することでエクシーズを取り入れられるので、とてもおすすめです。

主におすすめの列車カード

爆走軌道フライング・ペガサス 

効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1800/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
「爆走軌道フライング・ペガサス」以外の自分の墓地の機械族・地属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。
(2):このカード以外の自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとこのカードのレベルは、その内の1体のレベルと同じになる。
この効果を発動するターン、自分はXモンスターでしか攻撃宣言できない。

マシンナーズ・カーネルを蘇生することで、そのままランク10に繋げることが可能です。

無頼特急バトレイン 

効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1800/守1000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
相手に500ダメージを与える。
この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
(2):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから機械族・地属性・レベル10モンスター1体を手札に加える。

タイミングはエンドフェイズと遅いものの緩い条件で、マシンナーズ・カーネルをサーチすることが出来ます。

重機貨列車デリックレーン

効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻2800/守2000
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに機械族・地属性モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードの元々の攻撃力・守備力は半分になる。
(2):X素材のこのカードがXモンスターの効果を発動するために取り除かれ墓地へ送られた場合、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

地属性・機械族が召喚もしくは特殊召喚された際に手札から特殊召喚できるカード。

マシンナーズ・カーネルと合わせることでランク10に繋げられるほか、レベルが
と高くマシンナーズ・ラディエーター、マシンナーズ・エアレイダーの破壊先としても優秀なためこれ単体だけでもマシンナーズに出張させる価値があります。

転回操車

フィールド魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドに機械族・地属性・レベル10モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
デッキから攻撃力1800以上の機械族・地属性・レベル4モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚されたモンスターのレベルは10になる。
この効果の発動後、ターン終了時まで相手が受ける戦闘ダメージは0になる。
(2):自分の手札を1枚墓地へ送って発動できる。
デッキから機械族・地属性・レベル10モンスター1体を手札に加える。

1の効果で召喚時にマシンナーズをサーチできる、マシンナーズ・ギアフレームをサーチでき、2の効果でマシンナーズ・カーネルをサーチできます。

緊急ダイヤ

速攻魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合に発動できる。
機械族・地属性の、レベル4以下のモンスター1体とレベル5以上のモンスター1体を
デッキから効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。
このカードを発動するターン、自分は機械族モンスターでしか攻撃宣言できない。
(2):フィールドにセットされたこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから機械族・レベル10モンスター1体を手札に加える。

緩い条件で、デッキからレベル4以下1体とレベル5以上1体の機械族・地属性をデッキから効果無効でリクルートしてくれます。

マシンナーズ・フォートレス、マシンナーズ・カーネルは自身の効果で墓地からでも蘇生することが可能なので、リクルートした場合、リンク素材などで墓地に送れば、そのターンに蘇生すれば、効果を使用することが可能です。

マシンナーズと相性の良いカード

スクラップ・リサイクラー

効果モンスター
星3/地属性/機械族/攻 900/守1200
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから機械族モンスター1体を墓地へ送る。
(2):1ターンに1度、自分の墓地の機械族・地属性・レベル4モンスター2体をデッキに戻して発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

主な墓地送り先としては、蘇生狙いでマシンナーズ・カーネルやマシンナーズ・フォートレスとなります。

リミッター解除

速攻魔法
(1):自分フィールドの全ての機械族モンスターの攻撃力は、ターン終了時まで倍になる。
この効果が適用されているモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。

現在無制限であるリミッター解除。

止めを狙う場合など何かと役に立つので、デッキにフル投入するのも良いでしょう。

コメント